トップページ > 光華こどもひろば10/2(水)

カテゴリー:お知らせ

光華こどもひろば10/2(水)

2019.10.07

「光華こどもひろば」は、本学周辺地域在住の未就園の親子を対象に、実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんでいただける時間を提供しています。

10月2日(水)は、約2か月ぶりの開催ということもあってか、いつもより多くのお子様と保護者様が

お越しになりました。

 

最初の1時間は、自由遊びの時間です。

積み木をしたり、おままごとをしたり、お絵かきしたり…皆さん思い思いに楽しく過ごされます。

当日は、3か月の赤ちゃんがいらっしゃり、一躍学生たちのアイドルとなっていました。

学生の一人がとても手慣れた様子で抱っこしていたので、授業で抱き方を習ったのか尋ねると、

離れた歳のいとこがまだ小さく、赤ちゃんの頃から抱き慣れているとのことでした。

しかし、その学生以外も全員物怖じする様子もなく、進んで代わる代わる抱っこしていました。

 

最後の30分間は、普段は学生による手遊び歌や絵本の読み聞かせが行われますが、

今回は、特別企画として、静岡市にある子どもの本とおもちゃの専門店「百町森」代表の柿田 友広氏を

講師にお迎えし、「おもちゃ講座」を実施していただきました。

スライドを使って子どもの年齢に応じたおもちゃを紹介していただいたり、数学的な遊びができる外国製積み木を実演していただいたり、盛り沢山な内容でした。

特に、外国製の珍しい積み木が次々に形を変えていくマジックショーのような実演には、子どもだけでなく大人も興味津々で、保護者の方から「この積み木、今日購入できますか?」と質問が出ました。

(当日販売は行っておらず、案内パンフレットをお持ち帰りいただきました。)

 

お帰りの際には、毎回、学生お手製の折り紙のお土産があります。

今回は、カラフルな動物たちでした。

お子様たちは、どれにするか真剣に悩んだ末、やっと決まった動物を手に、

嬉しそうに「またね」と帰っていきました。

 

入場無料・申込不要ですので、是非、お気軽に遊びにお越しくださいませ☆

 

次回以降、今月の光華こどもひろばのご案内

■日時:10月9日(水)、30日(水) 10:30~12:00

■場所:本学慈光館1階 保育実習室

■対象:保護者同伴の乳幼児(未就園児)

■お問合せ:こども教育学科 075-325-5441

※自家用車での来場はご遠慮ください。

令和元年度 右京区まちづくり支援制度 公開プレゼンテーション

2019.09.27

9月26日(木)に、右京区役所が主催している「令和元年度 右京区まちづくり支援制度(大学・学生枠)」

公開プレゼンテーションによる審査会が開催されました。

本年度本学からは、以下2団体が申請いたしました。

京都光華女子大学 Ugirl(ユーガル)

事業名「親子で仲良くエコバッグ作り!」

【事業概要】私たちの生活に身近な「ごみ減量」の課題に着目し、

区民一人ひとりのエコに対する意識を向上させるため、

親子で楽しみながらエコバッグを制作するワークショップを実施するとともに、

制作したバッグの人気投票のための写真展示を行う。

 

京都光華女子大学 京しかミーツ

事業名「みんなで鹿肉クッキング」

【事業概要】右京区北部地域でのシカによる森林や農作物の被害が深刻化する中、

鹿肉の美味しさや料理方法を普及し、駆除された鹿を有効活用するため、

地域のイベントに出店して鹿肉料理を販売するほか、児童館などで鹿肉料理の体験会を実施する。

 

Ugirlは、キャリア形成学科1年生4名で構成されており、今回が初めての申請・プレゼンだったにもかかわらず、

大変見やすくわかりやすいスライドを用意し、審査員から明快な事業内容に応援の言葉を頂き、

4名で分担して堂々と発表できました。

 

京しかミーツは、現在、健康栄養学科管理栄養士専攻・心理学科・ライフデザイン学科の

1~4年生18名で構成されており、今回は6度目のチャレンジとなり、

これまでに行ってきた活動の課題や新たな方向性など審査員から複数回質問されたものの、

一つ一つしっかりと回答できました。

 

