トップページ > 「環境教室」に参加しました

「環境教室」に参加しました

2013.10.28

kankyo3 kankyo1

 

10月28日(月)「木津川右岸運動公園(仮称)」にて行われた「環境教室」に4年生全員で参加しました。

この日は、本校を含め7校の小学校の生徒たちが集まり、「森づくり」のための植樹や、自然環境についてのお話を聞いたりしました。
また、「探偵ナイトスクープ」でおなじみの昆虫博士である谷幸三先生の「エコシステム」の楽しいお話に、みんな真剣に聞き入っていました。

 

今回の環境教室の参加記念にいただいた、クヌギの苗を本校のビオトープ に早速植えさせていただきました。大きくなってたくさんの実をつける日を楽しみに大切に育てていきます。

木津川右岸運動公園は、もともと、平成7年度にワールドカップサッカーができる公園として作られ始めましたが、現在はたくさんの人たちがスポーツやレクリエーションを楽しめる公園として、整備されているところです。
また、災害のとき、安心安全を確保するための防災のための公園としても期待されています。

 

kankyo2

これから、どんどん緑豊かな公園にしていくために、京都府民みんな で「森づくり」に参加して木の苗を植えようという呼びかけのもと、多くのボランティアの方々が、植樹に協力をしています。
本校4年生も今回、「森づくり」に参加できて、とても喜んでいます。
みんなの植えた樹が、大きく育って、素晴らしい公園になる日が待ち遠しいですね。

 

 

京・しかミーツ フィールドワークに行ってきました

2013.10.26

momiji_08 momiji_09

先日行った鹿の生態学習を踏まえて、京北町宇津地区へ現地調査に行きました。京北町は右京区の北にある山々に囲まれた自然豊かな場所です。
近年、鹿の被害が酷く、現地農家の方は頭を悩ませています。
今回は鹿の生息地や農作物の被害現場を歩き、区長さんのお話を伺ってきました。

まず、宇津地区の農家さんから鹿の被害を伺いました。

 

夕方ごろになると、ぴょんぴょん飛び跳ねて山から農地へ作物を食べに来るそうです。鹿が年々増加しているので、農作物の被害も大きくなっています。毎日せっせと育て、収穫を楽しみにしていた作物が、次の日の朝になると根こそぎなくなっていることもあるそうです。何度もそのようなことが続くと、仕事をする気力も失せていくとおっしゃっていました。

被害を少しでも食い止めるため、畑のいたる所で電柵が張り巡らされていました。 周辺を歩いて回ると、鹿の足あとや糞があちらこちらにありました。さらには、罠に引っ掛かって死んだ鹿の骨も!鹿問題を本当に身近に感じました。

そして、区長さんより宇津地区の鹿被害の実態を伺いました。鹿は年々増加し、米、野菜、庭木、樹木などあらゆる植物を食べるようになり、特に野菜は億単位の被害となっています。

 

momiji_11 momiji_10

鹿だけでなく、カラス、ハクビシン、アライグマなど有害鳥獣が異常繁殖して農林業の食害が大きくなっているとの事でした。
生態系が崩れ、山野の原風景も変化しているのは確かです。現地の方々の話を聞いていると、有害鳥獣の被害に心底悩んでおられる様子でした。異常繁殖している鹿を減少させるためには、個体数を減らすのが一番とおっしゃっていました。

 

鹿は野生で、自然のものを食べているため、牛や豚、鶏と違って化学飼料で育っていません。また、そんなにクセもなくヘルシーで、美味しく食べられます。ヨーロッパでは高級食材として大変親しまれています。現地の人の意見を聞き、鹿肉料理を普及させて、環境問題が少しでも改善できるように活動していきたいと思いました。
フィールドワークをコーディネートして下さったNPO法人フロンティア協会さん、どうもありがとうございました。

京・しかミーツ勉強会をおこないました

2013.10.16

momiji_05 momiji_06

右京区の鹿被害対策(もみじプロジェクト)との連携事業でもあり、右京区まちづくり支援制度に採択された「京・しかミーツ」
今回はその一環として鹿の生態を勉強しました。鹿肉料理を普及することだけを目的とした会ではなく、鹿をどうして食べなければいけないのかについても考えています。

鹿は日本全国各地の森林に生息しています。鹿を捕食していた動物であるオオカミが絶滅して以来、鹿の数は増加の一途をたどっています。

 

さらに、高齢化による猟師の減少、温暖化による生存率の増加、食物量の増加に伴って鹿密度が過剰となっています。その結果、生態系ピラミッドが崩れ、様々な影響が出始めました。農作物の被害や交通事故の増加、ササや稚樹の採食による森林更新の悪化、さらには世界遺産を食い荒らし、森林の草原化が進んでいます。

 

そもそも、人間が家畜保護のためオオカミを駆除し、戦後の宅地開発や森林伐採をすることで森林を草原化し、鹿にとって快適な環境を作り出しました。こうした被害をもたらすきっかけを作りだしたのは私たちなのです。

 

momiji_06-1 momiji_07

「京・しかミーツ」では、それらの問題がどのような経過を辿って今日の被害をもたらすことになったのか、どうすれば鹿密度を適正にすることが出来るのかを考えています。自然の成り行きに任せるのではなく、生態系プロセスが崩れている今、人為的に介入していく必要性があると考えています。駆除した鹿を有効利用するため、鹿肉を普及し、環境問題を身近に感じてもらえるようになればと思っています。

 

