教員紹介

鍋島 惠美教授

鍋島 惠美

主な担当科目

保育内容総論、保育課程論、保育内容「人間関係」

研究テーマ

子どもの遊びと言葉に関する研究

教員メッセージ

幼児教育は、教科書ではなく子どもを取り巻く「ひと・もの・こと」などの環境を通して行うことを基本としています。子ども自らが、それらの環境にアクションを起こし主体的に学ぶ(遊ぶ)暮らしが大切なのです。その為に、子どもの学びをとらえる視点である5領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の保育内容の考え方や指導方法について学び、子どもの発達特性に応じた環境の構成や保育者の援助を具体的に探っていきます。保育者になりたい皆さん!夢に向かって一緒に学びあいましょう!