トップページ > 2019年度 京都光華文化講座開催のご報告

カテゴリー:お知らせ

2019年度 京都光華文化講座開催のご報告

2019.09.20

本講座は、キャンパスのある京都を出て、各地にて本学の日頃の教育活動の一端を披露することを目的として、平成28年度より始まりました。

9月13日は、京都アカデミアフォーラムin丸の内(東京都)にて、本学キャリア形成学部の佐滝 剛弘教授が、

「知られざる近代遺産の町、京都~世界遺産の陰で存在感を示す明治以降の貴重な文化財~」というテーマで

講座を実施いたしました。

京都には、観光客が殺到するような有名な寺院ではなくても、大学のキャンパスに残っている西洋建築、

個人の邸宅、銀行や駅舎、発電所など、明治以降に建てられた独特な建築物が多数あり、

そういった角度から眺めた京都という町のもうひとつの魅力をお伝えする講演となりました。

講師自身が実際に足を運んで撮影したたくさんの写真をご覧いただきながら、ひとつひとつの建築物のもつ歴史や

エピソードをご紹介し、これからの季節にぴったりな京都の穴場の紅葉スポットなどの披露もありました。

金曜日の晩という忙しい時間帯にもかかわらず、多くの方にご参加いただきました。

質疑応答の時間には何名かの参加者に積極的にご発言いただいたり、お帰りの際には「大変有意義で参考になる

お話でした。」とのご感想をいただいたり、楽しんで盛り上がっていただけた90分でした。

9月14日(土)は、真宗大谷派金沢東別院にて、前日に引き続き、佐滝 剛弘教授が、

「地域の隠れた文化に光を当てる~登録有形文化財から考える金沢とその周辺の隠れた魅力~」というテーマで

講演いたしました。

前日同様、京都の近代遺産のお話に加えて、会場の金沢市内やその近郊の小都市にも数々の文化遺産があり、

中でも「登録有形文化財」にスポットを当て、講師が当日の朝に撮影して回ってきた撮れたての写真を

ご覧いただきながら、地域に密着した興味深い建築物をご紹介しました。

銭湯だったものがカフェとして営業していたり(京都)、たばこ工場だったものが図書館になっていたり(金沢)、

元々の利用目的とは違う利用目的で現在も私達のすぐ身近に生き続けている建築物は、

本当にたくさんあるようで、これから町を歩く時にワクワクする内容でした。

金沢会場では、富山からお越しになった方がいらっしゃったり、当日飛び込みでいらっしゃったり、

参加された皆様には非常に熱心に聴講していただけました。

両会場それぞれにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

今後とも、このような出張公開講座を続けられるよう努めますので、

お住まいやお勤め先のお近くに参りました際は、是非お気軽にご参加いただければ幸いでございます。

2019年度 京都光華まちづくり講座【第3回】開催のご報告

2019.08.20

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は、全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて、健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第3となった「備えあればうれいなし~是非、知っておきたい”災害時の食”のこと~」(8月10日開催)では、

講師に細井 佳代子先生(日本栄養士会災害支援チーム、管理栄養士、本学非常勤講師)をお招きし、

過去の事例をもとに、日頃からの「災害時の食の備え」と「備え方のポイント」についての講義や、

ライフラインが止まった際に利用できる調理法「家庭版真空調理 パッククッキング」を実演を交えて

わかりやすく紹介していただきました。

 

当日は、連日の猛暑も影響し、キャンセルされる方もありましたが、28名の方にお越しいただきました。

今回は、30~40歳代の方も多く、大変幅広い世代の方にご参加いただきました。

 

前半は、災害時の備蓄食について、具体的な知識を深めました。

自らの安全は自ら守るのが防災の基本であり、平常時から災害に備えて各家庭や事業所などにおいて

災害発生から3日分以上(7日分以上が望ましい)の食料、飲料水及び生活必需品などの備蓄(市民備蓄)を、

京都市では推進しているとのことです。

発災~3日目は、加熱なしでそのまま開封して食べられるような非常食・災害食、

4~7日目は、栄養バランスを考慮しつつ、好みの味やあたたかさを感じられるような災害食+保存食・備蓄食、

1~2週間目以降は、不足栄養を補う備蓄食品といった、

段階に応じた食品の備えが必要であるということを学びました。

飲料水以外にも必要な水の確保の大切さも知りました。

そして、各家庭での具体的な1週間分の備蓄リストの作成方法も教えていただきました。

 

