トップページ > 2019年度 京都光華公開講座【第2回】開催のご報告

カテゴリー:イベントレポート

2019年度 京都光華公開講座【第2回】開催のご報告

2019.07.16

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、

地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

2019年度京都光華公開講座【第2回】となった「AI(人工知能)・ロボットは人間の仕事を奪うのか?」

(7月13日開催)では、本学キャリア形成学科阿部 一晴教授が、

最近話題のAI(人工知能)はどこまで進化するのか、私たちの暮らしはどう変わるのかについて、講演しました。

 

当日は、66名の方がお越しになりました。

今回は、公開講座によくご来場いただく70歳代以上の方だけでなく、小学生の男の子とお母様の親子連れや、30~40代の会社員の方に多数ご参加いただき、世代を越えて沢山の方がAIに関心を持って学びにいらっしゃいました。

 

前半は、AIの仕組みや正しい知識に関する講義でした。

後半は、自動化による職業への影響について、アメリカやドイツの学者・研究者の論文や、よりわかりやすい経済誌の分析に基づき考察しました。

結論としては、AIは1人の人間の職業を完全に奪うという事は現時点では考えにくいが、1人の人間が抱えている職務(業務)の中のいくつかはAI技術に代替されていくということです。

人間は人間にしかできない力(例えば統率力・共感力・判断力など)を伸ばしつつ、人間とAI技術が対立するのではなく、共存・役割分担することで、社会を発展させていくことができるのだそうです。

 

終了後のアンケートには、「大変勉強になった」「是非第2弾を開催して欲しい」とのご意見を沢山頂きました。

貴重なご意見として、今後の講座開催の参考にさせていただきます。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年度 京都光華まちづくり講座【第2回】開催のご報告

2019.07.02

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は、全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて、健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第2となった「”子ども”も”おとな”もゆたかに生きる社会に」(6月29日開催)では、

講師に山田 宗寛先生(児童養護施設「小鳩の家」施設長、社会福祉士、本学非常勤講師)をお招きし、

豊富な現場経験から、実際の制度や施設の姿の紹介を交え、子どもの発達や地域福祉で大切になることを

ご講演いただきました。

 

当日は、前日の雨の影響でお足元が悪かったことも影響し、キャンセルされる方もある中、20名の方にお越しいただきました。

今回は、小学生のお子様のいらっしゃるお母様だったり、地域のボランティアで子どもと関わっていらっしゃる方だったり、地域の福祉のお仕事をされている方だったり、今回のテーマに日常で関係されている方にも多数ご参加いただきました。

 

山田先生が以前お勤めだった障がい児施設や、現在施設長をされている児童養護施設での具体的でリアルかつ心温まるエピソードを紹介していただきながら、先生の目指される地域福祉について、わかりやすくお話しいただきました。

 

―「おめでとう」と生まれきて、「ありがとう」と看取られる。

―地域でのつながりは「ありがとう」という言葉になっていく。

”気づく力”が地域力です。

 

この2つの先生のお言葉が、大変印象的でした。

子どもも大人も、一人ももれることなく「生まれてきてよかった」と思える地域・社会の実現は、そんなに気負いすることではなく、今目の前にいる人に気づき、話しかけ、関わっていくことがスタート地点なのではないでしょうか。

日々、実践してまいりたいと思います。

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年度 京都光華公開講座【第1回】開催のご報告

2019.06.13

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、

地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

2019年度 京都光華公開講座【第1回】となった「偶然の出来事と臨床心理学」(6月8日開催)では、

本学心理学科今西 徹准教授が、偶然の出来事をどう受け止め、活かしていくかということについて、

臨床心理の視点から考察する講演を行いました。

 

当日、講演前まではなんとか雨が降らず、85名の方がお越しになりました。

ユング派分析家として著名なジョセフ・キャンブレイ氏や河合 隼雄氏の事例や文献などを紹介しながらの、

専門性の高い講演となりました。

 

「大変興味深いので、もっと詳しく知りたい」というご感想をいただいたり、

「難しかったので、質疑応答の時間が欲しい」というご要望をいただいたり、

たくさんのご意見を参加者の方々からいただきました。

貴重なご意見として、今後の講座開催の参考にさせていただきます。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

光華こどもひろば5/29(水)

2019.05.31

「光華こどもひろば」は、周辺地域在住の未就園の親子を対象に、実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんでいただける時間を提供しています。

