大学

こども教育学科 幼児教育コース

子どもに寄り添い、
豊かな感性を育む保育者を目指す

幼稚園と保育園の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許取得を目指します。豊富な現場体験で実践力を養い、豊かな感性を育む人材を育成。

学びのポイント

  • 学びPoint

    「幼稚園教諭一種免許状」と「保育士資格」の取得を
    目指す

    認定こども園の開設や幼稚園における満3歳児保育の開始など、幼稚園と保育園の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許状を同時に取得することを目指します。丁寧なサポート体制で資格取得までを支えます。

  • 学びPoint

    子どもたちの豊かな感性を育む各表現領域を総合的に学習

    幼児期は人格形成や生きる力を培う上で非常に重要な時期です。音楽・造形・身体・言葉といった各表現領域を総合的に学習することで、子どもたちの豊かな感性を育むことのできる保育者を養成します。

  • 学びPoint

    理論を実践につなげる豊富な現場体験

    併設の光華幼稚園や近隣の協力園との連携のもと、早い段階から子どもたちと接する機会を設定しています。豊富な現場体験を通して実際の保育現場をしっかりと理解し、実践で生かせる力を身につけます。

  • 学びPoint

    「幼稚園教諭一種免許状」と「保育士資格」の取得を
    目指す

    認定こども園の開設や幼稚園における満3歳児保育の開始など、幼稚園と保育園の一元化への動きに対応できるよう、複数の資格・免許状を同時に取得することを目指します。丁寧なサポート体制で資格取得までを支えます。

  • 学びPoint

    子どもたちの豊かな感性を育む各表現領域を総合的に学習

    幼児期は人格形成や生きる力を培う上で非常に重要な時期です。音楽・造形・身体・言葉といった各表現領域を総合的に学習することで、子どもたちの豊かな感性を育むことのできる保育者を養成します。

  • 学びPoint

    理論を実践につなげる豊富な現場体験

    併設の光華幼稚園や近隣の協力園との連携のもと、早い段階から子どもたちと接する機会を設定しています。豊富な現場体験を通して実際の保育現場をしっかりと理解し、実践で生かせる力を身につけます。

取得可能な資格・免許状

幼稚園教諭一種免許状

保育士資格

小学校教諭一種免許状

社会福祉主事(任用資格)

授業紹介

乳児保育

乳児は手にしたものを何かに見たてて遊び、関わる大人に応えるようにうれしい気持ちを表します。そんな乳児の発達と育ちを支える保育方法を自ら考えることで保育者の役割を学びます。

保育内容Ⅲ(言葉)

子どもの言語習得には、言葉遊びや周囲とのコミュニケーションが重要です。絵本の読み聞かせなどを通して保育者自身の言語感覚を養成し、子どもの豊かな感性と表現力を育む方法を学びます。

子どもの食と栄養

子ども時代の食と栄養は、豊かな人間形成のために重要です。人体、栄養、食生活、食品、食育など多様な視点から保育の専門家として子どもの食事指導に必要な知識とスキルを身につけます。

実習の流れ

SWIPEしてご覧ください

1年次

ボランティア

地域の子育て支援の取り組みでもある
「光華こどもひろば」
などに参加し、子どもと触れ合います。

幼稚園教諭一種免許状

2年次6月 [1週間]

幼稚園教育実習Ⅰ(観察実習)

1週間の観察実習では、保育の流れや子どもの活動、保育者の援助などを理解します。

3年次9月 [3週間]

幼稚園教育実習Ⅱ(実践実習)

2年次までの学びを通して、教員・保育者としての自らの課題をはっきりと自覚した上で、幼稚園で3週間実践的な実習を行います。

4年次

ボランティア

幼稚園・保育所、認定子ども園などでボランティアを行います。

保育士資格

2年次 [2週間・10日間]

保育実習Ⅰ(保育所・施設)

2年次11月の保育所実習(2週間)では、より本格的な保育を体験します。2~3月には社会福祉施設で10日間の実習を経験します。

3年次 [2週間・10日間]

保育実習Ⅱ(保育所)または、保育実習Ⅲ(施設)

3年次11月に実施。保育所実習は2週間、施設実習は10日間行います。

1年次前期

プレ・インターンシップ

併設の光華小学校・光華幼稚園で授業参観を行います。

3年次〜4年次

インターンシップ

プレ・インターンシップの後、3〜4年次に幼稚園・保育所・施設などでのインターンシップを行います。授業で得た知識を実践と結びつけ、定着させます。

主な実習先

幼稚園教育実習Ⅰ(観察実習)2年次6月[1週間]

…大学との実習協力園
[京都府、滋賀県、大阪府など]

