トップページ > おうちで私たちができること ~簡易防護服をつくってみよう~

カテゴリー:簡易防護服の取り組み

おうちで私たちができること ~簡易防護服をつくってみよう~

2020.07.15

こんにちは。

地域連携推進センターです。

このところ感染者数が目立つようになってきました。

皆さまはどのように対策を取られていますか?

 

地域連携推進センターでは、5月から簡易防護服製作の取り組みを行っております。

おかげさまで、多くの方からご協力をいただき、

5月、6月と、実習先でお世話になっている康生会武田病院に

合計924着の簡易防護服を届けることができました。

 

大学では、実習などどうしても通学が必要な学科以外の学生はいまだ入校制限中です。

そんな中、京都光華防災サークルDaisyの学生さんからご協力をいただきました。

またこの取り組みについて、防災サークルDaisyのtwitterに公開してくださいました。

 

地域連携推進センターでは、引き続き簡易防護服製作の受付を行っております。

ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

作り方動画はこちら
[動画]簡易防護服(上半身部分)
https://youtu.be/vAqjR2ehNd8

 

[参考動画]簡易防護服(下半分のエプロン)
https://youtu.be/w9-t99t4Am8

*これらの動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

【送付先】

〒615-0882

京都市右京区西京極葛野町38

京都光華女子大学 地域連携推進センター宛

 

【参考】

送料

※1枚約30g

角2封筒で郵送、料金の目安

1枚 120円

5枚 250円

8枚以上はレターパックライトを利用するとお得(370円)

(ただし、厚さ3cm、重さ4kgまで)

なお、送料・材料費は自費でのご負担をお願いしております。ご了承いただけますと幸いです。

*清潔な場所で、手洗いをした上での製作をお願いしております。

**現在、キャンパス内への入構を制限していますが、近隣在住の学生の皆さん、地域の方で徒歩圏内にお住まいの方につきましては、正門入ってすぐ東側の警備員室でも受け付けております。その際は、警備員にお声かけいただけますようお願いいたします。なお、感染拡大防止のため額式検温の実施がございます。何卒ご了承ください。警備員室受付時間は、平日、土日祝日とも8:00~17:00です。

簡易防護服製作~康生会武田病院様に届けました2~

2020.06.27

こんにちは、地域連携推進センターです。

梅雨になり気温だけでなく湿度も高いこの頃、

マスク着用もなかなか厳しくなってきましたが、みなさまお元気でしょうか。

 

おかげさまで、今回の簡易防護服製作のご協力は、

上半身141着、下半身65着となり、昨日、康生会武田病院様に届きました。

自粛解除で在宅の時間が以前ほど多くない中、

ご協力をいただき本当にありがとうございます。

 

対面授業が制限されている中、2度も作ってくださった学生さんもいらっしゃいました。

こちらのメッセージもまた、康生会武田病院様にお届けしております。

 

また今回は、こんなにかわいらしい元気が出る防護服もありました。

光華幼稚園の園児の方たちが作ったものです。

まるでポリ袋がキャンパスのようで、私たちも梱包時にたくさんの元気をいただきました。

 

康生会武田病院様に状況をお聞きしました。

医療物資については、国からの支援が入り、

先月に比べると少し落ち着いてきたとのことです。

 

しかしながら、私たちも報道で見聞きするように、

感染症の第2波がいつ頃来るのかだれも予想できません。

備えは必要と考えております。

地域連携推進センターでは、随時この簡易防護服の受付を行っております。

少し時間が空いたな。。というときは、

次なる備えとして、医療従事者の方のことを思い出していただき、

ぜひご協力いただけますと幸いです。

医療現場や世間の状況に応じて取り組みを調整してまいります。

 

暑くなってきましたが、周りに自分以外の誰かがいるときは、

マスク着用を励行しましょう。

元気でいることも、感染症を広げないために必要なことです。

熱中症にならないように、こまめな水分補給をし、

自分自身のケアも怠らないように、体力を維持していきましょう。

おうちで私たちができること ~簡易防護服を届けよう~

2020.06.01

地域連携推進センターでは、5月から簡易防護服製作の取組を行っております。

おかげさまで、多くの方からご協力をいただき、

5月27日には、実習先でお世話になっている康生会武田病院に

700着以上の簡易防護服を届けることができました。

 

