京都光華女子大学 短期大学部 ライフデザイン学科 学生ブログ ハワイからブレンナ先生が来てくれました ライフデザイン学科1年 S.Y

学生ブログ

ハワイからブレンナ先生が来てくれました ライフデザイン学科1年 S.Y

11月24日(金)「プレゼンテーション概論」の授業で、客員教授のアンジェラ・ヒロコ・ブレンナ先生にお越しいただき、ハワイでの活躍を話していただきました。


ブレンナ先生は日本の方ですが、ハワイで不動産業を営んでおられます。とても話しやすく、明るく笑顔がステキな先生でした!質問タイムでみんなが気になるのはやっぱり、「英語はどうしたらネイティブみたいに話せるのか」。私もすごく気になりました。いくら練習しても、なかなか上達しません。でもペラペラかっこよく外国の方と話したい!




先生の答えは…「身近なものにも英語を使った方がいい」でした。例えば、「これはリンゴです。This is an apple.」(私の例です)普段の会話を少しでも英語で話せば、今よりも話せると教えていただきました。


そして、もう1つは「本場の英語を聞くこと」。当たり前のようですが、できていないから話せないんだと分かりました。洋画でも日本語吹き替え版で観ずに英語で観る。簡単そうですが、つい日本語に変えてしまいます。そういうコツコツとした積み重ねで、英語が今よりも話せるのだと教えていただきました!




この授業では、学生たちがプレゼンをするコーナーもあり、今回はブレンナ先生の前でプレゼンテーションをしました。実は、1番たくさん話していたのは私でしたが…(笑)。恋愛について悩んでいることを話しました。それに対して、本当におもしろいコメントをしてくださり、ビックリしました(笑)。大人の女性の考え方を教えていただき、たいへん勉強になりました。


 


また日本に来られたとき、お会いしたいと心から思いました。本当にステキな先生でした!





先生のコメント

「プレゼンテーション概論」では、プレゼンテーションの知識を学び、それを実践することでプレゼンテーション上級者を目指しています。そんな授業に参加してくる学生たちは、みんなとっても積極的です。

この日はハワイからアンジェラ・ヒロコ・ブレンナ客員教授が、学生のプレゼンを聞いてそれぞれにコメントをくださいました。特にS.Yさんは、自分の身近に起こっているホットなできごとを紹介し、臨場感と共感を生むプレゼンをしてくれました。それに対してブレンナ先生は、180度発想を転換できるようなアドバイスをしてくださいましたね。その後の晴れ晴れとしたS.Yさんの表情が印象的でした。これからも楽しい授業を期待してください。