トップページ > この日もパソコンルームでガンガン作業!

この日もパソコンルームでガンガン作業!

2014.07.09

p_1c_25 p_1c_24

この日は広告倶楽部さんも来られて総力戦で発表用資料づくりに勤しみます!
ラッピング班、広報班、販売計画班、たけびし班、そしてフリーで全体をみる2回生班がフル回転。ゴールが近づくとお尻に火がついてテンポアップするのは何でも一緒ですねえ~。

唯一の3回生・Mさんはイラストが得意で、昨年「学Booo」に参加していたときも、イラストを提供してメッセージカード作成に貢献してくれました。今回も、使えるイラストづくりに精を出してくれています!

 

この日は、後期以降の動きも確認されました。

11月大学祭にパン販売で出店することも決定し、大学祭や学内販売を担当するメンバー、企業など対外的な販売先開拓をするメンバー、福祉施設2か所に対応して販売の企画実践をするメンバーなどを、各学年から数名参加するタテのつながりで決定していきました。

シュトーレン200本販売大作戦がうまくいくかどうか?

やってみないとわからないものの、未知なる世界と付き合いながら“わからない”を切り開いていく先に、「完売!」の未来が待っているようにと、今は一生懸命、その下準備に取り組んでいます。

 

パソコンルームで真剣勝負!でも、壁・壁・壁・・・

2014.07.02

p_1c_23

さて、今日からプレゼンに向けた作業が始まりました。販売計画、広報、ラッピングの3チームに分かれ、計画を練りつつ、同時にパワーポイントにどしどし落としていきます。

と…、書くと恰好いいのですが、本当になにしろ生まれて初めての作業です。パワーポイントの使い方に難儀するのも去ることながら、「う~ん、何を書けばいいんだろう?」と、そこから詰まってしまうチーム続出。個人個人の頭に薄ぼんやりあることを、言語化していく作業は実はとっても大変。言語化していくに連れ、意外と考えなければいけない作業が多いことにも気づいていきます。“やってみて分かる”ことの、なんと多いことか!
今更ながら、愕然とくるチームもあれば、書き落とすことがまとまらず凹むチームもあれば、なかなか大変です。そう! プロジェクトとは産み出す作業、まさに生みの苦しみ、大変なことのです!

プロジェクト科目とは、“楽苦しい”作業の連続かもしれませんね。楽しい!けど、苦しい! でも、壁を突破してやりおおせたときの達成感はやっぱり楽しい! でも、そこに至るまでにはたくさんの壁があり、やっぱり苦しい…。そんな循環。

とりあえず、まだ来週も1コマ作業に時間が使えます。そこで、怒涛の追い込みで頑張っていきたいと思います。

初出店! たけびし株式会社様で販売会を行いました!

2014.07.01

p_1c_21 p_1c_22

本学から徒歩10分とかからない場所にある株式会社たけびし様のご厚意で、パン販売をさせていただけることになりました。社員の方に喜んでいただけるよう、下見をさせていただき、また1週間前には販売会をお知らせするチラシをお送りし、窓口をしてくださっている総務の方々より、社員の皆様へお知らせいただいておりました。

しかし、なんといっても初めての販売会です。かしの木学園さんも、我々も、そしてたけびしの総務の皆さんも、「どのくらい売れるんだろう?」とドキドキしながら昼休みの鐘を鳴るのを待ちました。
学生発案のデコレーションを取り入れて、購入者に配布する学生発案のメッセージカードも用意して、準備万端!

 

すると、昼休みになる少し前からた~くさんの社員の皆さんが売り場へ来ていただいて、パンは飛ぶように売れていきます。販売会が初めての学生は、この迫力に多少ひるみ気味?ですが、最後まで笑顔で頑張りました!

 

おかげでパンは完売。チラシにアップしていたパンも早々に売り切れて、学生からおススメした「焼きカレーパンをと思ったら、もう売り切れていた」とわざわざ報告にいらしてくださる社員の方も。学生が推薦したパンだったので、買いに行ってくださった模様です(でも、売り切れていた…)。こういう、何気ないコミュニケーションがうれしいんですよね。温かく接して下さった社員の皆様には心から感謝です。本当にありがとうございました。

終わってみれば、「おいしかった」「次はいつですか」など、社員の皆様からお声をかけていただいて、達成感を感じることができました。初の「たけびし」販売会、学ぶことは非常に多かったです。学生が頑張れば、周囲も頑張っていくことを、と感じました。

 

 

販売計画づくりに向けて、全員の分担を決めました!

2014.06.25

p_1c_19 p_1c_20

かしの木学園の質問会から1週間。いよいよ、前期のうちに販売計画を立てる佳境に入ってきました。とはいえ、学生たちはこんなことは生まれて初めて!(ついでに教員も初めて!)
ハードルが高いこのプロジェクトの目的をクリアしていくためには、実は、これからたくさんの関門が待ち構えています。

 

まず、7月23日にある「かしの木学園」さんでの前期成果報告で、詳細な販売計画を発表するために、2~3人ずつ分かれて、販売計画・広報・ラッピングの役割分担を決めました。それから、1年生全員への宿題で、シュトーレンを各自調べてもらい、来週発表しあうことも決まりました。

 

また、7月1日に予定されている株式会社「たけびし」の販売会準備も行いました。たけびしチームはキャリア2回生の3名が受け持ってくれています。女子大生らしい、凝ったデコレーションを考えてくれました! かわいいウサギとドングリのアートも登場。学生のお母さんも手伝ってくださったとかで、心のこもった手作りクラフトです!