審査結果は、10月上旬から中旬とのことですが、

両団体とも11月9日(土)の「右京区民ふれあいフェスティバル2019」出店を予定しており、

活動の場を設けてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

KOKA☆オレンジサロン9/21(土)

2019.09.23

KOKA☆オレンジサロンは、KOKA☆オレンジサポーターズという本学学生団体が企画・運営しており、

「話すこと」「食べること・飲み込むこと」の働きが低下しないように、おしゃべりやお口や喉の体操・

介護予防体操を行うサロンです。

KOKA☆オレンジサポーターズは、京都市と公益財団法人 大学コンソーシアム京都が実施している

「2019年度学まちコラボ事業」に3年連続採択されております。

 

9月21日(土)に開催されたKOKA☆オレンジサロンには、生憎の雨天にもかかわらず、

20名の方にご参加いただきました。

まずは、マック小田(本学医療福祉学科 客員教授)による「オープニングマジックショー」から始まります。

積極的に参加者に参加していただくマジックで、驚きあり、笑いあり、会場の空気が一気にあたたまりました。

次は、右京区地域介護予防推進センター 堀 智子 先生すこやか元気サポーターさんによる、

介護予防の「運動」と「脳トレ」です。

着席したまま行える簡単な運動や、脳トレなど、自宅でも手軽にできる介護予防を実践していただきました。

頭と身体をしっかり使ったところで、休憩を兼ねたお茶とお菓子の時間です。

各テーブルに学生1名と参加者数名が相席する形で着席しました。

今回の飲み込みやすいやわらか菓子は、二条にある京菓子司 総本家 よし廣さんの「みたらし餅」でした。

お茶とお菓子を美味しくいただきながら、参加者の皆様と学生とで歓談し、有意義な交流の時間を過ごしました。

疲れが少し癒えたところで、「お口の健康チェック」というテーマで、

御所西歯科中川クリニック 院長 中川 研人 先生にご講演いただきました。

先生の患者さんの症例などをスライドでご紹介いただきながら、歯や口の健康について、

特に「オーラルフレイル」について、わかりやすくお話ししていただきました。

「噛めない」から、「やわらかいものを食べる」と、「噛む機能が低下」するから、「噛めない」…と

負の連鎖が起こり、その結果、口腔機能が低下し、やがて心身の機能までもが低下していくのだそうです。

お口の健康の大切さを学んだ後は、KOKA☆オレンジサポーターズ学生による、

「食べる力を保つ・鍛える 発声と嚥下体操」です。

発声したり、口の中で舌を動かしたり、嚥下に必要な筋力の増強に取り組みました。

最後は、発声と歌のコーナーで、「かっぱ」と「きつつき」のことば遊びうたを手拍子に乗せてテンポよく

発声し、9月にぴったりの「月」と「いつでも夢を」を全員で声高らかに歌いました。

KOKA☆オレンジサポーターズ 顧問本学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 関 道子 准教授によると、

今回行った「つ」という音の連続の発音や、普段より高い声で歌うことは、

口腔機能を鍛えるのに有効だそうです。

 

ご興味のある方は、是非お気軽にご参加ください☆

 

~次回KOKA☆オレンジサロンのご案内~

■日時:11月9日(土) 10時~12時

■内容:食事で筋力をアップ!(本学健康科学部健康栄養学科 藤澤 克彦 講師) 他

■定員:30名(先着順)

■申込方法:お電話またはメールにて、お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日をお知らせください。

