トップページ > 2019年度 京都光華まちづくり講座【第1回】開催のご報告

カテゴリー:イベントレポート

2019年度 京都光華まちづくり講座【第1回】開催のご報告

2019.05.16

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「2019年度京都光華まちづくり講座」は全4回の連続講座となっており、本年度は“地域共生”をテーマに、あらゆる世代の方々に向けて健康に暮らすために役立つ内容を提供しております。

第1回となった「簡単だけど、ちょっとこだわり和菓子作り」(5月11日開催)では、

本学ライフデザイン学科の濵田明美教授が、地域の方を対象に和菓子作りの調理実習を行いました。

 

大変ご好評につき、募集開始から3日目には既に定員に達し、会場の都合上、以降はお断りせざるを得ない状況が長く続いてしまいましたが、当日は13名の方にご参加いただきました。

当初は、高齢男性対象の企画でしたが、限定というわけではなかったため、性別年齢分け隔てなく受付いたしましたところ、最終的に、下は小学6年生から上は80歳代の方まで幅広い世代の方がお越しになりました。

 

今回のメニューは、春の和菓子である「いちごっこ(道明寺粉を使った、上の画像の桜餅のようなつぶつぶの餅で包んだ苺大福)」と「若鮎」でした。

 

まず、講師の濵田教授がデモンストレーションを行い、その後4つのグループに分かれて調理に進みます。

普段和菓子を作らないという方がほとんどでしたが、当日初めて会った方同士でも協力しながら、和気あいあいと作業していただきました。

調理中は、濵田教授や実習サポートの学生2名が各グループを順番に回り、アドバイスや補助を行いましたが、なるべく全員がご自身の手で作り上げていただくように進めました。

特に、焼き印で若鮎の目と尾を入れていただく工程は、皆様興味津々で、お1人ずつ順番に楽しんで取り組んでいただきました。

そして、いちごっこも若鮎も大小様々それぞれの個性が光る形に仕上がり、熱いお茶を淹れて、いよいよ試食です。

自分の手で一生懸命作った作品を皆様「美味しい!」と口を揃えて、お召し上がりになりました。

 

試食の間、濵田教授による和菓子についての講義を行い、和菓子の名前当てクイズや、季節の和菓子や歴史について紹介し、食べきれない和菓子だけでなく、知識もお土産としてお持ち帰りいただきました。

当日、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、このような講座を開催できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

平成30年度 ゴールデン・エイジ・アカデミー3/8(金)

2019.03.11

「ゴールデン・エイジ・アカデミー」とは、京都市教育委員会が、京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)にて、生涯学習の充実のため、京都市民及び京都市へ通勤・通学されている方々を対象に開催している無料公開講座です。

 

3/8(金)の「ゴールデン・エイジ・アカデミー」では、本学と京都アスニーとの連携講座として、オリンピックの豆知識―2020東京オリンピックを楽しむために―」と題し、本学健康栄養学科教授・本学陸上部顧問の佐竹 敏之が登壇いたしました。

 

日本で2回目となる夏季オリンピック競技会が2020年8月に東京都を中心に開催されるにあたり、勝ち負けやメダルの数だけに注目するのではなく、オリンピックの歴史に始まり、現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」等のオリンピックの豆知識と共に、マラソンの開始時間や鉄剤注射等の問題を知っていただき、オリンピック観戦に深みを持たせられるような内容を講演いたしました。

 

講演会場の京都アスニーと同時中継会場のアスニー山科と合わせて400名以上の方にご参加いただきました。

ありがとうございました。

来年度も引き続き、「ゴールデン・エイジ・アカデミー」の連携講座の開催を予定しており、詳細が決定いたしましたらお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

右京区まちづくり区民会議[平成30年度第2回全体会議]3/5(火)

2019.03.07

右京区まちづくり区民会議は、平成23年に策定した「右京区基本計画2020~右京かがやきプラン」を推進するための組織で、自治連合会、各種団体、NPO、大学、企業、行政など100を超える団体で構成されています。

