京都光華女子大学 

 

 利用案内 保健室だより 定期健康診断 健康相談 応急処置 健康診断証明書 大学生活 談話室

 

 保健室だより 〜 秋季号〜 ■ 

 

  ドライアイに気をつけよう!

〜身近な環境の影響から、「ドライアイ」のある人が増加しています。〜

 

「ドライアイ イ...」の画像検索結果

◎症状

涙の量が減ったり、涙の層が安定しなくなることで起こります。

○目が渇く ○目がゴロゴロする ○目が疲れる ○目が痛い ○目がかすむ

 

 

◎原因

 

涙の量が減る @涙の量が減る原因は加齢です。涙の水分を分泌する涙腺の働きは、年齢とともに衰えてきます。

           Aパソコン、エアコン、コンタクトレンズは「3つのコン」と呼ばれるドライアイの三大要因です。

 

油の分泌不足 @涙が蒸発しやすくなります。油を分泌する腺は上下のまつげの生え際にあります。

まつ毛内側の化粧などにより分泌腺がふさがれる場合があります。

 

 

対策

 

●「3つのコン」対策

パソコンを使うときは、意識的にまばたきをし、涙の分泌を促しましょう。

エアコンは風が目に当たらないようにして、加湿器を使って部屋の湿度50%程度に保

ちましょう。

コンタクトレンズは、使用時間を短くして眼鏡と併用しましょう。

 

ストレスをためない

涙は緊張すると出にくくなるといわれているので、できるだけストレスをためないよう

にしましょう。

 

適度な運動を行う

運動をするとドライアイの症状が軽くなるという報告があります。

 

まぶたを温める

涙の油の成分が分泌されやすくなるため、ドライアイの予防効果があるといわれていま

す。

 

バックナンバー


 

京都光華女子大学 保健室

京都市右京区西京極葛野町38

TEL     (075)325-5313

FAX     (075)325-5313

E-mail jh@mail.koka.ac.jp 

 

 

戻る