ニュース

学生の活動

リアルタイムでの動作分析を初体験!

垂直跳びをしてみると…

健康スポーツ栄養専攻の中井ゼミの「卒業研究」の授業の一環として、オプティトラック・ジャパン株式会社様(http://www.optitrack.co.jp/)と株式会社スポーツセンシング様(http://www.sports-sensing.com/)にご協力いただき、動作分析のセミナーを行いました。セミナーでは、オートトラッキングの光学式モーションキャプチャ・システムのデモを行い、操作の仕方やデータ分析の手順について説明いただきました。私からは動作分析の基本的な考え方や仕組みを説明し、運動・スポーツ分野での応用について紹介しました。

実際にタイツを着て反射型の球体マーカーを装着し、垂直跳びや寝返りなど比較的簡単な動作を7台のLED搭載カメラで構成されるシステムで撮影すると、その動作がリアルタイムでPC上に表示されて自動的にデジタルデータとなり可視化され、その様子にゼミ生たちは興味津々でした。ゼミ生にとってこのような研究手法はこれまであまりなじみがなかったようですが、これを機会にバイオメカニクスに興味を持って卒業研究に臨んでもらえたらと思います。

(健康栄養学科・中井 聖)

あれ、あんまり跳べてない(笑)
リアルタイムでスティックピクチャー(棒人間)が表示されて…
瞬時にデジタルデータとなって分析されます。
どんな仕組みでデータが出てきたのか説明。こんな格好なので説得力ないですが(汗)