■お申込み・お問合せ:京都光華女子大学 地域連携推進センター

【電話】075-325-5259

【E-mail】chiiki@mail.koka.ac.jp

2019年度 京都光華文化講座開催のご報告

2019.09.20

本講座は、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、平成28年度より始まりました。

9月13日は、京都アカデミアフォーラムin丸の内(東京都)にて、本学キャリア形成学部の佐滝 剛弘教授が、

「知られざる近代遺産の町、京都~世界遺産の陰で存在感を示す明治以降の貴重な文化財~」というテーマで

講座を実施いたしました。

京都には、観光客が殺到するような有名な寺院ではなくても、大学のキャンパスに残っている西洋建築、

個人の邸宅、銀行や駅舎、発電所など、明治以降に建てられた独特な建築物が多数あり、

そういった角度から眺めた京都という町のもうひとつの魅力をお伝えする講演となりました。

講師自身が実際に足を運んで撮影したたくさんの写真をご覧いただきながら、ひとつひとつの建築物のもつ歴史や

エピソードをご紹介し、これからの季節にぴったりな京都の穴場の紅葉スポットなどの披露もありました。

金曜日の晩という忙しい時間帯にもかかわらず、多くの方にご参加いただきました。

質疑応答の時間には何名かの参加者に積極的にご発言いただいたり、お帰りの際には「大変有意義で参考になる

お話でした。」とのご感想をいただいたり、楽しんで盛り上がっていただけた90分でした。

9月14日(土)は、真宗大谷派金沢東別院にて、前日に引き続き、佐滝 剛弘教授が、

「地域の隠れた文化に光を当てる~登録有形文化財から考える金沢とその周辺の隠れた魅力~」というテーマで

講演いたしました。

前日同様、京都の近代遺産のお話に加えて、会場の金沢市内やその近郊の小都市にも数々の文化遺産があり、

中でも「登録有形文化財」にスポットを当て、講師が当日の朝に撮影して回ってきた撮れたての写真を

ご覧いただきながら、地域に密着した興味深い建築物をご紹介しました。

銭湯だったものがカフェとして営業していたり(京都)、たばこ工場だったものが図書館になっていたり(金沢)、

元々の利用目的とは違う利用目的で現在も私達のすぐ身近に生き続けている建築物は、

本当にたくさんあるようで、これから町を歩く時にワクワクする内容でした。

金沢会場では、富山からお越しになった方がいらっしゃったり、当日飛び込みでいらっしゃったり、

参加された皆様には非常に熱心に聴講していただけました。

両会場それぞれにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今後とも、このような出張公開講座を続けられるよう努めますので、

お住まいやお勤め先のお近くに参りました際は、是非お気軽にご参加いただければ幸いでございます。

2019年度 京都光華文化講座のご案内

2019.08.08

本学では、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、

平成28年より各地の同窓生や一般の方に向けて「京都光華文化講座」を開催しております。

本年度は東京と金沢にて開催いたします。

 

会場のお近くにお住まい・お勤めまたはお立ち寄りのご予定の皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

 

 

【東京会場】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

「知られざる近代遺産の町、京都~世界遺産の陰で存在感を示す明治以降の貴重な文化財~」

清水寺、東寺、金閣寺など千年の歴史を紡ぐ著名な世界遺産の社寺がひしめく京都には、意外にも明治以降に建てられたユニークな建築が数多く残っている。

大学のキャンパスに残る西洋建築、個人の近代和風の邸宅、銀行や駅舎、発電所までそのバラエティの豊富さは目を瞠るものがある。

そして誰もが訪れる有名寺院ではなく、こうした築150年以内の建造物に実は京都らしさが詰まっている。

世界遺産と近代建築に詳しい本学の教員が、京都のもうひとつの魅力を分かりやすく伝える。

 

■日時/2019年9月13日(金)18:30~20:00 (開場18:00)

■会場/京都アカデミアフォーラムin丸の内(新丸ビル10階)

[東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階]

アクセス↓

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/kaf/about/access.html

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【金沢会場】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

「地域の隠れた文化に光を当てる~登録有形文化財から考える金沢とその周辺の隠れた魅力~」

武家屋敷や郭町など歴史的な建造物群が数多く残る金沢。

大勢の観光客がひしめくこうした有名なエリアとは別に、金沢市内や近郊の小松、白山市あるいは足を延ばして富山県や福井県の小都市にも、地域の歴史を刻んだ数々の文化財がある。

そのキーワードは、「登録有形文化財」。国が貴重な景観だと認めた文化財は、今公開・活用が進み、新たな地域の顔となりつつある。

登録有形文化財研究の第一人者が語る、地域再生への新たな一歩のにつながる物語。

 

■日時/2019年9月14日(土)14:00~15:30 (開場13:30)

