2017年度

不動産の各種取引について学びました

2017年11月15日

学生の中でも、地方出身者で、マンションやアパートで独り暮らししている学生は多いと思います。
1年生の入学前、マンションに入るときに「敷金」「礼金」というのを払ったのを覚えていますか?
敷金とはいわば保証金のようなもの。どんな人が部屋を借りるか分からないので大家さんはこの敷金を保証金代わりに受け取ります。
そして、礼金は、文字通り、「貸してくれてありがとう」のお金。このお金は戻ってきません。

賃貸マンション・アパートは、まだまだ単純な手続きで済みますが、これが分譲マンションや一戸建て住宅になると、手続きは結構複雑です。

今回は、このような不動産の貸し借りに関する様々なルールについて学びました。