京都光華女子大学 

 

 利用案内 保健室だより 定期健康診断 健康相談 応急処置 健康診断証明書 大学生活 談話室

 

 保健室だより ■ 

  

 

 

水分補給をして脱水症状や熱中症を予防しましょう!

 

 

 

猛暑が続き、熱中症患者や脱水症状になる人が年々増加しています。

「太陽 イラスト」の画像検索結果のどが渇いたときはすでに脱水が始まっています。のどが渇く前にこまめに水分補給をして、脱水症状や熱中症を防ぎましょう。

 

 

 

○水分補給の効果

 

 

こまめな水分補給を心がけると、熱中症や脱水症状を予防する他にむくみや、冷え、便秘の解消、疲労回復、肌を潤すなど様々な効果があります。一度に多くの水分を飲んでも体内に吸収されないので、意識的にこまめに少しずつ水分を摂るように心がけましょう。

 

 

細胞に酸素や栄養を運ぶ

 

水分をこまめに飲むと体内を循環する血液量が増えて、酸素、栄養、ホルモンなどが体のすみずみまで供給され、老廃物や余分なミネラルなどが回収されます。

 

 

老廃物を排出する

 

体を巡る血液やリンパ液によって、全身から回収された老廃物は尿として体外に排出されます。

 

 

胃腸を刺激して便秘を解消する

 

空腹時の冷たい水は胃を刺激し、腸のぜん動運動を促進するため、便秘の解消効果があります。また便を柔らかくし腸内を通過しやすくする効果もあります。

 

 

血行を良くして代謝アップ

 

炭酸水には血行が良くなり、むくみや冷えなどの解消、脂肪燃焼、疲労回復を早める効果があります。

 

 

 

○熱中症、脱水症状の予防のための水分補給

 

 

●入浴前後にも水分補給を

●就寝前と起床時にコップ1杯の水を

「熱中症 イラス...」の画像検索結果●エアコンの乾燥にも注意!

●多量に発汗した時は、水分補給と同時に塩分の補給も

●飲酒後の水分補給は十分に

 

 

意識的に水分補給をし、体内の水を保ち脱水症状や熱中症を予防しましょう。

 

 

バックナンバー


 

京都光華女子大学 保健室

京都市右京区西京極葛野町38

TEL     (075)325-5313

FAX     (075)325-5313

E-mail jh@mail.koka.ac.jp 

 

 

戻る