後半は、「パッククッキング」の実演を行っていただきました。

パッククッキングというのは、材料を切ってビニール袋に入れ、空気を抜いて真空状態にし、鍋で20分ほどで煮るだけで簡単にできる調理法のことです。

ひとつの鍋で多種の料理が一度にでき、洗い物も出ず、何回も水を使える、まさに災害時に有用な調理法です。

何品かレシピもご紹介いただき、参加者の方は質問なさったり、熱心にメモを取ったりしていらっしゃいました。

 

今回の講座を通して、災害への備えは、一人一人が準備し、地域のみんなで取り組んでいくことが大切だということを改めて気づかされました。

まずは、自分から始めて、家族や知人にも広めていこうと思いました。

 

 

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年度 産官学連携プロジェクトb おいでやす食堂(7/19)

2019.07.25

本年度産官学連携プロジェクトbクラスでは、京都市右京区西院にある高齢者福祉施設「西院」様と連携し、施設ご利用者様と一緒に野菜を育て、収穫した野菜を同施設が月1回開催している「おいでやす食堂」というこども食堂の食材として提供し、あらゆる世代の地域の方々との交流を通じ、施設と学生と協働で地域活性化・地域貢献に努めています。

 

7月19日(金)に開催されたおいでやす食堂は、雨の影響もあったのですが、103名の近隣にお住まいの方がお越しになりました。

今回は、残念ながら、最近日照時間が少なかったことと、当日雨天だったため、施設の屋上菜園で育てている野菜を収穫することはできませんでした。

 

おいでやす食堂は、こども食堂といっても、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の地域の方が、気軽に集い、つながりが生まれる場となっています。

毎月第3金曜日に、大人300円・高校生以上の学生200円・中学生まで無料で、とっても美味しいカレーライスやサラダなどをいただきます。

到着して、まず、カレーライスを各自で好きなだけたっぷりお皿によそって、サラダなどの小鉢、飲み物をトレーに乗せて、テーブル席か座敷の好きな場所でいただきます。

食事が済んだら、おしゃべりはもちろん、定年退職後ボランティアをなさっている方が教えてくださる知恵遊びをしたり、絵本ボランティアさんが持ってきてくださっている愉快な絵本を読んだり、真剣勝負でオセロをしたり、それぞれ自由に交流して過ごします。

 

その後も、ボランティアの学生と近所に住む常連のこども達が一緒にたこ焼き器で焼いたベビーカステラが出てきたり、その月にお誕生日を迎える子を祝うためのローソクがついた大きなホールケーキが出てきたり、アイスクリーム、ポップコーン…と、次々に嬉しいデザートが提供されます。

あたたかく楽しい時間はあっという間に過ぎ、「また来月な~」と皆様一様に満足されたお顔でお帰りになりました。

当日、初めておいでやす食堂に緊張しながら参加した学生も、おいでやす食堂に集う方々のあたたかさに触れ、一回り頼もしくなって帰路につきました。

行く側も迎える側も、あらゆる立場の方がみんなで作り上げている素敵な「居場所」が、そこにありました。

 

***************************************************

いつもお世話になっている西院の職員の皆様、ボランティアの皆様、地域の皆様、ありがとうございました。

今後とも、ご指導とお力添えを賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2019年度 京都光華公開講座【第2回】開催のご報告

2019.07.16

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、

地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

2019年度京都光華公開講座【第2回】となった「AI(人工知能)・ロボットは人間の仕事を奪うのか?」

(7月13日開催)では、本学キャリア形成学科阿部 一晴教授が、

最近話題のAI(人工知能)はどこまで進化するのか、私たちの暮らしはどう変わるのかについて、講演しました。

 

