トップページ > 北海道私立中学校・高等学校にて出張講義を行いました

北海道私立中学校・高等学校にて出張講義を行いました

2014.09.02

kodai03 kodai04

 

9月2日(月)、本学環境教育推進室長の高野拓樹准教授が北海道の私立中学校・高等学校で出張講義を行いました。

まず、中学3年生を対象に環境問題に関する講義「終末時計がまた進んだ~核だけではない、環境問題も理由のひとつ」を行いました。
本講義では、世界中で起こっている環境問題について多くの映像や写真を見せながら解説しました。特に、高野准教授自らが昨年と今年に取材をした「海に沈みゆく国キリバス共和国」と「砂漠化に苦しむ内モンゴル自治区」の説明では、中学生は皆、驚きの表情を浮かべながら講義に聴き入っていました。

 

次に、高校1年生と2年生を対象にキャリア教育に関する講義「限界領域の拡大、自分の壁を打ち破れ」を行いました。
本講義も高野准教授自らが大手自動車メーカーで研究していた頃の経験や、現在の大学における教育・研究のお話をもとに、高校生の頃から社会人基礎力を身につけることがいかに重要であるかを説明しました。
さまざまな経験から発せられるリアルな言葉に、高校生の皆さんは自分の将来を思い浮かべながら真剣に話を聴いている様子でした。

講義を聴いてくださった生徒の皆さんが、今回の話を何かの機会に思い出され、少しでも進路決定や日々の生活に役立てていただければ幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です