トップページ > 2019年度 京都光華まちづくり講座【第3回】開催のご報告

2019年度 京都光華まちづくり講座【第3回】開催のご報告

2019.08.20

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は、全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて、健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第3となった「備えあればうれいなし~是非、知っておきたい”災害時の食”のこと~」(8月10日開催)では、

講師に細井 佳代子先生(日本栄養士会災害支援チーム、管理栄養士、本学非常勤講師)をお招きし、

過去の事例をもとに、日頃からの「災害時の食の備え」と「備え方のポイント」についての講義や、

ライフラインが止まった際に利用できる調理法「家庭版真空調理 パッククッキング」を実演を交えて

わかりやすく紹介していただきました。

 

当日は、連日の猛暑も影響し、キャンセルされる方もありましたが、28名の方にお越しいただきました。

今回は、30~40歳代の方も多く、大変幅広い世代の方にご参加いただきました。

 

前半は、災害時の備蓄食について、具体的な知識を深めました。

自らの安全は自ら守るのが防災の基本であり、平常時から災害に備えて各家庭や事業所などにおいて

災害発生から3日分以上(7日分以上が望ましい)の食料、飲料水及び生活必需品などの備蓄(市民備蓄)を、

京都市では推進しているとのことです。

発災~3日目は、加熱なしでそのまま開封して食べられるような非常食・災害食、

4~7日目は、栄養バランスを考慮しつつ、好みの味やあたたかさを感じられるような災害食+保存食・備蓄食、

1~2週間目以降は、不足栄養を補う備蓄食品といった、

段階に応じた食品の備えが必要であるということを学びました。

飲料水以外にも必要な水の確保の大切さも知りました。

そして、各家庭での具体的な1週間分の備蓄リストの作成方法も教えていただきました。

 

後半は、「パッククッキング」の実演を行っていただきました。

パッククッキングというのは、材料を切ってビニール袋に入れ、空気を抜いて真空状態にし、鍋で20分ほどで煮るだけで簡単にできる調理法のことです。

ひとつの鍋で多種の料理が一度にでき、洗い物も出ず、何回も水を使える、まさに災害時に有用な調理法です。

何品かレシピもご紹介いただき、参加者の方は質問なさったり、熱心にメモを取ったりしていらっしゃいました。

 

今回の講座を通して、災害への備えは、一人一人が準備し、地域のみんなで取り組んでいくことが大切だということを改めて気づかされました。

まずは、自分から始めて、家族や知人にも広めていこうと思いました。

 

 

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年度 京都光華文化講座のご案内

2019.08.08

本学では、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、

平成28年より各地の同窓生や一般の方に向けて「京都光華文化講座」を開催しております。

本年度は東京と金沢にて開催いたします。

 

会場のお近くにお住まい・お勤めまたはお立ち寄りのご予定の皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

 

 

【東京会場】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

「知られざる近代遺産の町、京都~世界遺産の陰で存在感を示す明治以降の貴重な文化財~」

清水寺、東寺、金閣寺など千年の歴史を紡ぐ著名な世界遺産の社寺がひしめく京都には、意外にも明治以降に建てられたユニークな建築が数多く残っている。

大学のキャンパスに残る西洋建築、個人の近代和風の邸宅、銀行や駅舎、発電所までそのバラエティの豊富さは目を瞠るものがある。

そして誰もが訪れる有名寺院ではなく、こうした築150年以内の建造物に実は京都らしさが詰まっている。

世界遺産と近代建築に詳しい本学の教員が、京都のもうひとつの魅力を分かりやすく伝える。

 

■日時/2019年9月13日(金)18:30~20:00 (開場18:00)

■会場/京都アカデミアフォーラムin丸の内(新丸ビル10階)

[東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階]

アクセス↓

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/kaf/about/access.html

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【金沢会場】※終了いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

「地域の隠れた文化に光を当てる~登録有形文化財から考える金沢とその周辺の隠れた魅力~」

武家屋敷や郭町など歴史的な建造物群が数多く残る金沢。

大勢の観光客がひしめくこうした有名なエリアとは別に、金沢市内や近郊の小松、白山市あるいは足を延ばして富山県や福井県の小都市にも、地域の歴史を刻んだ数々の文化財がある。

そのキーワードは、「登録有形文化財」。国が貴重な景観だと認めた文化財は、今公開・活用が進み、新たな地域の顔となりつつある。

登録有形文化財研究の第一人者が語る、地域再生への新たな一歩のにつながる物語。

 

■日時/2019年9月14日(土)14:00~15:30 (開場13:30)

■会場/真宗大谷派 金沢別院(東別院) 金沢真宗会館ホール

[石川県金沢市安江町15-52]

アクセス↓

https://www.oyama-net.jp/about/access

■講師/佐滝 剛弘 (京都光華女子大学 キャリア形成学部 キャリア形成学科 教授)

 

 

【定員】各回50名(先着順)

【お申込方法】/お電話またはメールにて、「お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日」をお知らせください。

【お問合せ・お申込先】/京都光華女子大学 地域連携推進センター

TEL▶ 075-325-5259(平日9:00~17:00、土日祝及び学休日を除く)

MAIL▶ chiiki@mail.koka.ac.jp

 

(↑クリックすると拡大いたします)