2018.02.13

「光華子育て支援かがやき隊」が京都市から表彰を受けました

25日(月)に本学こども教育学科の学生による学内外の子育て支援活動団体「光華子育て支援かがやき隊(指導担当:和田幸子准教授)」が地域の子育て支援の取り組みを高く評価され、「京都はぐくみ憲章※」の「はぐくみアクション賞」を受賞、表彰されました。

本学の「光華子育て支援かがやき隊」は、大学内で未就園児親子の集う「光華こどもひろば」やおもちゃ講座・おたのしみ劇場などの特別企画を開催したり、学外の右京区ふれあいフェスティバルなどのさまざまなイベントに参加したりしています。今回、そうした学内外の子育て支援の取り組みや地域住民との交流が高く評価され、平成29年度の憲章実践推進者として「はぐくみアクション賞」に表彰されました。表彰式では、プレゼンターの門川 大作 京都市長から代表学生が緊張した面持ちながらもしっかりと賞状を受け取りました。

「光華子育て支援かがやき隊」が開催している「光華こどもひろば」は子どもたちだけでなく、子育て世代同士が交流できる機会にもなっております。開催日時は本学こども教育学科のオリジナルHPに掲載しておりますので、ぜひご参加ください。
http://www.koka.ac.jp/child/news/842/

※京都はぐくみ憲章とは
京都には「地域の子どもは地域で育てる」という思いのもと、子どもを社会の宝として未来に託してきたという人づくりの伝統があります。「京都はぐくみ憲章」とは、そうした伝統を京都の誇りとして継承していくために、平成19年に制定された京都市の憲章のことで、その実践のために先進的・ユニークな活動に取り組んでいる団体を「憲章実践推進者」として毎年表彰しています。