トップページ > 京都光華まちづくり講座を開催いたしました

カテゴリー:イベントレポート

京都光華まちづくり講座を開催いたしました

2017.11.13

 

平成29年度の京都光華まちづくり講座は『ヘルシー・ライフシリーズ』と題し、

全3回の講座を開催いたしました。

 

第1回:5月13日「その言葉、優しく伝わっていますか?~シニア世代の聞こえを知る~」

㈱オトデザイナーズ代表取締役・本学客員教授の坂本真一氏をお招きし、音声を使った聞こえのテストを

交えながら、年齢により聞こえにくくなる原因や円滑なコミュニケーションのために心がけたい話し方について、

わかりやすくお話いただきました。

 

第2回:8月5日「美味しく食べて、美しく。~健康長寿のための栄養とお口のお話~」

医療福祉学科言語聴覚専攻の関 道子先生による喉の動きや鍛え方のお話と、

健康栄養学科の今中 美栄先生による健康を保つ食事の取り方や、生き生きとした毎日を送るためには

どのようなことに心掛ければよいかについてお話いただきました。

 

第3回:11月11日「シニア世代、知って備えて憂いなし!~安心して暮らすための年金と保険のお話~」

愛知県にある鎌田社会保険労務士事務所 所長補佐 鎌田 英明氏より、介護保険や医療保険、年金の制度に

ついて解説いただきました。当事者だけでなく、これから家族の介護に関わるであろう世代にとっても、

年金や保険の手続きが必要となった時に慌てないために、早いうちから学び、備えておくことが大切であると

考えさせられました。

 

京都光華まちづくり講座では、今後も身近な生活に関するテーマを取り上げ、豊かな生活を送れるような講座を

取り上げてまいりたいと思います。

右京まちづくりカレッジ:十二単の着付け体験

2017.11.13

10月31日(火)に、右京区役所との共催による「右京まちづくりカレッジ」を行いました。

この講座は右京区役所と右京区ゆかりの大学や企業が、それぞれの強みをいかした体験型講座を行っており、

今回本学では「王朝装束と輝く女性~王朝文化から読み解く美意識~」と題した講座を実施いたしました。

 

前半は朝比奈英夫教授(キャリア形成学科)に「源氏物語」や「枕草子」といった平安時代の物語や

女流日記に描かれた女房装束(十二単)や直衣装束について、写真やイラストとともに解説していただきました。

 

後半は本学が所有する装束を用いた着付けの実演を行いました。

着付けを担当したのは、教職員と学生による自由参加型の学習コミュニティ「学Booo」のひとつである

『日本の伝統美「和のテイスト」研究会」に所属する学生たちです。

 

参加者が見守るなか、何枚もの衣を作法通りにモデルへ着付けていきました。

着付けが一通り終わった後、希望者には重ね合わせた状態の衣を羽織っていただきましたが、

皆一様にその重さに驚かれていました。実物に触れることで、文学や映像作品を通してだけでは

知ることのできない、当時の様子を知っていただく機会となったかと思います。

 

平成29年度 京都光華文化講座を実施しました

2017.09.21

この講座は、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、昨年度より始まりました。

 

9月15日は昨年度に引き続き、真宗大谷派 金沢別院のご協力のもと、一郷 正道学長による「古拙の微笑み(アルカイックスマイル)と慈悲」、川西 千弘教授による「ストレスマネジメント~折れない心をつくる~」の2講座を実施しました。

翌日、9月16日は今年7月に東京・丸ノ内に開所した「京都アカデミアフォーラム」にて、一郷正道学長による「古拙の微笑み(アルカイックスマイル)と慈悲」、知念 葉子教授による「女性起業家ココ・シャネルの生き方とブランド戦略」の2講座を実施しました。

いずれの会場も一般のご来場者に加え、本学卒業生にも多数ご来場いただき、学生時代を懐かしむ感想もいただきました。この講座が新たなご縁となるよう、今後も順次、各地を訪れたいと思いますので、お近くに参ります際は、是非お気軽に足をお運びください。

高知県公立高校にて出張講義を行いました

2015.11.12

koudai05 koudai06

11月12日、高知県公立高校にて開催された講義「大学での学びを体験しよう」に、こども保育学科梅岡さと江教授と看護学科玉里八重子教授が講師として参加しました。
この講義は、大学の授業を体験し、大学で学ぶイメージを持つことや、自らの将来設計について積極的に取り組む姿勢を育てることを目的に開催されました。

 

梅岡教授の講義「保育と生活科はつながっている?」では、保育・幼児教育と小学校生活科のねらいや内容のつながりについて、いろいろな活動事例を紹介することで、教員の立場になって保育・教育を考える機会を持っていただきました。

 

玉里教授の講義「生まれた赤ちゃんの発育について」では、胎児からの成長や誕生後の子どもたちが父親や母親を認識していく過程を学び、その過程で看護師がどのように関わっていくのかを、実物大の新生児モデルを用いた体験学習を含めて説明しました。さらに、脈拍測定や聴診器の使い方などといった看護技術の演習を行い、看護とはどういうものなのかを伝えました。

今回の講義を通して、高校生のみなさんが大学生になった自分をイメージし、進路決定に役立てていただけると幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

右京区まちづくり区民会議 第1回全体会議に出席しました

2015.09.18

ukyoukaigi_01 ukyoukaigi_03

9月18日(木)、右京区役所5階大会議室にて「右京区まちづくり区民会議 第1回全体会議」が開催されました。

本学からも「平成26年度右京区まちづくり支援制度」に採択されたUgirl、光華子育て支援かがやき隊、グリーンキーパー、などの団体が参加し、活動報告や意見交換を行い、多くの団体との情報共有ができました。

 

