スタッフおすすめの本

『おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記』 佐藤初女[著]  集英社 2005.7

2014.01.23

「日本の自殺者数は、毎年3万人前後。交通事故で亡くなる方の6倍とも言われています―」
現在、私はうつ病患者らの支援をすべく、音楽を通じて活動を行っています。その仲間の繋がりで佐藤初女さんという方の存在を知りました。彼女は青森県の弘前に住み、岩木山の麓に「森のイスキア」という心と命を感じる施設を建て、そこへ訪ねる方々を心のこもった料理でもてなしています。その本のなかには面白いエピソードがたくさんありました。一番驚いたのは、彼女の握ったおむすびを食べて自殺を思いとどまった人がいるというのです。まさかと思い、本を読み進めていくと食事と生き方には親密な関係があることがわかってきました。「すべてのものに命はあります。その声を聞くことがとても大切です」これが彼女の哲学だそうです。子どもの頃に患った大病から食べ物の重要性を痛感することになった初女さん。それも、おいしいものを食べれば元気になれるという単純すぎる理屈を素直に実践し続けてきた初女さん。その信念の中には、様々な思いが詰め込まれていました。最後まで読むと、なんだか自分の心が解放されたような、そんな気持ちになります。是非、一度手に取ってみてください。
(yan)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です