トップページ > 右京区まちづくり支援制度活動報告

カテゴリー:お知らせ

右京区まちづくり支援制度活動報告

2017.03.24

 

3月22日にサンサ右京(右京区役所)にて行われた「右京区まちづくり区民会議」において、

今年度の「右京区まちづくり支援制度」に採択され、事業に取り組んできた6団体が

ポスターセッション形式による活動報告を行いました。

参加者は各団体のポスターを自由に見て回り、質問をしたり感想を述べながら交流を深めました。

平成27年度 幼稚園の取り組み 年長児 梅ジュース作り

2015.03.03

kg_ume01 kg_ume02

園内にある樹木の中で、梅の木は、小ぶりながら毎年鈴なりに実をつけてくれます。
春、3月に可愛いピンクの花を咲かせる梅の木。ブランコと雲梯の間に植えられていて、子ども達の背丈より少し高いだけの木です。だから、花が咲いたり、実をつけたりするとすぐに目につきます。
6月に子ども達が一粒一粒、丁寧に木から採って収穫しました。クンクン匂いで、「いい匂いがする~」「このまま食べられるのかなぁ?」などお話しながら採っていた子どもたち。

収穫した実をきれいに洗って、透明の瓶に氷砂糖と一緒に入れてしばらく寝かせておきます。瓶を眺めながら、「早くのみたいなぁ~」「どんな味がするのかなぁ?」と出来上がりを心待ちにしていました。いよいよ梅ジュースが出来上がり、7月末に冷たいお水と割ったジュースをいただきました。甘くて冷たい梅ジュース!美味しかったね!!
自然の恵みに感謝です。年長さんは、みんな大満足でした!

 

平成26年度 どうしてゴミを分別するの?

2014.11.07

gomi_kg01 gomi_kg02

光華幼稚園では、日常の保育の中で、環境の大切さについて知らせています。その中で、今、私たちにできることとして「ゴミの分別」に取り組んでいます。

全保育室にプラゴミ用ゴミ箱と一般ごみ用ゴミ箱を設置しています。年長児は分別が出来るのですが、年中児・年少児では、「プラゴミって何?」「どうして分けて入れないといけないの?」と疑問がいっぱいです。

 

そこで、分かり易くゴミ分別の大切さを伝えようと考え、11月7日、年中児が園庭に集まり、子どもたちの身近にある、画用紙・生鮮食品容器トレイ・ペットボトルのラベルを燃やして見せました。

画用紙は綺麗に燃えていくのに対し、トレイ・ラベルの方は「黒い煙がでた!」「へんな匂いがする!」「ぐちゃぐちゃになった!」とその違いにびっくりした様子でした。
先生の「全部同じゴミ箱に入れたら、一緒に燃やすことになるの。そうしたら、大変だよね。ダメだよね!ゴミは分けて入れよう」という話を真剣に聞いていました。自分の目で見たことで、ゴミの分別の大切さが理解できたようでした。今後、子どもたちが意欲的にゴミの分別をしてくれること期待しています。

平成26年度 お母さんたちによる植樹

2014.09.03

syokuju1 syokuju2

 

幼児教育は環境による教育であり、子どもは視覚に入る様々ものに興味・関心を深めます。そこで、光華幼稚園では子どもたちが遊ぶ園庭に緑を増やし、季節ごとに咲く木々や草花を身近に観察でき、触れる事ができるように…と願い、園内環境を整えています。その思いは、保護者の皆様からも賛同を得ることができ喜ばれています。

今年も9月3日(水)、保護者会クラス委員のお母さんの手でスモークツリー・ゴールデンスピリッツとスモークツリー・ヤングレディーの2本の木を植樹していただきました。

 

保護者の方も「来年の夏、綺麗な花が咲くといいですね」「子どもたちが喜んでくれるといいですね」と、花が咲く時を今から楽しみされています。

2階の廊下では、子どもたちが牛乳パックで作った植木鉢で、マリーゴールドを育てています。無事、暑い夏を乗り越え、茎が大きくなってきました。「早く、花が咲いてほしいな」と友達と話し合いながら、水やりをしています。

平成26年度 食育 冬野菜の種・苗植え

2014.08.22

fuyunae01 fuyunae02

 

光華幼稚園内には小さな畑があり、野菜や果物を育てています。園庭で遊びながら成長する様子を見ることができます。

1学期、ナス・キュウリ・枝豆・にんじん・トマト・ラディッシュ・玉ねぎ・いちご・すいか・ピオーネ・うめ・サクランボが収穫できました。 「野菜の木に花が咲いた??なんで?」 「キュウリはぐんぐん大きくなったのに、スイカはなかなか大きくならないの??」と不思議がいっぱいの子どもたち。

 

成長していく過程を見て「花が咲いて、トマトになっていった!」「ナスの葉っぱにトゲトゲがある!」「一日で、こんなに大きくなった」と新しい発見がいっぱいありました。

8月22日、夏野菜を収穫した後の畑に、年長児の子どもたちが、冬野菜のブロッコリー・かぶ・ジャガイモの種・苗植えをしました。12月、シチューにして食べる予定です。

このように光華幼稚園では、実践的な環境教育と食育の両方の観点から、思いやりの心と豊かな情操の育成に取り組んでいます。

平成26年度 廃材を使った作品製作

2014.08.20

sakuhin2 sakuhin1

 

光華幼稚園では、毎年、牛乳パック・トイレットペーパーの芯・ペットボトルの廃材を使って、年長児の子どもたちが製作遊びをしています。今年も、絵具で色付けしたり、カラフルなビーズ等で飾りつけしたりして、小物入れ・貯金箱・風鈴へと生まれ変わりました。

 

大人にとっては不要なものでも、子どもの発想力によって、素敵な作品に生まれ変わります。光華幼稚園では、環境教育のひとつとして、このような身近な廃材を用いた作品制作に取り組んでいます。

平成26年度 桂川河川敷清掃活動

2014.06.21

katsura10 katsura12

6月21日(土)、4年生2クラスの児童は、桂川河川敷において恒例の清掃活動を行いました。

いつものように「葛野自治会」の方々が、トングとゴミ袋をご用意くださり、 清掃の仕方を教えてくださいました。

 

ペットボトルやたばこの吸い殻、花火の燃えカスなどさまざまなごみが落ちており、児童は一生懸命、汗をふきながら拾っていきました。

袋いっぱいに集まったごみを見て、「桂川のために次もがんばろうね。」と 話し合いました。

 

katsura11

 

葛野自治会の皆様、ほんとうにありがとうございました!
これからもわたしたちの桂川を美しくしていきます!

 

pagetop