京都光華女子大学 健康科学部 医療福祉学科 社会福祉専攻 ニュース 「そらいろプロジェクト京都」の赤松理事長にご講演いただきました!

ニュース

「そらいろプロジェクト京都」の赤松理事長にご講演いただきました!

椅子にじっと座れない、
バリカンの音が苦手といった障がいのある子ども達。

 

どう接していいかわからず、
ハサミが危ないから受け入れができずにいるお店。

 

この2つの距離は、誰かが縮めていかないと、
ずっと広がったままです。

 

赤松さんは、障がいのことや行動分析アプローチを学ばれ、
プロのカットの技術と融合し、
実際にカットできる例をたくさん作っていかれました。

 

そして、理解者を増やすためには、
視覚に訴えることもとても大切です。

そのために、多田さんが大活躍です。
イラストレーターの腕を存分にふるい、
戦隊もののヒーローや絵本、子どもが喜ぶシールなど、
次々に生み出していかれました。

 

とっても福祉的な活動をされているのは、
実は、ソーシャルワーカーではない方たちでした。

 

暮らしをよくする実践は、
ソーシャルワーカーの専売特許ではありません。

古うしたプロフェッショナルな人たちが、
持てる技術を少し福祉のために活かすことで、
実は、できることはとても大きいです。

我々ソーシャルワークを学ぶ立場の者も、
プロフェッショナルがどのように実践を広げてこられたか? をむしろ学び、そこに、どう絡んでいけるのだろうか? と自問自答しなければならないと考えさせられました。

 

これからも誰もが理美容を楽しめる社会を目指し、
是非、邁進していってもらいたいです!
どうもありがとうございました。