トップページ > 今週も半分会議+紙袋づくりをしました!

今週も半分会議+紙袋づくりをしました!

2014.10.28

p_1c_39 p_1c_40

今週は、前半は会議、後半は紙袋づくりでした。

冒頭に、活動の報告がありました。10月26日(日)に、学生3名がシュトーレン販売を成功に結び付けるため、ある老人ホームの場所を借りて行われている「学区社会福祉協議会」さんのサロンにPRに行ってきました。
11月に行われるサロンで販売会をさせていただけるので、参加者の方に知っていただくためです。

 

学区社協の方たちはとても親切で、慣れない学生のことをリードしてくれ、本番でもさりげなくフォローくださったとか。午前中に行われるサロンなので、参加者にはモーニングが出ます。役員のご配慮により学生もモーニングを食べさせていただけたようで、学生たち、万々歳です!

 

サロンでの反応がよく、当初予定していた30本では足りなくなるかもしれないので、当初予定の本数をはるかにうわまわる60本を目安に持参することになりました。この勢いで、施設チームも企業チームに負けないくらいの成果を上げてもらいたいですね!

 

 

シュトーレンを入れる紙カバンを製作しました!

2014.10.21

p_1c_37  p_1c_38

シュトーレン販売計画もどんどん佳境に入ってきました!

今日の時間はシュトーレンをお渡しする際に必要な紙カバンをみんなで製作しました。なんといっても200枚必要です。結構な作業です。

メンバーは14名ですが、一部、話し合いを続けなければいけないチームがあり、約10名がカバンづくりを担います。さすがに大量なので、一気にはできませんが、みんなが関われる、協働作業ができる場があってよかったと思いました。同じ経験を踏むことで、一体感が生まれると思うからです!

各チームの懸案事項を詰めました

2014.10.14

p_1c_36

今週はそれぞれのチームの動きを確認した後、チームごとに検討事項を詰めました。施設チームは2か所の販売会の段取りを確認、企業チームも最終的には数が減って3箇所への段取りを確認、大学祭チームは当日配布のメッセージカードづくりにとりかかりました。

また、先週木曜日、リーダー&サブリーダーと教員でライトハウスに点字用紙を受け取りに行ってきました。いよいよ、点字用紙を利用したバッグの製作も始まります。

地道な調整や作業が続きますが、これらすべて、社会に出たらスピーディにこなさなければならないものばかり。いつか、きっと、“やっててよかった、プロジェクト科目!”という日が来る…! と、いいなあ また来週も続きをします(^^)/

10月~11月の行事の参加者を決めました!

2014.10.08

p_1c_34 p_1c_35

 

秋は販売シーズンまっただ中です。
加えて、今月、「かしの木フェスタ」という「かしの木学園」のお祭りが開催され、そちらにも来てもらいたいとラブコールがありました。もちろん、シュトーレンづくりにも参加します。

 

14名いるメンバーですが、あちらこちらに引っ張りだこ状態になり、てんてこ舞いです。「かしの木フェスタ」「ディサービスセンターのフェスタでの販売」「学園祭での販売」「特別養護老人ホームでの販売」「企業での販売」「シュトーレンづくり」と…、もう大忙しです。

 

それと同時に、施設・企業・学園祭の各チームごとに詰めることもたくさん出てきて、90分があっという間に過ぎていきます。悩めるメンバー、でも、悩みすぎている暇もない!?

200本完売を目指し、試行錯誤の秋に突入しています!

かしの木学園さんと各チームが詳細を詰めました!

2014.09.30

p_1c_32 p_1c_33

今日は「かしの木学園」の施設長とパン担当の職員さんが教室まで来てくださいました。

改めて、シュトーレンについて説明を聞き、今後の販売予定やシュトーレンづくりの日程を確認しました。また、今は各チームに分かれて細かな詰めをしているので、チームごとに確認事項を確かめることができ、非常に効率的でした。

 

こうして施設の担当者と密にコミュニケーションを図ることができると、確認したかった点も即座に解決し、また、施設との波長合わせにもつながり、とても貴重な機会でした。

 

これから、大学祭や企業、施設、学内と、続々と販売会が予定されています。慌ただしさが加速してきましたが、目標の200本完売を目指し、かしの木学園さんと足並みをそろえて頑張っていきたいと思います!

 

いよいよ、怒涛の後期再開!

