スタッフおすすめの本

「晏子」 宮城谷正光(著) 新潮社 1994

2017.01.23

中国の春秋時代(紀元前770年~紀元前403年)の斉の国、名将晏弱とその子で名宰相となる晏嬰の、凛とした生き様を書いた歴史小説です。
中国の歴史小説というと興味を抱く人が少ないかもしれませんが、宮城谷氏の登場人物の見事な描写に、読み終えた時は氏の別の作品も必ず読みたくなること請け合います。「牛首馬肉」はこの作品を読んで知りましたが、このことわざの場面などは、普段味わえないとても痛快な気分になりました。元気が欲しい時には、とてもお勧めの本です。(O)

晏子3.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です