会議の後半には、「つくっているのは右京の未来!~思いを形にしませんか?~」をテーマに、地域団体の方々と右京区の問題について議論し、身近に感じている課題について解決策のアイデアを出し合いました。

「産官学連携プロジェクトⅠ」公開交流会を実施しました

2015.07.25

pjkoryu_02 pjkoryu_01

 

7月25日、「産官学連携プロジェクトⅠ」の公開交流会を実施しました。
まずは各クラスから前期に行った活動の報告や今後の計画についての発表がありました。

aクラスからは、授業内での合同企画会議にて最優秀企画として選ばれたグループによる、京都を巡る旅の企画案を、bクラスからは昨年度から光華こども遊び隊として行っている活動の内容や、今後の活動に向けての目標について発表がありました。

 

cクラスからは前期に行った企業へのパンの訪問販売の様子と後期に予定しているシュトーレンの販売に向けた計画、dクラスからは商品化に向け開発を行っているベジバーガーのサイズに関する調査結果と、11月に行われる学園祭での販売に向けた計画について報告がありました。

どのクラスもこれまでの取り組みや努力がよく伝わる発表で、参加者からの質問にもプロジェクトに対する考えや思いをしっかりと語ってくれました。
発表の後は、発表時間内では聞くことのできなかった話や、情報交換を行いました。前期授業はまもなく終了となりますが、プロジェクトは次の目標に向け引き続き進行中です。

 

平成26年度「学まちコラボ事業」認定式が行われました

2015.07.09

gakumachi_08 gakumachi_09

 

平成26年度『学まちコラボ事業(大学地域連携創造・支援事業)』として本学の「京都三条会商店街寺子屋事業 光華三条ガールズ」と「女子大生の考える鹿肉普及活動 京✿しかミーツ」の2つの取り組みが採択され、7月9日に京都市役所で行われた認定式に、各事業の学生が参加しました。

認定式では、地域との取り組みに向けた決意表明をし、認定書を授与していただきました。

 

緊張感の漂う場でしたが、門川京都市長から励ましのお言葉もいただき、活動意欲を奮い立たせられる会となりました。

他大学との交流も深め、学生同士が切磋琢磨しながら地域社会に貢献できるような活動を目指します。
今後の活動にご期待ください!

 

東稜高校2年生の皆さんに環境問題に関する授業を行いました

2015.07.07

toryo03 toryo04

 

京都府立東稜高等学校と本学は、今年度から連携協定を結び、高大連携を通じて相互の教育に係る交流・連携を図っています。

7月7日、前回実施された、東稜高校 校内の緑化活動に引き続き、高大連携による学びの特別プログラム「ヒューマン・リサーチシリーズ」第4講「緑の学校をめざして2」と題した実践的講義を東稜高校 校内にて行いました。

 

2年生61名を対象に、環境問題に対する関心を高めるとともに、少しでも地球温暖化を抑制する手立てを実践しようという目的で、(1)夏期の緑化地の現状と意義、(2)緑化地メインテナンスの技能、(3)校内緑化地メインテナンスの実践の3点について学習・実習しました。

今後も本学(主にグリーンキーパーサークル[地域と連携した環境保全活動を行うボランティアサークル])と連携・協力しながら環境教育について講義・実習を計画し実践してまいります。

 

夏期公開講座「地域の環境問題」を開催しました

2015.07.05

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月5日、本学にて公開講座「地域の環境問題」を開催いたしました。
当日は多数の方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

今回はキャリア形成学科担当の公開講座として、「地域の環境問題」をテーマに、Ⅰ部では本学准教授で地域連携推進センター長の高野拓樹より、「地球温暖化が引き起こす地域の環境問題」と題し、地球温暖化が原因で起こっている大規模な干ばつや海面上昇など、世界各地起きている様々な環境問題を紹介し、今後、私たちの生活環境がどうなっていくのか、をテーマに講演いたしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Ⅱ部では京都市環境政策局 西部まち美化事務所 所長の田中清秀氏を講師にお迎えし、「災害により発生した大量のごみのゆくえ」と題し、平成23年に発生した東日本大震災や、昨年右京区にも大きな被害をもたらした台風18号など、災害時におけるごみの処分方法ついてご講演いただきました。

次回の公開講座は10月25日(土)午後2時半より、「今、生を充実させること」をテーマに開催いたします。皆様のご来場をお待ちいたしております。

「平成26年度 学まちコラボ事業」に本学から2団体が採択されまし

2015.06.30

gakumachi_06 gakumachi_07

 

大学・学生と地域の連携による取り組みを応援する「学まちコラボ事業」に本学から次の2団体が応募し、採択されました。

★京都三条会商店街寺子屋事業 ≪京都光華女子大学 光華三条ガールズ≫
本学では、三条会商店街振興組合様と協力し「光華こどもひろば」など地域住民との交流を実施してきました。昨年度、地域住民が集う年間イベント「七夕夜市」、「屋台村」などに関連するプレイベントを寺子屋事業として実施し、地域コミュニティの活性化を目指しました。そして冬には、天井を飾るBIGアートを地域の方と作成し好評を得ました。今年度は、その活動の継続・発展を目指します。

 

★女子大生が考える鹿肉普及活動 ≪京✿しかミーツ≫
右京区京北地域の森林保護と農作物被害の減少を目的として、ライフデザイン学科の学生が集まり鹿肉料理の普及活動を行っています。駆除された鹿をおいしくいただこうという鹿肉料理研究会ですが、鹿肉料理を普及することだけを目的とした会ではなく、鹿をどうして食べなければいけないのかを考えます。環境問題の勉強会や現地視察を重ね、レシピ開発を中心に活動しています。

この2団体は、7月9日に京都市役所で行なわれる認定式に出席し、今後さらに活動を広げていきます。

1 / 3123

pagetop