地域連携推進センターは、この簡易防護服製作の取り組みを続けております。

先日お渡ししたものは、簡易防護服上半身部分でしたが、

現状、下半分についても安定した供給が難しい状況でありますので、

おうちにいらっしゃる時間にご協力をいただけましたら大変ありがたいです。

 

作り方動画はこちら
[動画]簡易防護服(上半身部分)
https://youtu.be/vAqjR2ehNd8

 

[参考動画]簡易防護服(下半分のエプロン)
https://youtu.be/w9-t99t4Am8

*これらの動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

【送付先】

〒615-0882

京都市右京区西京極葛野町38

京都光華女子大学 地域連携推進センター宛

 

【参考】

送料

※1枚約30g

角2封筒で郵送、料金の目安

1枚 120円

5枚 250円

8枚以上はレターパックライトを利用するとお得(370円)

(ただし、厚さ3cm、重さ4kgまで)

なお、送料・材料費は自費でのご負担をお願いしております。ご了承いただけますと幸いです。

*清潔な場所で、手洗いをした上での製作をお願いしております。

**現在、キャンパス内への入構を制限していますが、近隣在住の学生の皆さん、地域の方で徒歩圏内にお住まいの方につきましては、正門入ってすぐ東側の警備員室でも受け付けております。その際は、警備員にお声かけいただけますようお願いいたします。なお、感染拡大防止のため額式検温の実施がございます。何卒ご了承ください。警備員室受付時間は、平日、土日祝日とも8:00~17:00です。

簡易防護服製作~康生会武田病院様からメッセージ2~

2020.06.01

こんにちは、地域連携推進センターです。

先日皆さまに作っていただいた簡易防護服を届けた康生会武田病院様からメッセージをいただきました。

大変な職場環境にあられるにもかかわらず、あたたかくてとても素敵なメッセージです。

ご協力いただいた皆さま、ぜひご覧いただけますようお願いします!

こちらのメッセージにもありますように、

緊急事態宣言が解除されたからと言って、今までの生活に戻れたわけではなく、

生き抜く方法を考え、一人一人の行動が大切になります。

私たちができることは何かを考え、できることをやりましょう。

 

地域連携推進センターでは、簡易防護服を取りまとめております。

ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

簡易防護服製作(上半身、下半身とも)のご協力をいただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

簡易防護服製作 ~康生会武田病院様にお届けしました~

2020.05.28

こんにちは、地域連携推進センターです。

先日来呼びかけておりました簡易防護服についてです。
多くの方からご協力をいただき、696着の上半身部分と22着の下エプロンが届きました。
みなさまのおかげで、地域連携推進センターはこの集まった簡易防護服を、

昨日5月27日に康生会武田病院様にお渡しすることができました。

ご協力いただいた皆さま方、本当にありがとうございます。

センターでは、簡易防護服製作の取組をしばらくの間続けてまいります。

康生会武田病院様でお話を伺うと、
医療物資については前のように注文すれば、容易に手に入る状況ではないとのことです。

 

地域連携推進センターでは、

この「防護服(上半身部分)」を引き続き、郵便でも守衛室でも受け付けます。

おうちにいらっしゃる時間にご協力をいただけましたら大変ありがたいです。

 

またもし、簡易防護服が必要な地域の医療機関や介護施設の方がいらっしゃいましたら、

京都光華女子大学地域連携推進センターまでお知らせください。

chiiki@mail.koka.ac.jp

 

作り方動画はこちら
[動画]簡易防護服(上半身部分)
https://youtu.be/vAqjR2ehNd8

 