当日は、66名の方がお越しになりました。

今回は、公開講座によくご来場いただく70歳代以上の方だけでなく、小学生の男の子とお母様の親子連れや、30~40代の会社員の方に多数ご参加いただき、世代を越えて沢山の方がAIに関心を持って学びにいらっしゃいました。

 

前半は、AIの仕組みや正しい知識に関する講義でした。

後半は、自動化による職業への影響について、アメリカやドイツの学者・研究者の論文や、よりわかりやすい経済誌の分析に基づき考察しました。

結論としては、AIは1人の人間の職業を完全に奪うという事は現時点では考えにくいが、1人の人間が抱えている職務(業務)の中のいくつかはAI技術に代替されていくということです。

人間は人間にしかできない力(例えば統率力・共感力・判断力など)を伸ばしつつ、人間とAI技術が対立するのではなく、共存・役割分担することで、社会を発展させていくことができるのだそうです。

 

終了後のアンケートには、「大変勉強になった」「是非第2弾を開催して欲しい」とのご意見を沢山頂きました。

貴重なご意見として、今後の講座開催の参考にさせていただきます。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年度 京都光華まちづくり講座【第2回】開催のご報告

2019.07.02

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は、全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて、健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第2となった「”子ども”も”おとな”もゆたかに生きる社会に」(6月29日開催)では、

講師に山田 宗寛先生(児童養護施設「小鳩の家」施設長、社会福祉士、本学非常勤講師)をお招きし、

豊富な現場経験から、実際の制度や施設の姿の紹介を交え、子どもの発達や地域福祉で大切になることを

ご講演いただきました。

 

当日は、前日の雨の影響でお足元が悪かったことも影響し、キャンセルされる方もある中、20名の方にお越しいただきました。

今回は、小学生のお子様のいらっしゃるお母様だったり、地域のボランティアで子どもと関わっていらっしゃる方だったり、地域の福祉のお仕事をされている方だったり、今回のテーマに日常で関係されている方にも多数ご参加いただきました。

 

山田先生が以前お勤めだった障がい児施設や、現在施設長をされている児童養護施設での具体的でリアルかつ心温まるエピソードを紹介していただきながら、先生の目指される地域福祉について、わかりやすくお話しいただきました。

 

―「おめでとう」と生まれきて、「ありがとう」と看取られる。

―地域でのつながりは「ありがとう」という言葉になっていく。

”気づく力”が地域力です。

 

この2つの先生のお言葉が、大変印象的でした。

子どもも大人も、一人ももれることなく「生まれてきてよかった」と思える地域・社会の実現は、そんなに気負いすることではなく、今目の前にいる人に気づき、話しかけ、関わっていくことがスタート地点なのではないでしょうか。

日々、実践してまいりたいと思います。

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年度 京都光華公開講座【第1回】開催のご報告

2019.06.13

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、

地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

2019年度 京都光華公開講座【第1回】となった「偶然の出来事と臨床心理学」(6月8日開催)では、

本学心理学科今西 徹准教授が、偶然の出来事をどう受け止め、活かしていくかということについて、

臨床心理の視点から考察する講演を行いました。

 

当日、講演前まではなんとか雨が降らず、85名の方がお越しになりました。

ユング派分析家として著名なジョセフ・キャンブレイ氏や河合 隼雄氏の事例や文献などを紹介しながらの、

専門性の高い講演となりました。

 

「大変興味深いので、もっと詳しく知りたい」というご感想をいただいたり、

「難しかったので、質疑応答の時間が欲しい」というご要望をいただいたり、

たくさんのご意見を参加者の方々からいただきました。

貴重なご意見として、今後の講座開催の参考にさせていただきます。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

光華こどもひろば5/29(水)

2019.05.31

「光華こどもひろば」は、周辺地域在住の未就園の親子を対象に、実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんでいただける時間を提供しています。

