スタッフおすすめの本

「しゃばけ」 畠中恵[著] 新潮文庫 2014.4

2018.01.25

変なタイトルですが、名誉・利得などの様々な欲望にとらわれる心という意味があります。この本は江戸を舞台に超身体の弱い若だんながいろんな事件に巻き込まれていく話で、話のなかに人の様々な感情や想いがちりばめられています。主人公(一太郎)は筋金入りに身体が弱く、その上人間と妖狐のクオーターで妖が見え、心配した祖母の妖狐が仁吉(白沢)・佐助(犬神)を送り込みます。2人は普段人間の姿で店の仕事をしていますが、若だんなのことになれば全てを後回しに飛んでいきます。大人になれるかわからないと言われても病と闘いながら、若だんなは真直ぐに生きようとします。また周りの人々や弱いものを救おうとして奔走して寝つき、仁吉に叱られ、苦い薬を飲みます。言葉遣いが江戸弁でわかりにくいですが、わかる言葉を読み進めていくうちに引き込まれてしまいます。ドキドキひやひやしたり、ちょっと怖かったり、こんな馬鹿なこと!と呆れたりするジャパニーズファンタジーです。シリーズが進むにつれ、若だんなは友人を持ち、恋も経験して、病と闘いながら、成長していきます。気に入れば、続編も読んでみてください。(R)

しゃばけ.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です