大学院

看護学研究科 看護学専攻 [修士課程]

高度な看護実践者、
教育・研究者を育成

高度な看護を実践し研究するスペシャリストへ。広い視点を持ち2つの分野を極めます。

学びのポイント

  • 学びPoint

    教学の理念として
    仏教精神を理解し、実践します

    仏教の精神による深い人間理解と現代の科学と社会の在り様に関わる死生観を学修。本研究科では、仏教精神を拠りどころとし、人の生老病死を深く支える看護実践者の育成を目指します。

  • 学びPoint

    「臨床療養看護学」「地域療養看護学」の
    2分野から選択します

    臨床療養看護学

    社会の構造や生活習慣の変化に伴い、疾病構造も大きく変化し、対象の生活を支える看護職は、重要な役割を担います。本分野では、科学的根拠に基づく臨床実践能力、看護サービスの質を高める教育・研究能力を育成します。

    地域療養看護学

    あらゆる年代のライフステージにおいて、質の高い生活を送るために、地域及び職域においての疾病予防活動、健康増進の推進活動を行う実践能力、研究・教育活動能力の育成を行います。

  • 学びPoint

    教学の理念として
    仏教精神を理解し、実践します

    仏教の精神による深い人間理解と現代の科学と社会の在り様に関わる死生観を学修。本研究科では、仏教精神を拠りどころとし、人の生老病死を深く支える看護実践者の育成を目指します。

  • 学びPoint

    「臨床療養看護学」
    「地域療養看護学」の
    2分野から選択します

    臨床療養看護学

    社会の構造や生活習慣の変化に伴い、疾病構造も大きく変化し、対象の生活を支える看護職は、重要な役割を担います。本分野では、科学的根拠に基づく臨床実践能力、看護サービスの質を高める教育・研究能力を育成します。

    地域療養看護学

    あらゆる年代のライフステージにおいて、質の高い生活を送るために、地域及び職域においての疾病予防活動、健康増進の推進活動を行う実践能力、研究・教育活動能力の育成を行います。

養成する人材

看護学の研究を通して、専門的分野における教育的研究能力、高度な看護実践能力の修得を目指します。

仏教の精神に基づき、人間の理解と援助者としての在り方を深く洞察し、誠意と謙虚な精神で行動できる看護実践者、教育・研究者

看護の実践を研究的に検証し、看護学のさらなる発展に寄与する人材

グローバルかつ学際的視点から研究的、創造的に看護の探究、エビデンスに基づいた援助技術の開発に参加できる人

働きながら学び方へのサポート

長期履修学生制度(3年コース・4年コース)

職業を有しているなどの事情により、標準修業年限2年を延長し、3年または4年で計画的に履修することができる制度です。2年の教育課程を3年または4年かけて履修していく方法で、2年分の学費を修業年数に応じて分割して支払うことになります。

奨学金制度(給付型)

看護学研究科の在学者で人物・学業ともに優秀として推薦のあった者には奨学金が給付されます。(但し、2年次まで。休学時は除く)

授業料
(2017年度)
1年次 2年次
入会金 ¥180,000
授業料 ¥650,000 ¥650,000
施設整備費 ¥250,000 ¥250,000
その他 費用 ¥13,400 ¥8,400
合計(A) ¥1,093,400 ¥908,400
奨学金(B) ¥390,000 ¥390,000
負担額(A-B) ¥703,400 ¥518,400
奨学金 2年間 総額 ¥780,000
学費 2年間 総額 ¥1,221,800

※なお、奨学金は入学後の申請となります。