トップページ > KOKA☆オレンジサロン9/21(土)

KOKA☆オレンジサロン9/21(土)

2019.09.23

KOKA☆オレンジサロンは、KOKA☆オレンジサポーターズという本学学生団体が企画・運営しており、

「話すこと」「食べること・飲み込むこと」の働きが低下しないように、おしゃべりやお口や喉の体操・

介護予防体操を行うサロンです。

KOKA☆オレンジサポーターズは、京都市と公益財団法人 大学コンソーシアム京都が実施している

「2019年度学まちコラボ事業」に3年連続採択されております。

 

9月21日(土)に開催されたKOKA☆オレンジサロンには、生憎の雨天にもかかわらず、

20名の方にご参加いただきました。

まずは、マック小田(本学医療福祉学科 客員教授)による「オープニングマジックショー」から始まります。

積極的に参加者に参加していただくマジックで、驚きあり、笑いあり、会場の空気が一気にあたたまりました。

次は、右京区地域介護予防推進センター 堀 智子 先生すこやか元気サポーターさんによる、

介護予防の「運動」と「脳トレ」です。

着席したまま行える簡単な運動や、脳トレなど、自宅でも手軽にできる介護予防を実践していただきました。

頭と身体をしっかり使ったところで、休憩を兼ねたお茶とお菓子の時間です。

各テーブルに学生1名と参加者数名が相席する形で着席しました。

今回の飲み込みやすいやわらか菓子は、二条にある京菓子司 総本家 よし廣さんの「みたらし餅」でした。

お茶とお菓子を美味しくいただきながら、参加者の皆様と学生とで歓談し、有意義な交流の時間を過ごしました。

疲れが少し癒えたところで、「お口の健康チェック」というテーマで、

御所西歯科中川クリニック 院長 中川 研人 先生にご講演いただきました。

先生の患者さんの症例などをスライドでご紹介いただきながら、歯や口の健康について、

特に「オーラルフレイル」について、わかりやすくお話ししていただきました。

「噛めない」から、「やわらかいものを食べる」と、「噛む機能が低下」するから、「噛めない」…と

負の連鎖が起こり、その結果、口腔機能が低下し、やがて心身の機能までもが低下していくのだそうです。

お口の健康の大切さを学んだ後は、KOKA☆オレンジサポーターズ学生による、

「食べる力を保つ・鍛える 発声と嚥下体操」です。

発声したり、口の中で舌を動かしたり、嚥下に必要な筋力の増強に取り組みました。

最後は、発声と歌のコーナーで、「かっぱ」と「きつつき」のことば遊びうたを手拍子に乗せてテンポよく

発声し、9月にぴったりの「月」と「いつでも夢を」を全員で声高らかに歌いました。

KOKA☆オレンジサポーターズ 顧問本学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 関 道子 准教授によると、

今回行った「つ」という音の連続の発音や、普段より高い声で歌うことは、

口腔機能を鍛えるのに有効だそうです。

 

ご興味のある方は、是非お気軽にご参加ください☆

 

~次回KOKA☆オレンジサロンのご案内~

■日時:11月9日(土) 10時~12時

■内容:食事で筋力をアップ!(本学健康科学部健康栄養学科 藤澤 克彦 講師) 他

■定員:30名(先着順)

■申込方法:お電話またはメールにて、お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日をお知らせください。

■お申込み・お問合せ:京都光華女子大学 地域連携推進センター

【電話】075-325-5259

【E-mail】chiiki@mail.koka.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です