トップページ > 簡易防護服製作~康生会武田病院様に届けました2~

簡易防護服製作~康生会武田病院様に届けました2~

2020.06.27

こんにちは、地域連携推進センターです。

梅雨になり気温だけでなく湿度も高いこの頃、

マスク着用もなかなか厳しくなってきましたが、みなさまお元気でしょうか。

 

おかげさまで、今回の簡易防護服製作のご協力は、

上半身141着、下半身65着となり、昨日、康生会武田病院様に届きました。

自粛解除で在宅の時間が以前ほど多くない中、

ご協力をいただき本当にありがとうございます。

 

対面授業が制限されている中、2度も作ってくださった学生さんもいらっしゃいました。

こちらのメッセージもまた、康生会武田病院様にお届けしております。

 

また今回は、こんなにかわいらしい元気が出る防護服もありました。

光華幼稚園の園児の方たちが作ったものです。

まるでポリ袋がキャンパスのようで、私たちも梱包時にたくさんの元気をいただきました。

 

康生会武田病院様に状況をお聞きしました。

医療物資については、国からの支援が入り、

先月に比べると少し落ち着いてきたとのことです。

 

しかしながら、私たちも報道で見聞きするように、

感染症の第2波がいつ頃来るのかだれも予想できません。

備えは必要と考えております。

地域連携推進センターでは、随時この簡易防護服の受付を行っております。

少し時間が空いたな。。というときは、

次なる備えとして、医療従事者の方のことを思い出していただき、

ぜひご協力いただけますと幸いです。

医療現場や世間の状況に応じて取り組みを調整してまいります。

 

暑くなってきましたが、周りに自分以外の誰かがいるときは、

マスク着用を励行しましょう。

元気でいることも、感染症を広げないために必要なことです。

熱中症にならないように、こまめな水分補給をし、

自分自身のケアも怠らないように、体力を維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です