[参考動画]簡易防護服(下半分のエプロン)
https://youtu.be/w9-t99t4Am8

*これらの動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

【送付先】

〒615-0882

京都市右京区西京極葛野町38

京都光華女子大学 地域連携推進センター宛

【第2回 受付期間】

2020年月6月12日(金)まで

【参考】

送料

※1枚約30g

角2封筒で郵送、料金の目安

1枚 120円

5枚 250円

8枚以上はレターパックライトを利用するとお得(370円)

(ただし、厚さ3cm、重さ4kgまで)

なお、送料・材料費は自費でのご負担をお願いしております。ご了承いただけますと幸いです。

*清潔な場所で、手洗いをした上での製作をお願いしております。

**現在、キャンパス内への入構を制限していますが、近隣在住の学生の皆さん、地域の方で徒歩圏内にお住まいの方につきましては、正門入ってすぐ東側の警備員室でも受け付けております。その際は、警備員にお声かけいただけますようお願いいたします。なお、感染拡大防止のため額式検温の実施がございます。何卒ご了承ください。警備員室受付時間は、平日、土日祝日とも8:00~17:00です。

簡易防護服製作 新聞掲載

2020.05.27

こんにちは、地域連携推進センターです。

 

簡易防護服製作についての各社新聞に掲載されました。

□産経新聞 2020年5月20日(水) 朝刊 京都面

「ゴミ袋で防護服簡単に 京都光華女子大 作り方動画で紹介」

□読売新聞 2020年5月27日(水) 朝刊 地域面

「防護服 医療現場届けたい 光華女子大 作り方紹介、提供呼びかけ」

 

職員も合間に作りました。

自粛中に私たちができること ~皆さまからのメッセージ~

2020.05.26

こんにちは、地域連携推進センターです。

5月12日に簡易防護服製作のご協力を呼びかけ、多くの方から続々と届けられました。

5月22日にいったん締切、学園内で週末に向けて再度ご協力のお願いをしました。

おかげさまで当初目標の500着を超え、600着以上集まっております。

皆さま、本当にありがとうございます。

 

開始して間もなく
園児からのかわいらしいイラストや素敵なメッセージ付きで届けていただくこともあり、
センター職員もたびたび感動しました。
これらのメッセージもお医者様にお渡しします。
郵便では、沖縄県、埼玉県等府外遠方からも寄せていただきました。
また一般の方から「ウェブサイトを見て作りました」と守衛室に届けていただくなど、
1着ごとに込められた皆さまのお気持ちに心から感謝しております。

幕末のコレラやスペイン風邪が流行したときはどのように乗り越えたのか想像できませんが、
今までに類を見ない状況下で私たちができることは何か。

 

できるときに、できることをできる人がやって、
お互い(困っているところ、ひっ迫しているところ)に助け合う気持ちを持ち続けたいと思います。

 

緊急事態宣言は解除されたものの、今までの暮らし方では生き残れず、

今後は、ますます環境に適応していくことが求められるとも考えます。

新型コロナウィルス感染症の治療薬や予防ができる環境になるまでは、

不要不急の外出を極力控え、感染を拡大させない取組にも協力する姿勢が依然として必要です。

しかしながら活動が制限されるからといって、あらゆる計画や活動を縮小するのではなく

感染症から身を守る術や知恵を日ごろから持つ意識も持ち続けていたいです。

 

簡易防護服製作~康生会武田病院様からメッセージ~

2020.05.16

こんにちは!地域連携推進センターです。

 

地域連携推進センターでは、自粛中の今に自宅できることとして、

簡易防護服製作を本学の在校生、職員等によびかけ、康生会武田病院様への寄贈に向けて取り組んでおります。

参考:「自粛中に私たちができること ~現場に簡易医療物資を届けよう~」

https://www.koka.ac.jp/crc/archives/1876

 

そこで私たち職員も業務の合間に簡易防護服の上半身部分を製作しております。

早速ありがたいことに、本学の教員や光華幼稚園園児から届き始めております。

またまだまだまとまった数には達していない状況ですが、とてもうれしいメッセージをいただきました。

ニーズをヒアリングした康生会武田病院様からです。

 

エールを送るのは私たちの方であるにもかかわらず、

過酷な状況にあられる医療従事者の方からなんともあたたかいメッセージです。

 

