トップページ > 東稜高校2年生の皆さんに環境問題に関する授業を行いました

カテゴリー:イベントレポート

東稜高校2年生の皆さんに環境問題に関する授業を行いました

2015.07.07

toryo03 toryo04

 

京都府立東稜高等学校と本学は、今年度から連携協定を結び、高大連携を通じて相互の教育に係る交流・連携を図っています。

7月7日、前回実施された、東稜高校 校内の緑化活動に引き続き、高大連携による学びの特別プログラム「ヒューマン・リサーチシリーズ」第4講「緑の学校をめざして2」と題した実践的講義を東稜高校 校内にて行いました。

 

2年生61名を対象に、環境問題に対する関心を高めるとともに、少しでも地球温暖化を抑制する手立てを実践しようという目的で、(1)夏期の緑化地の現状と意義、(2)緑化地メインテナンスの技能、(3)校内緑化地メインテナンスの実践の3点について学習・実習しました。

今後も本学(主にグリーンキーパーサークル[地域と連携した環境保全活動を行うボランティアサークル])と連携・協力しながら環境教育について講義・実習を計画し実践してまいります。

 

夏期公開講座「地域の環境問題」を開催しました

2015.07.05

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月5日、本学にて公開講座「地域の環境問題」を開催いたしました。
当日は多数の方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

今回はキャリア形成学科担当の公開講座として、「地域の環境問題」をテーマに、Ⅰ部では本学准教授で地域連携推進センター長の高野拓樹より、「地球温暖化が引き起こす地域の環境問題」と題し、地球温暖化が原因で起こっている大規模な干ばつや海面上昇など、世界各地起きている様々な環境問題を紹介し、今後、私たちの生活環境がどうなっていくのか、をテーマに講演いたしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Ⅱ部では京都市環境政策局 西部まち美化事務所 所長の田中清秀氏を講師にお迎えし、「災害により発生した大量のごみのゆくえ」と題し、平成23年に発生した東日本大震災や、昨年右京区にも大きな被害をもたらした台風18号など、災害時におけるごみの処分方法ついてご講演いただきました。

次回の公開講座は10月25日(土)午後2時半より、「今、生を充実させること」をテーマに開催いたします。皆様のご来場をお待ちいたしております。

「平成26年度 学まちコラボ事業」に本学から2団体が採択されまし

2015.06.30

gakumachi_06 gakumachi_07

 

大学・学生と地域の連携による取り組みを応援する「学まちコラボ事業」に本学から次の2団体が応募し、採択されました。

★京都三条会商店街寺子屋事業 ≪京都光華女子大学 光華三条ガールズ≫
本学では、三条会商店街振興組合様と協力し「光華こどもひろば」など地域住民との交流を実施してきました。昨年度、地域住民が集う年間イベント「七夕夜市」、「屋台村」などに関連するプレイベントを寺子屋事業として実施し、地域コミュニティの活性化を目指しました。そして冬には、天井を飾るBIGアートを地域の方と作成し好評を得ました。今年度は、その活動の継続・発展を目指します。

 

★女子大生が考える鹿肉普及活動 ≪京✿しかミーツ≫
右京区京北地域の森林保護と農作物被害の減少を目的として、ライフデザイン学科の学生が集まり鹿肉料理の普及活動を行っています。駆除された鹿をおいしくいただこうという鹿肉料理研究会ですが、鹿肉料理を普及することだけを目的とした会ではなく、鹿をどうして食べなければいけないのかを考えます。環境問題の勉強会や現地視察を重ね、レシピ開発を中心に活動しています。

この2団体は、7月9日に京都市役所で行なわれる認定式に出席し、今後さらに活動を広げていきます。

夏期公開講座「こころの健康」を開催しました

2015.06.21

koukai260621 koukai260519_2

6月21日に公開講座「こころの健康」を開催いたしました。当日は多数の方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