5月29日(水)は、晴天に恵まれたこともあり、たくさんのお子様と保護者様にお越しいただきました。

リピーターの馴染みのお顔がたくさん並ぶ中、葛野大路五条の交差点に掲示している光華こどもひろばの特大ポスターをご覧になって、初めて遊びに来てくださった方もいらっしゃいました。

 

最初の1時間は、自由遊びの時間です。

滑り台に上ろうと一生懸命の子を応援したり、蛙のおもちゃを跳ねさせる方法を教えたり、学生も一緒に楽しく遊びます。

遊びながら生まれる何気ない子育てにまつわる保護者との雑談も、学生にとっては大いに刺激と学びになります。

残りの30分間は、学生による手遊び歌と絵本の読み聞かせが行われます。

今回は、手遊び歌「お寺の和尚さん」から始まり、絵本「どろんこおばけ」と「はらぺこあおむし」の読み聞かせがあり、最後に「キャベツの中から」の手遊び歌でした。

特に、「はらぺこあおむし」では、カラフルなあおむしの指人形とそれが通っていくおいしそうな食べ物の穴に、こどもたちみんなが興味津々で、大人気でした。

お帰りの際には、毎回、学生お手製の折り紙のお土産があります。

今回は、色とりどりのお魚でした。

お子様たちは、それを大事そうに片手に握りしめて、もう片方の手を保護者に引かれ、「またね、ばいばい」と帰っていきました。

入場無料・申込不要ですので、是非、お気軽に遊びにお越しくださいませ☆

 

次回光華こどもひろばのご案内

■日時:6月5日(水) 10:30~12:00

■場所:本学慈光館1階 保育実習室

■対象:保護者同伴の乳幼児(未就園児)

■お問合せ:こども教育学科 075-325-5441

※自家用車での来場はご遠慮ください。

KOKA☆オレンジサロン5/18(土)

2019.05.27

KOKA☆オレンジサロンは、KOKA☆オレンジサポーターズという本学学生団体が企画・運営しており、「話すこと」「食べること・飲み込むこと」の働きが低下しないように、おしゃべりやお口や喉の体操・介護予防体操を行うサロンです。

 

5月18日(土)に開催されたオレンジサロンでは、まず、恒例のマック小田(本学医療福祉学科 客員教授)によるマジックショーから始まります。

旬な「令和」ネタのマジックや、参加者を巻き込んでの心理テストマジックなどで、会場が盛り上がりました。

次は、右京区地域介護予防推進センター・すこやか元気サポーターさんによる、介護予防の「運動」と「脳トレ」です。

座ったまま行える簡単な運動や、歌いながら行う手遊びの脳トレなど、介護予防として今日から自宅でも気軽にできる内容で、笑いの溢れる中楽しく取り組んでいただきました。

身体と頭を動かした後は、休憩を兼ねたお茶とお菓子の時間です。

参加者は6つのテーブルに分かれていただき、各テーブルに学生が2名ずつ相席する形で着席します。

今回の飲み込みやすいやわらか菓子は、右京区内の御菓子処 嵯峨嘉さんの「やわらかしそ餅」でした。

お茶とお菓子をいただきながら、参加者の皆様と学生とで歓談します。

参加者が抱えていらっしゃる悩みを学生が伺うこともあれば、学生が参加者の知識を教えていただくこともあり、有意義な交流の時間を過ごします。

リフレッシュしたところで、「フレイルってどんなこと?」と題し、右京区介護予防推進センターの堀 智子 先生のご講演です。

要介護の状態にならないためには、フレイルを予防することが重要になり、フレイルの兆候があるかを調べるイレブンチェックテストを行うなど、フレイルに関することを詳しくお話ししていただきました。

※フレイルとは…年齢を重ね、体や心が弱った状態のことです。

専門的知識を学んだ後は、KOKA☆オレンジサポーターズの学生による、「食べる力を保つ・鍛える 発声と嚥下体操」です。

発声したり、体を動かしたり、舌圧子(喉を診る時などに用いる舌を押さえる板状のもの)を使用したりして、嚥下に必要な筋力を増強します。

最後は、歌のコーナーで、今回は5月らしく「こいのぼり」と「ピクニック」を全員で元気よく歌いました。

 

回数を重ねる度に、参加者の皆様の笑顔も増えている印象ですが、「笑う」というのもとっておきの介護予防なのだそうです。

 

