京都光華女子大学 

 

 利用案内 保健室だより 定期健康診断 健康相談 応急処置 健康診断証明書 大学生活 談話室

 

 保健室だより  ■ 

スマホ姿勢による体の不調を解消しよう!

 

 

 

 

うつむいてスマートフォンの小さな画像を長時間見続けていると、猫背になったり、両肩が内側に丸まったスマホ姿勢になりやすくなります。このスマホ姿勢により体に様々な不調が起こってきます。

 

 

 

「肩こり イラス...」の画像検索結果

 

スマホ姿勢を続けると…

 

 

肩こり体のだるさなどの症状を招きやすくなります。

 

 

○首の生理的なカーブが失われ、ストレートネックになることがあります。

 

 

ドライアイ視力低下などを引き起こす可能性もあります

 

 

 

 

 

「体操 イラスト」の画像検索結果◎対策◎

 

 

○スマホの使用時間を減らす。

 

 

○操作を途中で中止して体を動かす。

 

 

○体幹の筋トレや背筋を伸ばす体操をする。

 

 

 

 

多くの肩こりは、生活習慣や姿勢を改善したり、肩こりを改善する体操をすることで症状を軽減できます。1時間に1回は立って伸びをしたり歩いたりなどの対策をしましょう。

 

バックナンバー


 

京都光華女子大学 保健室

京都市右京区西京極葛野町38

TEL     (075)325-5313

FAX     (075)325-5313

E-mail jh@mail.koka.ac.jp 

 

 

 

戻る