今回は健康科学部心理学科の開設記念講演として、「こころの健康」をテーマに、Ⅰ部では本学教授の竹西正典より、「ストレスと向き合う」と題し、人間関係で何がストレスとなるのか、対人ストレスへの対処方法にはどのようなものがあるのかなど、ストレスとのつきあい方について講演いたしました。

 

Ⅱ部では本学准教授の鳴岩伸生より、「職場と家庭のメンタルヘルス」と題し、こころの健康を維持するためにできることは何か、職場と家庭で活かせるメンタルヘルスのコツについて講演いたしました。

次回の公開講座は7月5日(土)午後2時より、「地球の環境問題~今、何が起きているのか?~」をテーマに開催いたします。皆様のご来場をお待ちいたしております。

「平成26年度 右京区まちづくり支援制度」に5つのテーマを申請しました

2015.06.20

20140628_1 20140628_2

6月20日、右京区役所主催「右京区まちづくり支援制度」「大学・学生枠」公開プレゼンテーションに本学から5団体が参加しました。

申請した5つのテーマ
(1)テーマ名「光華子育て支援かがやき隊」
地域子育て支援を目的に、出し物上演、手作りおもちゃ教室、遊ぼう会など12回開催予定

(2)テーマ名「感じて!遊んで!魅力まちびと!」
右京区の活動団体冊子作成、意見交換会の開催、年2回のワークショップ開催などを企画し、右京区の課題解決を目指す

(3)テーマ名「右京ツウ」
調査的面接法を学んだ心理学科学生が右京区の現状を取材し、「右京コミュニTV」に投稿
(4)テーマ名「お花でいっぱい西京極駅前ひろば」
西京極駅前緑地帯整備事業「チーム西京極」の継続事業として、区民と花を植樹し交流する
(5)テーマ名「女子大生と踊ってくれない?華羅紅」
学生がもっと京都を盛り上げるために福祉施設や夏祭りに行き、京炎そでふれを通し高齢者や若者が楽しめる出会いの場をデザインする

 

 

 

右京ブロック児童館まつり2014に参加しました

2015.06.03

0519 0519_2

 

右京ぶろっく児童館まつりの乳幼児コーナーに、大学院生1名、心理学科3回生9名がボランティアとして参加しました。
これは人間関係学科卒業生で常磐野児童館職員の佐竹美香さんによる企画によるもので、「親子で楽しむふれあいコーナー」「工作コーナー」「身体測定コーナー」「ほっこりスペースコーナー」を担当し、乳幼児と遊んだり、安全を見守りました。
また大学院生は「相談コーナー」への導入や子どもとの関わりを担当しました。

東稜高校2年生の皆さんに環境問題に関する授業を行いました

2015.05.30

20140509_1 20140509_2

東稜高校の生徒さんを対象とした講義は、これまで大学コンソーシアム京都主催の「高大連携 実践研究共同教育プログラム(東稜高等学校プログラム)」として、平成23年度~25年度の3年間実施されてきました。

このプログラムも無事に終了し、平成26年度からは、本学と東稜高校が独自に連携協定を結び、高大連携を通じて相互の教育に係る交流・連携を図ることになりました。

 

平成26年度は10回の授業を開催することになっており、本学は、全授業のうち、5回を担当することになっています。この5回の中には、講義形式のみならず、緑化活動を通じた実践的環境教育も含まれます。

今回の講義は、全10回の授業のうちの第2回に該当し、環境学習の概論として「持続可能な社会の実現をめざして1」と題した講義を実施しました。ここでは、地球環境問題を紹介し、本学のグリーンキーパーの活動についても説明しました。

 

次回の授業は6月13日と14日を予定しており、この2日間で、本学グリーンキーパー学生と東稜高校の生徒が校舎の全面緑化にチャレンジする予定です。

「学まちコラボ認定事業報告会」が行われました

2015.03.22

gakumachi_04 gakumachi_05

 