ご興味のある方は、是非ご参加ください☆

 

~次回KOKA☆オレンジサロンのご案内~

■日時:7月20日(土) 10時~12時

■内容:高齢者の聞こえとその対応(本学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 高井 小織 准教授) 他

■定員:30名(先着順)

■申込方法:お電話またはメールにて、お名前(読み方)・お電話番号・参加希望日をお知らせください。

■お申込み・お問合せ:京都光華女子大学 地域連携推進センター

【電話】075-325-5259

【E-mail】chiiki@mail.koka.ac.jp

2019年度 京都光華まちづくり講座【第1回】開催のご報告

2019.05.16

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第1回となった「簡単だけど、ちょっとこだわり和菓子作り」(5月11日開催)では、

本学ライフデザイン学科濵田 明美教授が、地域の方を対象に和菓子作りの調理実習を行いました。

 

大変ご好評につき、募集開始から3日目には既に定員に達し、会場の都合上、以降はお断りせざるを得ない状況が長く続いてしまいましたが、当日は13名の方にご参加いただきました。

当初は、高齢男性対象の企画でしたが、限定というわけではなかったため、性別年齢分け隔てなく受付いたしましたところ、最終的に、下は小学6年生から上は80歳代の方まで幅広い世代の方がお越しになりました。

 

今回のメニューは、春の和菓子である「いちごっこ(道明寺粉を使った、上の画像の桜餅のようなつぶつぶの餅で包んだ苺大福)」と「若鮎」でした。

 

まず、講師の濵田教授がデモンストレーションを行い、その後4つのグループに分かれて調理に進みます。

普段和菓子を作らないという方がほとんどでしたが、当日初めて会った方同士でも協力しながら、和気あいあいと作業していただきました。

調理中は、濵田教授や実習サポートの学生2名が各グループを順番に回り、アドバイスや補助を行いましたが、なるべく全員がご自身の手で作り上げていただくように進めました。

特に、焼き印で若鮎の目と尾を入れていただく工程は、皆様興味津々で、お1人ずつ順番に楽しんで取り組んでいただきました。

そして、いちごっこも若鮎も大小様々それぞれの個性が光る形に仕上がり、熱いお茶を淹れて、いよいよ試食です。

自分の手で一生懸命作った作品を皆様「美味しい!」と口を揃えて、お召し上がりになりました。

 

試食の間、濵田教授による和菓子についての講義を行い、和菓子の名前当てクイズや、季節の和菓子や歴史について紹介し、食べきれない和菓子だけでなく、知識もお土産としてお持ち帰りいただきました。

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

平成30年度 ゴールデン・エイジ・アカデミー3/8(金)

2019.03.11

「ゴールデン・エイジ・アカデミー」とは、京都市教育委員会が、京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)にて、生涯学習の充実のため、京都市民及び京都市へ通勤・通学されている方々を対象に開催している無料公開講座です。

 

3/8(金)の「ゴールデン・エイジ・アカデミー」では、本学と京都アスニーとの連携講座として、オリンピックの豆知識―2020東京オリンピックを楽しむために―」と題し、本学健康栄養学科教授・本学陸上部顧問の佐竹 敏之が登壇いたしました。

 

日本で2回目となる夏季オリンピック競技会が2020年8月に東京都を中心に開催されるにあたり、勝ち負けやメダルの数だけに注目するのではなく、オリンピックの歴史に始まり、現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」等のオリンピックの豆知識と共に、マラソンの開始時間や鉄剤注射等の問題を知っていただき、オリンピック観戦に深みを持たせられるような内容を講演いたしました。

 

講演会場の京都アスニーと同時中継会場のアスニー山科と合わせて400名以上の方にご参加いただきました。

ありがとうございました。

来年度も引き続き、「ゴールデン・エイジ・アカデミー」の連携講座の開催を予定しており、詳細が決定いたしましたらお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

右京区まちづくり区民会議[平成30年度第2回全体会議]3/5(火)

2019.03.07

右京区まちづくり区民会議は、平成23年に策定した「右京区基本計画2020~右京かがやきプラン」を推進するための組織で、自治連合会、各種団体、NPO、大学、企業、行政など100を超える団体で構成されています。

 

3月5日(火)に開催された平成30年度第2回全体会議の第1部 ポスターセッションでは、平成30年度右京区まちづくり支援制度の支援を受けている各団体による活動紹介が行われました。