 

3月5日(火)に開催された平成30年度第2回全体会議の第1部 ポスターセッションでは、平成30年度右京区まちづくり支援制度の支援を受けている各団体による活動紹介が行われました。

本学からも、「光華子育て支援かがやき隊」「京炎そでふれ!華羅紅」「京しかミーツ」の3団体が参加いたしました。

参加されているどの団体も右京区愛溢れる魅力的な活動内容で、他大学の学生同士だけに留まらず、右京区内で活躍されている幅広い世代との交流を深めつつ、情報交換・共有できる良い機会となりました。

今後も、こういった地域交流の場に積極的に参加し、地域で今起こっていることを敏感にキャッチし、右京区のまちづくりに貢献して参ります。

 

 

 

エコしかクッキング2/23(土)

2019.02.27

「京しかミーツ」とは、京北地域で駆除された鹿を有効活用することを目的とし、鹿肉を使った料理を考え、地域イベント等で販売し、鹿肉の美味しさを伝える活動をしている、右京区まちづくり支援制度採択団体です。

 

今回は、京しかミーツの活動の一つである「エコしかクッキング」についてご紹介いたします。

 

2月23日(土)に開催されたエコしかクッキングでは、まず始めに、料理講習「おいしかヘルシークッキング」の座学を鴻谷 佳彦氏(丹波の野菜とシカ料理の専門店「無鹿リゾート」 オーナー&シェフ、株式会社葉山 代表取締役社長)にご講演いただきました。

鹿肉に含まれる栄養素や性質を詳しく説明していただきながら、どうすれば一番美味しい状態で鹿肉を調理できるのかをわかりやすくご教示いただきました。

 

次に、ミニセミナー「漁師さんのお話」と題して、京北町の漁師・岩浅 翔氏にご登壇いただきました。

ご自身の漁師の資格取得までの経緯から、シカを仕留める際の心理状態など臨場感あふれる体験談とともに、命を頂くことの大切さを改めて気づかされる内容のお話でした。

 

そして、最後はいよいよ、料理講習「おいしかヘルシークッキング」の実習です。

今回のメニューは、①鹿ミンチと豆のハンバーグ②鹿すじ肉のデミグラスシチュー③鹿肉と豆腐のつぶしサラダで、講師の鴻谷氏による鹿肉のすじの取り方や切り方のデモンストレーション後、1テーブルにつき4名+サポート1名(京しかミーツメンバー学生)が、3つの料理を分担しながら調理を進めていきました。

初めて鹿肉を調理する参加者も調理経験がある参加者も、賑やかに手際よく進められ、調理開始から約1時間半ほど経つ頃には、どちらのテーブルの方も試食を開始されていました。

3つのメニューいずれも「本当に美味しい!」「鹿肉、柔らかいしクセもないね!」と大好評で、ボリュームも満点だったため、参加された方は皆様おなかを大きくしてお帰りになりました。

一番人気は、③鹿肉と豆腐のつぶしサラダでした。

 

 

また、来年度開催の際には、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加くださいませ。

 

 

 

 

光華こどもひろば~いっしょにあそびませんか?~2/6(水)

2019.02.06

「光華子育て支援かがやき隊は、本学こども教育学部が学内・学外で子育て支援事業を行うことによって、右京区の子育て世代の交流と活性化に貢献することを目的とする、右京区まちづくり支援制度採択団体です。

そんなかがやき隊の活動の一つである「光華こどもひろば」は、周辺地域在住の未就園の親子に実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんで頂ける時間を提供しています。

2月6日(水)に開催されたこどもひろばでは、自由遊びに始まり、パラバルーン遊びや絵本「ころころころ」の読み聞かせをお楽しみいただきました。

生憎の雨の中にも拘らず、沢山の地域の親子連れの方々にお越しいただきました。楽しい1時間半はあっという間に過ぎ、「もっとあそぶ」「かえりたくない~」と帰るのを渋る子も、最終的には「またね」「またくるね~」と雨上がりの暖かい日差しの中をお父様やお母様と仲良く帰っていく姿に、また早く会いたいと心から願います。