3月22日、キャンパスプラザ京都において、「平成25年度学まちコラボ認定事業報告会」が行われました。

学まちコラボ事業とは、大学と地域が一体で行うまちづくりの取り組みを募り、認定事業に交付金を出して支援を行う、京都市と(公財)大学コンソーシアム京都の協働事業のことで、今年度本学からの2つの事業が認定され、学生と住民が連携し地域活性化に向けて活動を行ってまいりました。

 

今回の報告会では、それぞれの団体が今年度の活動内容を振り返りプレゼン方式で報告後、選定委員の方々や来場者との質疑応答を行い、次年度に向けての課題や目標、抱負などを発表しました。

本学では今後も引き続き、学生・教職員が地域と連携したさまざまな取り組みを積極的に実践し、地域活性化のため貢献してまいります。

本学活動団体/連携区/テーマ
光華三条ガールズ/中京区/京都三条会商店街寺子屋事業
グリーンキーパー/右京区/区民と女子学生がつくる西京極駅前ひろば

徳島県富岡東高校にて出張講義を行いました

2014.12.16

tomioka01 tomioka02

 

12月16日、本学環境教育推進室長の高野拓樹准教授が徳島県立富岡東高等学校の2年生理系クラス100名を対象に、「環境問題解決のための先端技術~理系進学を目指す高校生へ~」と題して、講義を行いました。
東日本大震災に起因する原発事故により、日本のエネルギー事情は深い反省と自然エネルギーへの変換が求められています。
本講義対象の高校生が化学の時間にちょうど電池分野の授業が終わったばかりということもあり、今回の授業では、燃料電池車やエネファームに使われる水素燃料の他、軽量と大容量を両立させたリチウムイオン電池のメリット・デメリット等についても解説しました。
さらに、高野先生の現在の研究テーマでもある、植物由来の色素を使った色素増感太陽電池の現状についても説明しました。

 

高校生にとっては、少し発展的な内容でしたが、高野先生の学生時代の生活ぶりや企業エンジニア時代のエピソード、大学における研究の現場などをユーモアたっぷりにお話され、教室からは、何度も大きな笑い声が起こりました。
環境問題は、これからを担う若い世代にとって永遠のテーマであり、特に、エンジニアやサイエンティストを目指す高校生にとっては、大いに関心を持っていただきたい分野でもあります。
富岡東高校の理系クラス全員は環境問題を解決できる可能性を秘めた金の卵です!この講義内容を、将来の大学での研究や企業での開発の際に、少しでも思い出していただき、循環型社会のリーダーになってもらえることを願っています。

東稜高校2年生の皆さんに環境問題に関する授業を行いました

2014.11.19

toryo01 toryo02

11月19日、本学環境教育推進室長の高野拓樹准教授が京都府立東稜高等学校の2年生69名を対象に本学にて環境問題に関する授業を行いました。 この授業は、大学コンソーシアム京都の「高大連携 実践研究共同教育プログラム」の一環として行われたもので、今年で3年目になります。

最初に、屋上庭園「HIKARU-CIURT」にて、本学キャリア形成学部長の酒井浩二教授の挨拶に続き、高野准教授より授業に関するガイダンスが行われました。

 

その後、講義室に移動し、高野准教授から「持続可能な社会の実現に向けて」と題して、地球環境問題や私たちがめざすべき循環型社会についての講義がありました。

 

高野准教授自ら取材した「沈みゆく国キリバス共和国」や「砂漠化で苦しむ内モンゴル自治区」の現状についてたくさんの写真をもとに紹介されました。さらに、授業の後半には、世界のエネルギー問題の現状に触れ、太陽電池を用いたデモ実験を披露しました。

環境問題を解決するために、正しい知識を学び、それを実践していくことが今の我々に課せられた使命となっています。特に、未来を創造していく若い世代にとって、環境問題は永遠のテーマでもあります。今回の講義をきっかけに、高校生の皆さんが、環境問題について少しでも見直すきっかけになればと思います。
東稜高校の皆さん、今年もご来学いただき、本当にありがとうございました。

 

2 / 3123

pagetop