光華選書

ホーム > 刊行物 > 光華選書

光華選書6 |平成22年(2010)3月

光華選書6

自照社出版発行 (2400円/201p/19cm)

タイトル:日本の宗教と文化―陰陽師、勧進聖らの担った民俗信仰―

著者:児玉 允・根井 浄・木場 明志・加藤 基樹・豊島 修・根井 浄

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
自然崇拝と霊魂崇拝 児玉 允
山中他界と海洋他界 根井 浄
巫術・占術・呪術―陰陽道の歴史― 木場 明志
苦行と滅罪 加藤 基樹
作善と勧進 豊島 修
神と仏―神仏集合―  根井 浄

海と山に囲まれた自然の中で培われた、日本人の罪業意識や浄土への憧憬―。 庶民の生活に密着した宗教文化の諸相を、陰陽道の実際、勧進聖の活動、 熊野信仰、神仏習合などの動向によって窺う講演録集。 (本書帯より)

光華選書5 |平成20年(2008)3月

光華選書5

自照社出版発行 (2000円/201p/19cm)

タイトル:ブッダのことばから浄土真宗へ

著者:荒牧典俊

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
序章
・インド大乗佛教から浄土真宗へ
・インド大乗佛教から浄土真宗へ一貫する究極の真実

第1章
・ブッダのことば
・ゴータマ・ブッダの原体験とは
・ブッダのことばに学ぶ
・原始佛教から大乗佛教へ

第2章
・大乗経典運動の起源
・佛像の出現と大乗経典運動
・大乗佛教哲学の成立

第3章
・浄土思想の展開
・浄土はどこにあるか
・親鸞聖人の根本の宗教体験
・曇鸞大師と親鸞聖人

原始佛教から浄土真宗へいたる佛教思想史を見渡し、
佛教者の宗教的根本転回こそが佛教のエッセンスであること、
現代において、それを実現する「浄土」の必然性を説く。 (本書帯より)

海と山に囲まれた自然の中で培われた、日本人の罪業意識や浄土への憧憬―。 庶民の生活に密着した宗教文化の諸相を、陰陽道の実際、勧進聖の活動、 熊野信仰、神仏習合などの動向によって窺う講演録集。 (本書帯より)

光華選書4 |平成22年(2010)3月

光華選書4

自照社出版発行 (2400円/201p/19cm)

タイトル:仏教思想の奔流―インドから中国・東南アジアへ―

著者:早島理・木村宣彰・太田清史

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
大乗仏教の人間観―瑜伽行唯識学派を中心に― 早島理
仏教の伝来と受容―中国仏教の成立― 木村宣彰
上座部仏教の成立から現代の南方仏教 太田清史

平成14年度の光華セミナー『仏教の人間観Ⅰ』の講録。 釈尊入滅後、インドから中国さらに南方へと、 仏教の真髄を求めた、様々な僧団の思想形成の実相を探る。(本書帯より)

光華選書3 |平成18年(2006)3月

光華選書3

自照社出版発行 (2000円/278p/19cm)

タイトル:宗教の相貌―民族と宗教を考える―

著者:近藤十郎・畠中光享・延塚知道・小田淑子・小野田俊蔵・加島祥造

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
第1章 キリスト教―民族宗教から世界宗教へ― 近藤十郎
第2章 ヒンドゥー教―ヒンドゥーの神とその造形― 畠中光享
第3章 浄土教―人間とは何か― 延塚知道
第4章 イスラーム教―帰依と律法― 小田淑子
第5章 チベット仏教文化の拡がり―チベット・モンゴル― 小野田俊蔵
第6章 タオイズムについて 加島祥造

平成12年度に『宗教と教育Ⅰ』をテーマに開催した「光華セミナー」の 講録を、1冊の本としてまとめました。 「凡人ゆえの戒律か、凡夫ゆえの念仏か――。
宗教は人間をどう捉え、どこへ導こうとしているのか。 人間と宗教のあり方を問う。」(本書帯より)

光華選書2 |平成13年(2001)4月

光華選書2

自照社出版発行 (2400円/256p/19cm)

タイトル:生老病死の教育観 仏教と心理療法

著者:太田清史・岩宮恵子・阿満利麿・老松克博

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
第1章 現代のライフサイクルと仏教の死生観 太田清史
第2章 子どもと異界 岩宮恵子
第3章 仏教の性愛観 阿満利麿
第4章 中年期の諸問題と仏教 老松克博
第5章 死を超える 阿満利麿
第6章 真宗の死生観 太田清史

平成10、11年度「光華セミナー」の講義のうち、6回の内容を編集した1冊。 「現代人の心理的な病理に仏教者・臨床心理士はいかに取り組んでいるのか―。 仏教の人間観をふまえて、心理療法に新たな視点を提言する。」(本書帯より)

光華選書1 |平成11年(1999)11月

光華選書1

法蔵館発行 (2600円/217p/19cm)

タイトル:日本史の中の女性と仏教

著者:吉田一彦・勝浦令子・西口順子

Amazon

*一般書店でもご購入いただけます

目次:
第1章 女性と仏教をめぐる諸問題 吉田一彦
第2章 『日本霊異記』を題材に 吉田一彦
第3章 古代の尼と尼寺 勝浦令子
第4章 女性の出家と家族関係 勝浦令子
第5章 尼と「家」 西口順子
第6章 真宗史のなかの女性 西口順子

平成9年度に光華ホールにて開催された、「光華セミナー」 『女性と仏教II』 の講義をまとめた1冊。「女性の立場からみた仏教の歴史的実像を新進気鋭 の学者が鮮やかに解明」(本書帯より)

お申し込み・お問いあわせ

pagetop