康生会武田病院様では、今でも医療用ガウンなどの医療用物資が十分でない状況です。

おうちでできることとして、引き続き私たちは防護服づくりを進めてまいります。

 

地域連携推進センター

自粛中に私たちができること~防護服の作り方を学びましょう~

2020.05.15

在校生、卒業生、地域の皆様

 

新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともない、
医療現場では施設設備の限界、医療従事者の疲弊など大変厳しい状況が続いております。
少しでも早くこの感染症を収束させるためには、
一人ひとりが感染しない、感染させないという意識を持って日々を過ごすことが求められます。

 

登校、出勤などを含め外出が制限されている今、私たちができることは何か。

万が一家族や自分、職場の同僚、身近な人が感染してしまったら。。。
いざという時のために、家庭で作れる防護服について学んでおきましょう。

 

作り方動画はこちら
[動画]簡易防護服(上半身部分)
https://youtu.be/vAqjR2ehNd8

 

[動画]簡易防護服(下半身部分)
https://youtu.be/w9-t99t4Am8

*これらの動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

今後新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、生活にどのように影響があるか想像できません。

 

在宅が多い今、一人ひとりの防疫意識をもって備えておきましょう。
また、自分の身は自分で守るよう日頃から体力や免疫力をつける生活習慣を心掛けましょう。

 

地域連携推進センター

自粛中に私たちができること ~現場に簡易医療物資を届けよう~

2020.05.12

新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともない、

医療や福祉の現場では施設設備の限界、従事者の疲弊など大変厳しい状況が続いております。

 

登校、出勤などを含め外出が制限されている今、私たちができることは何か。

 

地域連携推進センターは、

京都光華女子大学が実習などでお世話になっている医療法人財団康生会武田病院様から

医療用ガウンが不足している実態をお聞きしました。

 

武田病院グループでは、今使用されている医療エプロンでは防護できない、

袖部分まで防護できる「簡易防護服(上半身部分)」を至急、必要とされていました。

 

そこで私たちにできることは何かを考え、

いつもお世話になっている武田病院様に使っていただけるよう、

製作方法を武田病院の方から教えていただき、簡易防護服の製作を開始しました。

 

[動画]上半身部分の作り方

簡易防護服(上半身部分)イメージ

*この動画は、榊原記念病院様のウェブサイト(http://www.hp.heart.or.jp/topics/topics-4400/)を参考に制作しています。

 

京都光華女子大学地域連携推進センターでは、

この「防護服(上半身部分)」の製作を学園内の児童、生徒、学生に呼びかけ、取りまとめております。

**清潔な場所で、手洗いをした上での製作を呼び掛けています。また、受付後は除菌作業の上3日間保管し、寄付に向けて手配をいたします。

 

 

もし地域の方でボランティアで製作にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、

当センター宛てに製作物をお送りいただけましたら幸いです。

【送付先】

〒615-0882

京都市右京区西京極葛野町38

京都光華女子大学 地域連携推進センター宛

【受付期間】

2020年5月22日(金)まで

【参考】

送料

※1枚約30g

角2封筒で郵送、料金の目安

1枚 120円

5枚 250円

8枚以上はレターパックライトを利用するとお得(370円)

(ただし、厚さ3cm、重さ4kgまで)

なお、送料・材料費は自費でのご負担をお願いしております。ご了承いただけますと幸いです。

*現在、キャンパス内への入構を制限していますが、近隣在住の学生の皆さん、地域の方で徒歩圏内にお住まいの方につきましては、正門入ってすぐ東側の警備員室でも受け付けております。その際は、警備員にお声かけいただけますようお願いいたします。なお、感染拡大防止のため額式検温の実施がございます。何卒ご了承ください。警備員室受付時間は、平日、土日祝日とも8:00~17:00です。

 

 

ご協力状況等は、地域連携推進センターのウェブサイトでご案内してまいります。

登校できない、外出しにくい今に一人ひとりが少しずつできることとして、

引き続き取り組んでいきたいと思います。

 

地域連携推進センター

pagetop