京都光華女子大学 短期大学部 ライフデザイン学科 学生ブログ 高校生「夢」デザインコンクール表彰式にスタッフとして参加しました ライフデザイン学科1年 M.H

学生ブログ

高校生「夢」デザインコンクール表彰式にスタッフとして参加しました ライフデザイン学科1年 M.H

729日(土)ライフデザイン学科が主催する、第4回高校生「夢」デザインコンクールの表彰式が行われ、私は学生スタッフとして参加しました。このデザインコンクールは、地方からの応募も大変多く、表彰式には名古屋や新潟など遠方から来られた方もいました。





受賞作品には、高校生ならではの自由な発想やおもしろいデザイン、素材を生かしたものやこだわりがたくさんあり、受賞コメントでは、どのようなコンセプトで制作したのか、受賞者それぞれのデザインコンクールにかける思いが伝わってきました。受賞した高校生の中には、受賞したことを喜んでいる人もいれば、自分の思っていた賞が取れず悔しそうにしている人もいました。作品に自信を持っているからこそうれしいし、また悔しい気持ちになると思うので、自分の考えをデザインとして表現することはいいことだなと感じました。


実際にスタッフをして、自分がどう動けば見ている人に分かりやすいか、もっと先のことを考えて行動しないといけないことがよく分かりました。また、当日に受賞者が欠席になるなど、本番になってみないと分からないことが多々あり、予想していなかったことにも対応できるようになりたいと思いました。





今回、このようにデザインに対する作り手のいろいろな想いを見たり知ることができて、デザイン分野の授業を受けている私としてはとても良い経験になりました。高校生の皆さんに負けないように、今後も感性を磨いていきたいと思います。来年もこの「夢」デザインコンクールに多くの高校生が応募し、たくさんのデザインに出会えることを楽しみにしています。




先生のコメント

実は、表彰式を実施するのは今回が初めてで、おまけに会場は外部の書店ということもあり、いったいどれくらいの受賞者に出席してもらえるのか、スペースは充分なのかなど、我々もまったく予測の立たない中で準備を進めていました。その中で、君たちがスタッフとしていろいろなことをサポートしてくれたおかげで、和やかな表彰式を実施することができました。ありがとう。

ライフデザイン学科は、教員と学生が力を合わせていろいろな取り組みをしていく伝統があります。今後もさまざまな活動に参加して成長してくれることを願っています。