■会場/真宗大谷派 金沢別院(東別院) 金沢真宗会館ホール

[石川県金沢市安江町15-52]

アクセス↓

https://www.oyama-net.jp/about/access

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【定員】各回50名(先着順)

【お申込方法】/お電話またはメールにて、「お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日」をお知らせください。

【お問合せ・お申込先】/京都光華女子大学 地域連携推進センター

TEL▶ 075-325-5259(平日9:00~17:00、土日祝及び学休日を除く)

MAIL▶ chiiki@mail.koka.ac.jp

 

(↑クリックすると拡大いたします)

【卒業生・保護者等対象】2019年度KOKAエコアワード(第10回)へのご応募について

2019.07.03

※こちらのご案内は、光華女子学園の卒業生・保護者・ご親戚・ご兄弟を対象とさせていただきます。

本学園では、2010年度より毎年1回「KOKAエコアワード」というエコに関する作品の募集を

全学的に行っております。

記念すべき第10回となる今回は、豪華賞品に加え、新たに【標語・短歌(和歌)部門】への

卒業生・保護者・ご親戚・ご兄弟のエントリーが可能となりました。
***********賞品は、最大2万円の図書カードです***********

つきましては、下記の応募用紙をダウンロードしていただき、是非ご応募くださいませ。

ご家族揃ってのたくさんのエコ作品をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

締め切り:9月27日(金)

 

■応募用紙

PDF【卒業生・保護者等専用】2019年度KOKAエコアワード(第10回)応募用紙

 

【ご応募方法】上記応募用紙に必要事項をご記入の上、郵送またはメール添付にてご応募ください。

※在園・在校・在学生の保護者の方は、お子様に預けていただいてのご提出も可能でございます。

 

【お問合せ・ご応募先】京都光華女子大学 地域連携推進センター

ADDRESS▶〒615-0882 京都市右京区西京極葛野町38

TEL▶075-325-5259(平日9:00~17:00、土日祝及び学休日を除く)

MAIL▶chiiki@mail.koka.ac.jp

 

 

光華こどもひろば5/29(水)

2019.05.31

「光華こどもひろば」は、周辺地域在住の未就園の親子を対象に、実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんでいただける時間を提供しています。

5月29日(水)は、晴天に恵まれたこともあり、たくさんのお子様と保護者様にお越しいただきました。

リピーターの馴染みのお顔がたくさん並ぶ中、葛野大路五条の交差点に掲示している光華こどもひろばの特大ポスターをご覧になって、初めて遊びに来てくださった方もいらっしゃいました。

 

最初の1時間は、自由遊びの時間です。

滑り台に上ろうと一生懸命の子を応援したり、蛙のおもちゃを跳ねさせる方法を教えたり、学生も一緒に楽しく遊びます。

遊びながら生まれる何気ない子育てにまつわる保護者との雑談も、学生にとっては大いに刺激と学びになります。

残りの30分間は、学生による手遊び歌と絵本の読み聞かせが行われます。

今回は、手遊び歌「お寺の和尚さん」から始まり、絵本「どろんこおばけ」と「はらぺこあおむし」の読み聞かせがあり、最後に「キャベツの中から」の手遊び歌でした。

特に、「はらぺこあおむし」では、カラフルなあおむしの指人形とそれが通っていくおいしそうな食べ物の穴に、こどもたちみんなが興味津々で、大人気でした。

お帰りの際には、毎回、学生お手製の折り紙のお土産があります。

今回は、色とりどりのお魚でした。

お子様たちは、それを大事そうに片手に握りしめて、もう片方の手を保護者に引かれ、「またね、ばいばい」と帰っていきました。

入場無料・申込不要ですので、是非、お気軽に遊びにお越しくださいませ☆

 

次回光華こどもひろばのご案内

■日時:6月5日(水) 10:30~12:00

■場所:本学慈光館1階 保育実習室

■対象:保護者同伴の乳幼児(未就園児)

■お問合せ:こども教育学科 075-325-5441

※自家用車での来場はご遠慮ください。

KOKA☆オレンジサロン5/18(土)