 

次週以降、本格的な計画づくりに入っていきます。そして、その前に、たけびしの企業販売初出店があります。社員の皆様に喜んでいただけるか、乞うご期待です!

平成26年度 桂川河川敷清掃活動

2014.06.21

katsura10 katsura12

6月21日(土)、4年生2クラスの児童は、桂川河川敷において恒例の清掃活動を行いました。

いつものように「葛野自治会」の方々が、トングとゴミ袋をご用意くださり、 清掃の仕方を教えてくださいました。

 

ペットボトルやたばこの吸い殻、花火の燃えカスなどさまざまなごみが落ちており、児童は一生懸命、汗をふきながら拾っていきました。

袋いっぱいに集まったごみを見て、「桂川のために次もがんばろうね。」と 話し合いました。

 

katsura11

 

葛野自治会の皆様、ほんとうにありがとうございました!
これからもわたしたちの桂川を美しくしていきます!

 

「かしの木学園」さんに、そろって質問に出かけました!

2014.06.18

p_1c_17 p_1c_18

この日は全員そろって、かしの木学園さんに質問に出かけました。
協働で物事を進めるには、綿密なコミュニケーションが必要です。
しかし、学生は毎週水曜日5限目に集まって話し合いを進めますし、何かが決まっていくのに、やや時間がかかるのは否めません。
その中で出てきたいつくかの質問をまとめ、一気に解消してしまおうというのが今回の狙い。

 

シュトーレン販売チームと、たけびし販売会チームから、それぞれ質問を出し合い、次に進むための情報をいただくことができました。
やはり現地に行くと、想像していたことがすぐに解決したり、写真でしか見ていないものをリアルに見ることができるので、より現実的な理解をすることができました。

 

前期も残り1か月程度ですが、現実的な販売計画を立てていかなくてはならないと気持ちが引き締まりました。

 

「たけびし」での企業販売会 下見に行きました!

2014.06.11

p_1c_1 p_1c_2

今日は、本学のすぐご近所にある企業「たけびし」様の販売会下見へ行ってきました。このたび、会社のご厚意により、販売会をする機会をいただくことができました。初めての試みで、どこで売るのか? どのような社員の方に売ることになるのか? 売り場はどう作るのか? など、考えなくてはいけないことがいっぱいです。

 

当日のイメージをふくらますためにも、現地下見に行く事は重要です。今日は、見学もさせていただき、また、窓口をしてくださっているM様にもたくさん質問にお答えいただきました。ご協力本当にありがとうございます。  7月1日(火)が本番ですので、準備を重ねて、社員の方々に喜んでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

2チームに分かれて本格稼働です 

2014.05.28

p_1c_3 p_1c_4

先週、2チームに分かれて取り組むこととなり、今日から本格稼働です。
企業販売チームは、その中でも「日本新薬」「たけびし」の2グループに分かれます。

「日本新薬」チームは、まずは日程調整から始めます。「たけびし」チームは7月1日(火)に本番があることが決まっています。その日に向けて、チラシづくりやディスプレイなど、必要なことを考えます。

 

「シュトーレン200本販売」チームでは、先週の続きをディスカッションしてきます。学生目線で考えた販路開拓がどこまでできるか? そもそも、販売するシュトーレンとは何か?調べることがいっぱいです。でも、それが楽しいんですよね!
シュトーレンチームでは、「かしの木学園」に質問がたくさん出てきたようで、6月中に1度伺うことになりそうです。

久しぶりに、この日は学内で授業でした!  

2014.05.21

p_1c_5 p_1c_6

5月上旬は3度に分かれてパン工房見学に伺い、一同で集まる機会がなかったのですが、5月21日(水)5限目は、久しぶりに学内で授業がありました。

さっそく、今後のスケジュールを確認します。1つのラインは、企業販売の軸です。もう1つはシュトーレン200本販売プロジェクトです。いずれも大切な取り組みなので、前期当面は、2回生が企業販売を担当し、シュトーレンは1年生が担当することで分担を分けました。

 

この日は広告倶楽部さんも来てくださり、特に、企業販売チームに助言指導をいただきました。
これから本格的にスタートする2つのプロジェクトの行方がどうなるか? ますます目が離せません!

 

 

ついに、パンづくりの現場に見学に行きました!  

2014.05.09

p_1c_7 p_1c_8

お客さんに喜んでいただけるパンがどのようなものか説明するには、どのように作っているのか?

その現場を見て、自分が見た聞いた感動を相手にお伝えしていきますよね?
そのために、パン工房見学は欠かせないステップです。あまり広くないので…ということで、3班にわかれて見学に伺います。今日はその第2陣でした。

 

かしの木学園では、利用者さんたちが自分たちのできることでパン作りに実際に関わっておられます。そのことは、学園がこだわりを持っておられる部分ですし、1つの特徴だと思います。ひとつひとつ丁寧にこねたり、刷毛で卵の黄身を塗ったり、サンドイッチを売り物になるよう綺麗に包んだり、利用者さんの一生賢明な姿を見ると、とても価値のあるパンであるような気持ちになってきます。
実際には、それをどう書い手の方にわかっていただくか?
満足していただくかが大事なんでしょうね。パン工房見学は、あと1回、続きます。

 

pagetop