2014.09.23

p_1c_30 p_1c_31

今日からついに怒涛の後期が再開しました。

前期あたためていた販売計画をついに実施するときがやってきたのです。気を引き締めて、いざ、出陣です。

 

まずは、各チームの動きを共有するところから始めました。施設チーム、企業チーム、大学祭チームそれぞれから、進捗状況を報告しました。

 

そして、来週学校まで来て下さることになった「かしの木学園」の担当職員さんにお聞きしたい質問をそれぞれでまとめました。
外部とのやりとりも増えてきて、初めてづくしで緊張感もありますが、試行錯誤しながら1歩1歩前へ進んでいきたいです。

 

平成26年度 お母さんたちによる植樹

2014.09.03

syokuju1 syokuju2

 

幼児教育は環境による教育であり、子どもは視覚に入る様々ものに興味・関心を深めます。そこで、光華幼稚園では子どもたちが遊ぶ園庭に緑を増やし、季節ごとに咲く木々や草花を身近に観察でき、触れる事ができるように…と願い、園内環境を整えています。その思いは、保護者の皆様からも賛同を得ることができ喜ばれています。

今年も9月3日(水)、保護者会クラス委員のお母さんの手でスモークツリー・ゴールデンスピリッツとスモークツリー・ヤングレディーの2本の木を植樹していただきました。

 

保護者の方も「来年の夏、綺麗な花が咲くといいですね」「子どもたちが喜んでくれるといいですね」と、花が咲く時を今から楽しみされています。

2階の廊下では、子どもたちが牛乳パックで作った植木鉢で、マリーゴールドを育てています。無事、暑い夏を乗り越え、茎が大きくなってきました。「早く、花が咲いてほしいな」と友達と話し合いながら、水やりをしています。

北海道私立中学校・高等学校にて出張講義を行いました

2014.09.02

kodai03 kodai04

 

9月2日(月)、本学環境教育推進室長の高野拓樹准教授が北海道の私立中学校・高等学校で出張講義を行いました。

まず、中学3年生を対象に環境問題に関する講義「終末時計がまた進んだ~核だけではない、環境問題も理由のひとつ」を行いました。
本講義では、世界中で起こっている環境問題について多くの映像や写真を見せながら解説しました。特に、高野准教授自らが昨年と今年に取材をした「海に沈みゆく国キリバス共和国」と「砂漠化に苦しむ内モンゴル自治区」の説明では、中学生は皆、驚きの表情を浮かべながら講義に聴き入っていました。

 

次に、高校1年生と2年生を対象にキャリア教育に関する講義「限界領域の拡大、自分の壁を打ち破れ」を行いました。
本講義も高野准教授自らが大手自動車メーカーで研究していた頃の経験や、現在の大学における教育・研究のお話をもとに、高校生の頃から社会人基礎力を身につけることがいかに重要であるかを説明しました。
さまざまな経験から発せられるリアルな言葉に、高校生の皆さんは自分の将来を思い浮かべながら真剣に話を聴いている様子でした。

講義を聴いてくださった生徒の皆さんが、今回の話を何かの機会に思い出され、少しでも進路決定や日々の生活に役立てていただければ幸いです。

この度は本当にありがとうございました。

平成26年度 食育 冬野菜の種・苗植え

2014.08.22

fuyunae01 fuyunae02

 

光華幼稚園内には小さな畑があり、野菜や果物を育てています。園庭で遊びながら成長する様子を見ることができます。

1学期、ナス・キュウリ・枝豆・にんじん・トマト・ラディッシュ・玉ねぎ・いちご・すいか・ピオーネ・うめ・サクランボが収穫できました。 「野菜の木に花が咲いた??なんで?」 「キュウリはぐんぐん大きくなったのに、スイカはなかなか大きくならないの??」と不思議がいっぱいの子どもたち。

 

成長していく過程を見て「花が咲いて、トマトになっていった!」「ナスの葉っぱにトゲトゲがある!」「一日で、こんなに大きくなった」と新しい発見がいっぱいありました。

8月22日、夏野菜を収穫した後の畑に、年長児の子どもたちが、冬野菜のブロッコリー・かぶ・ジャガイモの種・苗植えをしました。12月、シチューにして食べる予定です。

このように光華幼稚園では、実践的な環境教育と食育の両方の観点から、思いやりの心と豊かな情操の育成に取り組んでいます。

平成26年度 廃材を使った作品製作

2014.08.20

sakuhin2 sakuhin1

 

光華幼稚園では、毎年、牛乳パック・トイレットペーパーの芯・ペットボトルの廃材を使って、年長児の子どもたちが製作遊びをしています。今年も、絵具で色付けしたり、カラフルなビーズ等で飾りつけしたりして、小物入れ・貯金箱・風鈴へと生まれ変わりました。

 

大人にとっては不要なものでも、子どもの発想力によって、素敵な作品に生まれ変わります。光華幼稚園では、環境教育のひとつとして、このような身近な廃材を用いた作品制作に取り組んでいます。

pagetop