 

以下、次回(本年度最終回)のご案内です。

光華こどもひろば

日時:2019年3月21日(木・祝)10時30分~12時

場所:京都光華女子大学 慈光館1階 保育実習室・多目的ホール

対象:乳幼児(未就園児)とその保護者

内容:自由遊び、体操など

※入場無料、当日受付

 

皆様のご参加をお待ち申し上げております☆

 

 

平成30年度 産官学連携プロジェクトⅡbお正月イベント

2019.01.22

本年度産官学連携プロジェクトbクラスでは、京都市中京区にある「京都三条会商店街」と連携し、学生有志団体「光華三条ガールズ」として、「ハロウィンパーティ」「クリスマスイベント」「お正月イベント」といった各種イベントを実施し、地域活性化や地域貢献に努めました。

1月20日には、この1年間最後のイベントである「お正月イベント(餅つき大会)」が開催されました。

光華三条ガールズの学生達が事前に行った広報や商店街の方々のご協力もあり、地元の親子連れやこども達に多数ご参加頂き、小雨の降る寒い日でしたが、会場は熱気に包まれていました。

こども達にとっては重量のある杵ですが、みんな楽しそうに一生懸命お餅をついて、お友達がついている時には「よいしょー!」「がんばれー!」などの声援を送り合っていました。

そして、つきあがったお餅に「きなこ」「あんこ」「しょうゆ」「のり」を好きなように付けて、「おいしい!」と顔をほころばせながら頬張っていました。

終了後、商店街の方々からのアドバイスを頂きながら、学生達が来年度に向けての改善点や課題を話し合っている姿は大変頼もしく、この活動が長く受け継がれ、地元の方々に愛され続けることを願います。

 

 

平成30年度 産官学連携プロジェクトⅡa成果発表会

2019.01.16

本学には、「産官学連携プロジェクトⅠ・Ⅱ」という地域連携推進センター提供の基礎・教養科目があります。

この科目は、地域や企業と連携し、連携先のリアルな課題をプロジェクトとして取り組むことによって、学生の社会人としての基礎力や地域貢献への意欲と実践力を高めることを目的として、2014年度より開講しています。

 

本年度aクラスでは、右京区役所と連携して、地元である葛野自治会・町内会の課題を解決することを目的とし、本学を葛野学区25番目の町内会「光華町内会」と仮想して活動できるかどうかを検討・研究するプロジェクトに1年間取り組みました。

1月15日に、その1年間の集大成として、葛野自治会連合会や右京区役所の方々をお招きし、成果発表会を行いました。

既存の町内会主催の行事への学生の参加に加え、お花見や流しそうめんやハロウィーンといった学生が企画・運営・参加する交流イベントを葛野自治会連合会に提案しました。

発表後の質疑応答や交流会では、現実問題として厳しいご意見もありましたが、この活動を実現・継続していくには、学生にとっての実利・メリットといった「楽しさ」を盛り込んで、地域の人のためにするというより自分たちが楽しむために地域の人にしてもらうというスタンスが必要ではないか等のアドバイスも頂き、学生も真摯に耳を傾けていました。

この発表会での収穫を活かして、実現・継続に向けて今後とも精力的に活動してくれることを期待します。

 

 

光華こどもひろば~いっしょにあそびませんか?~1/9(水)

2019.01.10

「光華子育て支援かがやき隊(以下、かがやき隊)は、本学こども教育学部が学内・学外で子育て支援事業を行うことによって、右京区の子育て世代の交流と活性化に貢献することを目的とする、右京区まちづくり支援制度採択団体です。

 

今回は、かがやき隊の活動の一つである「光華こどもひろば」についてご紹介致します。

光華こどもひろばは、周辺地域在住の未就園の親子に実習施設を月に2回開放し、本学こども教育学部こども教育学科の学生がスタッフとして参加している活動です。

学生が授業内で企画・準備をした親子で楽しめる遊びや発表、おもちゃ講座やおたのしみ劇場といった特別企画など、自由に楽しんで頂ける時間を提供しています。

 