幼稚園教育実習Ⅱ(実践実習)3年次9月[3週間]

…学生の希望を考慮した実習園
[京都府、滋賀県、大阪府、その他学生の出身地での実習も可能]

保育実習Ⅰ(保育所)2年次11月[2週間]

…大学との実習協力園
[京都府、滋賀県、大阪府など]

保育実習Ⅱ(保育所)3年次11月[2週間]

…学生の希望を考慮した実習園
[京都府、滋賀県、大阪府など]

保育実習Ⅰ(施設)2年次2~3月[10日間]

…大学との実習協力施設(児童福祉施設など)
[京都府、滋賀県、大阪府など]

保育実習Ⅲ(施設)3年次11月[10日間]

…大学との実習協力施設(児童福祉施設など)
[京都府、滋賀県、大阪府など]

豊かな感性と実践力を育む体験

地域の親子との触れ合いを通して保育者に求められるスキルを修得

学内の保育実習室で毎月開催される「光華こどもひろば」※は、大学の中にある「子育て支援の現場」です。大学の授業と「光華こどもひろば」での活動を連動させることによって、授業の学びを「光華こどもひろば」ですぐに実践し、その反省・振り返りを授業の中で行うことができます。また、地域の親子との触れ合いを通して、保育者に必要な「豊かな感性」、「子どもを見る確かな目」、「優れたコミュニケーション能力」を磨くことができます。

※光華こどもひろばとは、地域子育て支援事業の一環と して定期的に開催している、地域の親子の集いの場。

保育者に必要な表現力を養う本学独自の授業―「保育内容Ⅴ(総合表現)」

保育者になるためには「健康」「人間関係」「言葉」「環境」「表現」の5領域の学びを深めていかなければなりません。さらに「表現」領域には「音楽」「造形」「身体」「言葉」の4領域がありますが、子どもたちの表現活動は総合的なものです。そこで本学ではそれぞれの領域を専門とする4名の教員が連携して「総合表現Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」の授業を行い、子どもたちと共に総合的な表現活動を展開することのできる感性、実践力を養う授業を開講しています。

実習を支えるきめ細かなサポート体制

学生にとって、学外での実習はこれまでの学びをさらに深める貴重な体験の場です。その実習をより実りのある時間にするため、幼児教育コースでは、学生一人ひとりに担当教員がつき、実習前から実習後までをサポートします。そして実習期間中は、学生のことを普段からよく理解している教員が実習園を訪問することによって、実習園の先生方との連携もスムーズに行うことができます。さらに実習後は、実習園の先生方を交えての実習報告会を行い、実習での学びを深めています。

光華幼稚園は本学と同じキャンパス内にあります。その近さを生かし、大学の授業時間内に幼稚園を見学し、大学の教室に戻ってその体験を振り返ることができます。現場と教室の近さが京都光華の魅力の一つです。また大学と幼稚園が密接に連携することによって、1年次から幼稚園のさまざまな行事(運動会や絵画展、毎月の地域開放イベントなど)にボランティアとして参加することができ、幼稚園で日々どのような保育が行われているのか、「保育の流れ」についても学ぶことができます。さらに学外実習の際には実習園の一つにもなります。

「幼稚園、保育園の先生になりたいけれど、ピアノに触ったことがない。大丈夫でしょうか?」毎年、多くの方からこのような質問をいただきます。本学では毎年入学生の約40%の方がピアノ初学者です。そのため、初学者でも卒業時には教育・保育現場で必要な幼児歌曲が弾けることを目標に、初学者のピアノ演奏技術向上に力を入れています。ピアノが得意な学生もさらなる高度な技術を習得し、豊かな表現力を身につけています。授業では、指導力豊かな複数の教員から習熟度に応じた丁寧できめ細かな指導を受けることができ、個人レッスンの時間も豊富に設けています。さらに授業以外にも自由に使えるレッスン室を27室完備しています。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

智原 江美 教授

子どもの心に寄り添う
保育者を目指しましょう。

授業で学んだ知識を基に、保育について理解を深めるための現場実践の機会を多く設けています。実習の事前事後では複数教員で指導するなど、細かなサポート体制をとっています。インターンシップなどの実践経験を通して、子どもに寄り添える保育者へと成長してもらいたいですね。

M.Iさん
京都府 私立花園中学高等学校出身

子どもと触れ合う中で
一緒に成長していきたいです。

授業ではグループワークや発表が多く、将来に直結した知識や技術が身につきます。ピアノは初心者ですが、補習講座やマンツーマン指導、練習施設が充実しており、とても心強いです。ボランティアやインターンシップなど園児と触れ合う実践経験を積み、将来は子どもの成長を一緒に喜べる先生になりたいです。