5月29日(水)は、晴天に恵まれたこともあり、たくさんのお子様と保護者様にお越しいただきました。

リピーターの馴染みのお顔がたくさん並ぶ中、葛野大路五条の交差点に掲示している光華こどもひろばの特大ポスターをご覧になって、初めて遊びに来てくださった方もいらっしゃいました。

 

最初の1時間は、自由遊びの時間です。

滑り台に上ろうと一生懸命の子を応援したり、蛙のおもちゃを跳ねさせる方法を教えたり、学生も一緒に楽しく遊びます。

遊びながら生まれる何気ない子育てにまつわる保護者との雑談も、学生にとっては大いに刺激と学びになります。

残りの30分間は、学生による手遊び歌と絵本の読み聞かせが行われます。

今回は、手遊び歌「お寺の和尚さん」から始まり、絵本「どろんこおばけ」と「はらぺこあおむし」の読み聞かせがあり、最後に「キャベツの中から」の手遊び歌でした。

特に、「はらぺこあおむし」では、カラフルなあおむしの指人形とそれが通っていくおいしそうな食べ物の穴に、こどもたちみんなが興味津々で、大人気でした。

お帰りの際には、毎回、学生お手製の折り紙のお土産があります。

今回は、色とりどりのお魚でした。

お子様たちは、それを大事そうに片手に握りしめて、もう片方の手を保護者に引かれ、「またね、ばいばい」と帰っていきました。

入場無料・申込不要ですので、是非、お気軽に遊びにお越しくださいませ☆

 

次回光華こどもひろばのご案内

■日時:6月5日(水) 10:30~12:00

■場所:本学慈光館1階 保育実習室

■対象:保護者同伴の乳幼児(未就園児)

■お問合せ:こども教育学科 075-325-5441

※自家用車での来場はご遠慮ください。

KOKA☆オレンジサロン5/18(土)

2019.05.27

KOKA☆オレンジサロンは、KOKA☆オレンジサポーターズという本学学生団体が企画・運営しており、「話すこと」「食べること・飲み込むこと」の働きが低下しないように、おしゃべりやお口や喉の体操・介護予防体操を行うサロンです。

 

5月18日(土)に開催されたオレンジサロンでは、まず、恒例のマック小田(本学医療福祉学科 客員教授)によるマジックショーから始まります。

旬な「令和」ネタのマジックや、参加者を巻き込んでの心理テストマジックなどで、会場が盛り上がりました。

次は、右京区地域介護予防推進センター・すこやか元気サポーターさんによる、介護予防の「運動」と「脳トレ」です。

座ったまま行える簡単な運動や、歌いながら行う手遊びの脳トレなど、介護予防として今日から自宅でも気軽にできる内容で、笑いの溢れる中楽しく取り組んでいただきました。

身体と頭を動かした後は、休憩を兼ねたお茶とお菓子の時間です。

参加者は6つのテーブルに分かれていただき、各テーブルに学生が2名ずつ相席する形で着席します。

今回の飲み込みやすいやわらか菓子は、右京区内の御菓子処 嵯峨嘉さんの「やわらかしそ餅」でした。

お茶とお菓子をいただきながら、参加者の皆様と学生とで歓談します。

参加者が抱えていらっしゃる悩みを学生が伺うこともあれば、学生が参加者の知識を教えていただくこともあり、有意義な交流の時間を過ごします。

リフレッシュしたところで、「フレイルってどんなこと?」と題し、右京区介護予防推進センターの堀 智子 先生のご講演です。

要介護の状態にならないためには、フレイルを予防することが重要になり、フレイルの兆候があるかを調べるイレブンチェックテストを行うなど、フレイルに関することを詳しくお話ししていただきました。

※フレイルとは…年齢を重ね、体や心が弱った状態のことです。

専門的知識を学んだ後は、KOKA☆オレンジサポーターズの学生による、「食べる力を保つ・鍛える 発声と嚥下体操」です。

発声したり、体を動かしたり、舌圧子(喉を診る時などに用いる舌を押さえる板状のもの)を使用したりして、嚥下に必要な筋力を増強します。

最後は、歌のコーナーで、今回は5月らしく「こいのぼり」と「ピクニック」を全員で元気よく歌いました。

 

