京都光華女子大学 こども教育学部 こども教育学科 ニュース 光華教育研究報告会が開催されました

ニュース

イベント

光華教育研究報告会が開催されました

シンポジストの河原先生と谷本先生

1129日に、光華教育研究報告会が実施され、午後に、小学校、中学高等学校において、公開授業が行われました。

この公開授業に向けて、こども教育学科の河原先生が算数・数学、谷本先生が国語について各学校の先生と夏前から情報交換を行い、準備を共にしてきました。国語では、こども教育学科の学生が児童役として、公開授業を担当する先生の模擬授業を受けることもありました。

公開授業の研究主題は、「達成感・自己肯定感を赤める支援と授業改善~つまずきと障害特性をふまえて~」というもので、授業後には、特別支援に関するシンポジウムが開催されました。シンポジウムでは河原先生と谷本先生が登壇し、算数・数学、国語における授業の工夫や支援の仕方について、公開授業を振り返りながら話をしました。

幼稚園から大学まで隣接していることが光華女子学園の強みであり、教育の情報を共有し、途切れない支援を行っていくことが大切であると感じた光華教育研究報告会でした。

河原先生(算数)
谷本先生(国語)