トップページ > 2019年度 京都光華文化講座のご案内

2019年度 京都光華文化講座のご案内

2019.08.08

本学では、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、

平成28年より各地の同窓生や一般の方に向けて「京都光華文化講座」を開催しております。

本年度は東京と金沢にて開催いたします。

 

会場のお近くにお住まい・お勤めまたはお立ち寄りのご予定の皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

 

 

【東京会場】

「知られざる近代遺産の町、京都~世界遺産の陰で存在感を示す明治以降の貴重な文化財~」

清水寺、東寺、金閣寺など千年の歴史を紡ぐ著名な世界遺産の社寺がひしめく京都には、意外にも明治以降に建てられたユニークな建築が数多く残っている。

大学のキャンパスに残る西洋建築、個人の近代和風の邸宅、銀行や駅舎、発電所までそのバラエティの豊富さは目を瞠るものがある。

そして誰もが訪れる有名寺院ではなく、こうした築150年以内の建造物に実は京都らしさが詰まっている。

世界遺産と近代建築に詳しい本学の教員が、京都のもうひとつの魅力を分かりやすく伝える。

 

■日時/2019年9月13日(金)18:30~20:00 (開場18:00)

■会場/京都アカデミアフォーラムin丸の内(新丸ビル10階)

[東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階]

アクセス↓

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/kaf/about/access.html

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【金沢会場】

「地域の隠れた文化に光を当てる~登録有形文化財から考える金沢とその周辺の隠れた魅力~」

武家屋敷や郭町など歴史的な建造物群が数多く残る金沢。

大勢の観光客がひしめくこうした有名なエリアとは別に、金沢市内や近郊の小松、白山市あるいは足を延ばして富山県や福井県の小都市にも、地域の歴史を刻んだ数々の文化財がある。

そのキーワードは、「登録有形文化財」。国が貴重な景観だと認めた文化財は、今公開・活用が進み、新たな地域の顔となりつつある。

登録有形文化財研究の第一人者が語る、地域再生への新たな一歩のにつながる物語。

 

■日時/2019年9月14日(土)14:00~15:30 (開場13:30)

■会場/真宗大谷派 金沢別院(東別院) 金沢真宗会館ホール

[石川県金沢市安江町15-52]

アクセス↓

https://www.oyama-net.jp/about/access

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【定員】各回50名(先着順)

【お申込方法】/お電話またはメールにて、「お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日」をお知らせください。

【お問合せ・お申込先】/京都光華女子大学 地域連携推進センター

TEL▶ 075-325-5259(平日9:00~17:00、土日祝及び学休日を除く)

MAIL▶ chiiki@mail.koka.ac.jp

 

(↑クリックすると拡大いたします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です