1月9日(水)に開催された光華こどもひろばでは、オルゴールサロン・ヒロさんによるオルゴール鑑賞会が行われました。

オーソドックスなオルゴールだけではなく、曲に合わせて動く本当に生きているような小鳥のオルゴールや、本物のシャボン玉を吹く人形のオルゴールなど多種多様なオルゴールに触れることが出来、こどもだけはなく大人もみんな夢中になっていました。

以下、次回以降のご案内です。

光華こどもひろば

日時:

■2019年2月6日(水)10時30分~12時

■2019年3月21日(木・祝)10時30分~12時

場所:京都光華女子大学 慈光館1階 保育実習室・多目的ホール

対象:乳幼児(未就園児)とその保護者

内容:自由遊び、体操など

※入場無料、当日受付

 

皆様お誘いあわせの上、是非遊びにお越し下さい☆

 

 

 

平成30年度 京都光華まちづくり講座【第4回】開催のご報告

2018.11.26

地域連携推進センターでは、本学の有する知的財産である教員の研究成果の公開と、地域の方々に生涯学習の場を提供することを目的とした一般の方向けの無料講座を開催しております。

 

「平成30年度京都光華まちづくり講座」は全4回の連続講座となっており、昨年度に引き続き“ヘルシー・ライフシリーズ”と題し、幅広い世代に向けて健康に暮らすために役立つ講座を行っております。

 

 

第4回となった「更なる高みへ。長生きのための口腔ケアへ。~超高齢社会を現場の歯科医師・歯科衛生士が教える健康寿命~」(11月24日開催)では、医療法人和成会 マス歯科医院 院長の桝和成先生が、訪問歯科の仕組みのお話に始まり、口腔ケアや予防歯科の重要性について、動画を用いたり、参加者の方々の質問に丁寧にご回答頂いたりしながら、非常に親身になってわかりやすくご講演頂きました。

本年度の京都光華まちづくり講座は、今回をもって終了致しました。

多数のご参加を賜りまして、ありがとうございました。

来年度のご案内も随時行ってまいりますので、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

右京区民ふれあいフェスティバル2018

2018.11.07

10月27日(土)に、「右京区民ふれあいフェスティバル2018」が太秦安井公園及び右京ふれあい文化会館にて開催されました。

本学からは、昨年に引き続き以下の3団体が出店・出演致しました。

こども教育学部

本学こども教育学部の1年生5名が、木片や木の実を使ったクラフトのブース出店を致しました。

地域のこども達が、木片やどんぐりやまつぼっくり等を自由に組み立てて、色とりどりのスパンコールやモールでデコレーションし、世界に一つだけの作品作りに夢中になって作成してくれました。

終始満席のため学生達はほぼ休憩なしでしたが、笑顔を全く絶やすことなく楽しんでこども達に対応しており、大変頼もしかったです。

京しかミーツ

本学学生団体である京しかミーツは、今回は「鹿肉巻」を販売致しました。

「鹿肉巻」は小さなおにぎりを鹿肉で巻いて秘伝のたれで味付けし、うずらの卵とともに串で頂く絶品で、開店前から楽しみにお待ちの地元の方もいらっしゃいました。

味の完成度は勿論のこと、学生達の調理・接客・呼び込みの見事な連携も素晴らしく、お昼過ぎには完売致しました。

京炎!そでふれ華羅紅

本学学生団体である華羅紅は、京炎そでふれスペシャルバージョンをステージで披露致しました。

青空の下、とても映える2種類の衣装を身に纏い、弾けるようなとびきりの笑顔と演舞で会場を一つにして盛り上げました。

老若男女、会場内の全ての人を元気にするパワーを発揮する学生達に、心から感動致しました。

今後とも、地域の活性化に貢献できるよう努めて参りますので、ご声援を賜りますよう宜しくお願い致します!

 

 

 

 

1 / 512345

pagetop