トップページ > 自粛中に私たちができること ~皆さまからのメッセージ~

自粛中に私たちができること ~皆さまからのメッセージ~

2020.05.26

こんにちは、地域連携推進センターです。

5月12日に簡易防護服製作のご協力を呼びかけ、多くの方から続々と届けられました。

5月22日にいったん締切、学園内で週末に向けて再度ご協力のお願いをしました。

おかげさまで当初目標の500着を超え、600着以上集まっております。

皆さま、本当にありがとうございます。

 

開始して間もなく
園児からのかわいらしいイラストや素敵なメッセージ付きで届けていただくこともあり、
センター職員もたびたび感動しました。
これらのメッセージもお医者様にお渡しします。
郵便では、沖縄県、埼玉県等府外遠方からも寄せていただきました。
また一般の方から「ウェブサイトを見て作りました」と守衛室に届けていただくなど、
1着ごとに込められた皆さまのお気持ちに心から感謝しております。

幕末のコレラやスペイン風邪が流行したときはどのように乗り越えたのか想像できませんが、
今までに類を見ない状況下で私たちができることは何か。

 

できるときに、できることをできる人がやって、
お互い(困っているところ、ひっ迫しているところ)に助け合う気持ちを持ち続けたいと思います。

 

緊急事態宣言は解除されたものの、今までの暮らし方では生き残れず、

今後は、ますます環境に適応していくことが求められるとも考えます。

新型コロナウィルス感染症の治療薬や予防ができる環境になるまでは、

不要不急の外出を極力控え、感染を拡大させない取組にも協力する姿勢が依然として必要です。

しかしながら活動が制限されるからといって、あらゆる計画や活動を縮小するのではなく

感染症から身を守る術や知恵を日ごろから持つ意識も持ち続けていたいです。