トップページ > 自粛中に私たちができること ~現場に簡易医療物資を届けよう~

自粛中に私たちができること ~現場に簡易医療物資を届けよう~

2020.05.12

新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともない、

医療や福祉の現場では施設設備の限界、従事者の疲弊など大変厳しい状況が続いております。

 

登校、出勤などを含め外出が制限されている今、私たちができることは何か。

 

地域連携推進センターは、

京都光華女子大学が実習などでお世話になっている医療法人財団康生会武田病院様から

医療用ガウンが不足している実態をお聞きしました。

 

武田病院グループでは、今使用されている医療エプロンでは防護できない、

袖部分まで防護できる「簡易防護服(上半身部分)」を至急、必要とされていました。

 

そこで私たちにできることは何かを考え、

いつもお世話になっている武田病院様に使っていただけるよう、

製作方法を武田病院の方から教えていただき、簡易防護服の製作を開始しました。

 

[動画]上半身部分の作り方

簡易防護服(上半身部分)イメージ

*この動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

京都光華女子大学地域連携推進センターでは、

この「防護服(上半身部分)」の製作を学園内の児童、生徒、学生に呼びかけ、取りまとめております。

**清潔な場所で、手洗いをした上での製作を呼び掛けています。また、受付後は除菌作業の上3日間保管し、寄付に向けて手配をいたします。

 

 

もし地域の方でボランティアで製作にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

当センター宛てに製作物をお送りいただけましたら幸いです。

【送付先】

〒615-0882

京都市右京区西京極葛野町38

京都光華女子大学 地域連携推進センター宛

【受付期間】

2020年5月22日(金)まで

【参考】

送料

※1枚約30g

角2封筒で郵送、料金の目安

1枚 120円

5枚 250円

8枚以上はレターパックライトを利用するとお得(370円)

(ただし、厚さ3cm、重さ4kgまで)

なお、送料・材料費は自費でのご負担をお願いしております。ご了承いただけますと幸いです。

*現在、キャンパス内への入構を制限していますが、近隣在住の学生の皆さん、地域の方で徒歩圏内にお住まいの方につきましては、正門入ってすぐ東側の警備員室でも受け付けております。その際は、警備員にお声かけいただけますようお願いいたします。なお、感染拡大防止のため額式検温の実施がございます。何卒ご了承ください。警備員室受付時間は、平日、土日祝日とも8:00~17:00です。

 

 

ご協力状況等は、地域連携推進センターのウェブサイトでご案内してまいります。

登校できない、外出しにくい今に一人ひとりが少しずつできることとして、

引き続き取り組んでいきたいと思います。

 

地域連携推進センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です