サークル「京・しかミーツ」で試作

2013.09.11

momiji_02 momiji_03

もみじプロジェクトの一環で活動を行っているサークル「京・しかミーツ」のメンバー7名(本学ライフデザイン学科)で鹿肉を使って試作をしました。

今回、滋賀県日野町の猟友会からロースともも肉を各1kgを購入し、塊をさばきながらミンチにしたり、スライスにして料理をしていきました。

 

参加者全員、鹿肉調理初体験でしたが、鹿肉ロール、鹿ミーツパイ、鹿塩麹カツの3品を試作し、みんなで試食しました。

 

鹿肉は鉄分が豊富で脂肪分が少ない大変ヘルシーなお肉で、ロース肉はもも肉より軟らかく、鉄分の多い味がするものの、大変おいしく食べることができました。

調理法によっては牛肉にも劣らない味だと思いました。

 

momiji_04

 

その中でも、塩麹に付けた鹿塩麹カツは柔らくてとても美味しかったです。
また、しかミーツパイも鹿肉のクセを感じさせず、子どもでも食べることができる一品になりました。

学園祭にて、手軽で食べれるスナックの一品になりそうです!
ご期待ください!

第3回ワークショップを開催しました

2013.08.03

t_nishikyogoku04 t_nishikyogoku05

 

これまで話し合ってきた新しいひろばの案を実際に模型にし、今回は、その模型を見ながらさらに具体的に課題や新たな提案を行いました。

「ウッドデッキは腐らないような材質を使おう」
「花の管理基準をきちんと決めないと!」
「伐採したケヤキを使って、椅子やテーブルを作ろう」

など、色々な意見が出されました。

 

出てきた意見をまとめて、第4回ワークショップでは、ひろば完成後の使い方やひろばの維持管理方法の検討を行っていきます。

学生と区民、行政、企業がいっしょになってつくる駅前ひろばにご期待下さい!

駅前ひろば模型づくりスタート

2013.07.30

t_nishikyogoku03

 

これまで、地域住民や地域企業、大学、右京区行政が話し合って出てきたデザインを実際に模型で再現しています。
ここにはバス停、ここには花時計、ここには花壇を作ろう!色々なアイデアを模型に組み込んでいきます。
来月8月3日は、チーム西京極のメンバー全員が集まっての全体会議!
会議本番では、具体的にひろばをイメージしながら議論するために、急ピッチで模型作りが進んでいます!

 

 

平成25年度右京区まちづくり支援制度および学まちコラボ事業の採択結果について

2013.07.03

以下のテーマが平成25年度右京区まちづくり支援制度および学まちコラボ事業に採択されました!

各テーマの進捗状況については、このホームページにて掲載していきます。
<学まちコラボ事業>
①区民と女子学生がつくる西京極駅前ひろば
②京都三条会商店街寺小屋事業

<右京区まちづくり支援制度>
【大学活動支援枠】
①こども保育学科 光華こどもひろば
②知る!伝える!喜びを分かち合おう!
③右京の魅力取材・発信プロジェクト
④京・しかミーツ
【学生地域ボランティア支援枠】
⑤女子学生と踊ってくれない?華羅紅?
⑥右京区に在住する障がい児の放課後支援>

右京ふれあい環境ひろば2013が開催されました

2013.07.02

fureai03 fureai02

 

7月2日(火)、本学において右京ふれあい環境ひろば2013が開催されました。

このイベントは環境保全と環境活動の啓発を目的としたもので、本学で開催されるのは昨年に引き続き2回目となります。また、今年から本学も主催側として参加しました。

今回のテーマは「河川環境保全」

 

第一部では、京都水族館館長の榊原茂さんをお招きして「河川に生息する生き物のお話」と題しての講演会を実施しました。

第二部は、屋外での展示・体験ゾーンです。キャンパス内に人力車が走りました!また、地域企業協力により、発電体験やペレットストーブの実演など、来場者参加型の楽しいイベントとなりました。

そして、今年から本学も環境教育推進室が中心となり、幼稚園から大学まで一丸となって、これまで行ってきた環境活動や環境教育を披露させていただきました。

このイベントが少しでも環境活動の啓発につながれば幸いです。
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

ビオトープ学習

2013.06.07

bio1 bio2

6月7日(金)のビオトープ委員会でビオトープの池の周りに「野芝」を植えました。6年生は、芝を上手に切って、小さな隙間も上手に埋めてくれました。

 

芝が根をはるまで、しばらく様子をみます。美しく生まれ変わるビオトープをみんな楽しみにしています。

チーム西京極とは

2013.06.04

t_nishikyogoku02 t_nishikyogoku01

 

阪急西京極駅前には、昭和40年代後半から緑地帯があり、環境と景観の保全を担ってきました。この緑地帯には、巨大なケヤキが9本そびえ立っており、近隣住民の手によって管理されてきました。
しかし、約5年前より地域住民から、ケヤキの落ち葉や鳥の糞の始末をこれ以上は面倒みきれない、もっと地域の憩いの場として有効利用したいとの意見があり、今年度から右京区役所主導のもと、駅前緑地帯の再整備事業「チーム西京極」がスタートすることになりました。

 

この事業では、現在、右京区役所主導のもと、本学環境ボランティアサークル「グリーンキーパー」や地域住民の他、警察、交通局、建設局、近隣企業などが参加し、駅前広場の理想の姿について検討しています。
平成25年5月8日に1回目のワーキング、同年6月4日に2回目のワーキングが開催されました。

このホームページでは今後のチーム西京極の進捗状況を報告していきます。

10 / 11« 先頭...7891011

pagetop