2019.05.27

KOKA☆オレンジサロンは、KOKA☆オレンジサポーターズという本学学生団体が企画・運営しており、「話すこと」「食べること・飲み込むこと」の働きが低下しないように、おしゃべりやお口や喉の体操・介護予防体操を行うサロンです。

 

5月18日(土)に開催されたオレンジサロンでは、まず、恒例のマック小田(本学医療福祉学科 客員教授)によるマジックショーから始まります。

旬な「令和」ネタのマジックや、参加者を巻き込んでの心理テストマジックなどで、会場が盛り上がりました。

次は、右京区地域介護予防推進センター・すこやか元気サポーターさんによる、介護予防の「運動」と「脳トレ」です。

座ったまま行える簡単な運動や、歌いながら行う手遊びの脳トレなど、介護予防として今日から自宅でも気軽にできる内容で、笑いの溢れる中楽しく取り組んでいただきました。

身体と頭を動かした後は、休憩を兼ねたお茶とお菓子の時間です。

参加者は6つのテーブルに分かれていただき、各テーブルに学生が2名ずつ相席する形で着席します。

今回の飲み込みやすいやわらか菓子は、右京区内の御菓子処 嵯峨嘉さんの「やわらかしそ餅」でした。

お茶とお菓子をいただきながら、参加者の皆様と学生とで歓談します。

参加者が抱えていらっしゃる悩みを学生が伺うこともあれば、学生が参加者の知識を教えていただくこともあり、有意義な交流の時間を過ごします。

リフレッシュしたところで、「フレイルってどんなこと?」と題し、右京区介護予防推進センターの堀 智子 先生のご講演です。

要介護の状態にならないためには、フレイルを予防することが重要になり、フレイルの兆候があるかを調べるイレブンチェックテストを行うなど、フレイルに関することを詳しくお話ししていただきました。

※フレイルとは…年齢を重ね、体や心が弱った状態のことです。

専門的知識を学んだ後は、KOKA☆オレンジサポーターズの学生による、「食べる力を保つ・鍛える 発声と嚥下体操」です。

発声したり、体を動かしたり、舌圧子(喉を診る時などに用いる舌を押さえる板状のもの)を使用したりして、嚥下に必要な筋力を増強します。

最後は、歌のコーナーで、今回は5月らしく「こいのぼり」と「ピクニック」を全員で元気よく歌いました。

 

回数を重ねる度に、参加者の皆様の笑顔も増えている印象ですが、「笑う」というのもとっておきの介護予防なのだそうです。

 

ご興味のある方は、是非ご参加ください☆

 

~次回KOKA☆オレンジサロンのご案内~

■日時:7月20日(土) 10時~12時

■内容:高齢者の聞こえとその対応(本学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 高井 小織 准教授) 他

■定員:30名(先着順)

■申込方法:お電話またはメールにて、お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日をお知らせください。

■お申込み・お問合せ:京都光華女子大学 地域連携推進センター

【電話】075-325-5259

【E-mail】chiiki@mail.koka.ac.jp

2019年度 京都光華公開講座のご案内

2019.04.25

本学では、一般の方を対象に、本学教員や関係者の日頃の研究成果を無料で公開しております。

生涯学習の機会としてご活用頂ければ幸いです。

【第1回】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

偶然の出来事と臨床心理学

■日 時/2019年6月8日(土)10:00~11:30(開場9:30)

■会 場/京都光華女子大学 徳風館6階 小講堂

■講 師/今西 徹 (本学健康科学部 心理学科 准教授)

■定 員/100名(先着順)

 

【第2回】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

AI(人工知能)・ロボットは人間の仕事を奪うのか?

■日 時/2019年7月13日(土)10:00~11:30(開場9:30)

■会 場/京都光華女子大学 徳風館6階 小講堂

■講 師/阿部 一晴 (本学キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

■定 員/100名(先着順)

 

【お申込方法】お電話またはメールにて、「お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日」をお知らせ下さい。

【お問合せ・お申込先】京都光華女子大学 地域連携推進センター

TEL▶075-325-5259(平日9:00~17:00、土日祝及び学休日を除く)

MAIL▶chiiki@mail.koka.ac.jp

(↑クリックすると拡大します)

 

 

1 / 41234

pagetop