本学からも、「光華子育て支援かがやき隊」「京炎そでふれ!華羅紅」「京しかミーツ」の3団体が参加いたしました。

参加されているどの団体も右京区愛溢れる魅力的な活動内容で、他大学の学生同士だけに留まらず、右京区内で活躍されている幅広い世代との交流を深めつつ、情報交換・共有できる良い機会となりました。

今後も、こういった地域交流の場に積極的に参加し、地域で今起こっていることを敏感にキャッチし、右京区のまちづくりに貢献して参ります。

 

 

 

エコしかクッキング2/23(土)

2019.02.27

「京しかミーツ」とは、京北地域で駆除された鹿を有効活用することを目的とし、鹿肉を使った料理を考え、地域イベント等で販売し、鹿肉の美味しさを伝える活動をしている、右京区まちづくり支援制度採択団体です。

 

今回は、京しかミーツの活動の一つである「エコしかクッキング」についてご紹介いたします。

 

2月23日(土)に開催されたエコしかクッキングでは、まず始めに、料理講習「おいしかヘルシークッキング」の座学を鴻谷 佳彦氏(丹波の野菜とシカ料理の専門店「無鹿リゾート」 オーナー&シェフ、株式会社葉山 代表取締役社長)にご講演いただきました。

鹿肉に含まれる栄養素や性質を詳しく説明していただきながら、どうすれば一番美味しい状態で鹿肉を調理できるのかをわかりやすくご教示いただきました。

 

次に、ミニセミナー「漁師さんのお話」と題して、京北町の漁師・岩浅 翔氏にご登壇いただきました。

ご自身の漁師の資格取得までの経緯から、シカを仕留める際の心理状態など臨場感あふれる体験談とともに、命を頂くことの大切さを改めて気づかされる内容のお話でした。

 

そして、最後はいよいよ、料理講習「おいしかヘルシークッキング」の実習です。

今回のメニューは、①鹿ミンチと豆のハンバーグ②鹿すじ肉のデミグラスシチュー③鹿肉と豆腐のつぶしサラダで、講師の鴻谷氏による鹿肉のすじの取り方や切り方のデモンストレーション後、1テーブルにつき4名+サポート1名(京しかミーツメンバー学生)が、3つの料理を分担しながら調理を進めていきました。

初めて鹿肉を調理する参加者も調理経験がある参加者も、賑やかに手際よく進められ、調理開始から約1時間半ほど経つ頃には、どちらのテーブルの方も試食を開始されていました。

3つのメニューいずれも「本当に美味しい!」「鹿肉、柔らかいしクセもないね!」と大好評で、ボリュームも満点だったため、参加された方は皆様おなかを大きくしてお帰りになりました。

一番人気は、③鹿肉と豆腐のつぶしサラダでした。

 

 

また、来年度開催の際には、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加くださいませ。

 

 

 

 

光華こどもひろば~いっしょにあそびませんか?~2/6(水)

2019.02.06

「光華子育て支援かがやき隊は、本学こども教育学部が学内・学外で子育て支援事業を行うことによって、右京区の子育て世代の交流と活性化に貢献することを目的とする、右京区まちづくり支援制度採択団体です。

そんなかがやき隊の活動の一つである「光華こどもひろば」は、周辺地域在住の未就園の親子に実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんで頂ける時間を提供しています。

2月6日(水)に開催されたこどもひろばでは、自由遊びに始まり、パラバルーン遊びや絵本「ころころころ」の読み聞かせをお楽しみいただきました。

生憎の雨の中にも拘らず、沢山の地域の親子連れの方々にお越しいただきました。楽しい1時間半はあっという間に過ぎ、「もっとあそぶ」「かえりたくない~」と帰るのを渋る子も、最終的には「またね」「またくるね~」と雨上がりの暖かい日差しの中をお父様やお母様と仲良く帰っていく姿に、また早く会いたいと心から願います。

 

以下、次回(本年度最終回)のご案内です。

光華こどもひろば

日時:2019年3月21日(木・祝)10時30分~12時

場所:京都光華女子大学 慈光館1階 保育実習室・多目的ホール

対象:乳幼児(未就園児)とその保護者

内容:自由遊び、体操など

※入場無料、当日受付

 

皆様のご参加をお待ち申し上げております☆

 

 

1 / 512345

pagetop