回数を重ねる度に、参加者の皆様の笑顔も増えている印象ですが、「笑う」というのもとっておきの介護予防なのだそうです。

 

ご興味のある方は、是非ご参加ください☆

 

~次回KOKA☆オレンジサロンのご案内~

■日時:7月20日(土) 10時~12時

■内容:高齢者の聞こえとその対応(本学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 高井 小織 准教授) 他

■定員:30名(先着順)

■申込方法:お電話またはメールにて、お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日をお知らせください。

■お申込み・お問合せ:京都光華女子大学 地域連携推進センター

【電話】075-325-5259

【E-mail】chiiki@mail.koka.ac.jp

2019年度 京都光華まちづくり講座【第1回】開催のご報告

2019.05.16

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第1回となった「簡単だけど、ちょっとこだわり和菓子作り」(5月11日開催)では、

本学ライフデザイン学科濵田 明美教授が、地域の方を対象に和菓子作りの調理実習を行いました。

 

大変ご好評につき、募集開始から3日目には既に定員に達し、会場の都合上、以降はお断りせざるを得ない状況が長く続いてしまいましたが、当日は13名の方にご参加いただきました。

当初は、高齢男性対象の企画でしたが、限定というわけではなかったため、性別年齢分け隔てなく受付いたしましたところ、最終的に、下は小学6年生から上は80歳代の方まで幅広い世代の方がお越しになりました。

 

今回のメニューは、春の和菓子である「いちごっこ(道明寺粉を使った、上の画像の桜餅のようなつぶつぶの餅で包んだ苺大福)」と「若鮎」でした。

 

まず、講師の濵田教授がデモンストレーションを行い、その後4つのグループに分かれて調理に進みます。

普段和菓子を作らないという方がほとんどでしたが、当日初めて会った方同士でも協力しながら、和気あいあいと作業していただきました。

調理中は、濵田教授や実習サポートの学生2名が各グループを順番に回り、アドバイスや補助を行いましたが、なるべく全員がご自身の手で作り上げていただくように進めました。

特に、焼き印で若鮎の目と尾を入れていただく工程は、皆様興味津々で、お1人ずつ順番に楽しんで取り組んでいただきました。

そして、いちごっこも若鮎も大小様々それぞれの個性が光る形に仕上がり、熱いお茶を淹れて、いよいよ試食です。

自分の手で一生懸命作った作品を皆様「美味しい!」と口を揃えて、お召し上がりになりました。

 

試食の間、濵田教授による和菓子についての講義を行い、和菓子の名前当てクイズや、季節の和菓子や歴史について紹介し、食べきれない和菓子だけでなく、知識もお土産としてお持ち帰りいただきました。

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

平成30年度 ゴールデン・エイジ・アカデミー3/8(金)

2019.03.11

「ゴールデン・エイジ・アカデミー」とは、京都市教育委員会が、京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)にて、生涯学習の充実のため、京都市民及び京都市へ通勤・通学されている方々を対象に開催している無料公開講座です。

 

3/8(金)の「ゴールデン・エイジ・アカデミー」では、本学と京都アスニーとの連携講座として、オリンピックの豆知識―2020東京オリンピックを楽しむために―」と題し、本学健康栄養学科教授・本学陸上部顧問の佐竹 敏之が登壇いたしました。

 

日本で2回目となる夏季オリンピック競技会が2020年8月に東京都を中心に開催されるにあたり、勝ち負けやメダルの数だけに注目するのではなく、オリンピックの歴史に始まり、現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」等のオリンピックの豆知識と共に、マラソンの開始時間や鉄剤注射等の問題を知っていただき、オリンピック観戦に深みを持たせられるような内容を講演いたしました。

 

講演会場の京都アスニーと同時中継会場のアスニー山科と合わせて400名以上の方にご参加いただきました。

ありがとうございました。

来年度も引き続き、「ゴールデン・エイジ・アカデミー」の連携講座の開催を予定しており、詳細が決定いたしましたらお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

1 / 612345...最後 »

pagetop