京都光華女子大学 短期大学部 ライフデザイン学科 学生ブログ オープンキャンパスで開催した「模擬挙式」でとても貴重な経験ができました! ライフデザイン学科2年 A.M A.I

学生ブログ

オープンキャンパスで開催した「模擬挙式」でとても貴重な経験ができました! ライフデザイン学科2年 A.M A.I

A.Mさんブログ

8月5日(土)オープンキャンパスで模擬挙式を行いました。この模擬挙式は、「ブライダル演習」の授業を履修している学生で行われ、テーマは「~夢~つながるウエディング」でした。私は当日、アテンダー(介添え)を担当しました。アテンダーとは、挙式当日に新郎新婦の1番近くでお世話をする役目です。




今回、10人の学生が集まりました。最初の授業で、「この授業は大変です」「授業以外にも集まって作業をしなければなりません。覚悟がある人だけ履修してください」と、担当教員から厳しい内容のメールがありました。そして集まった10人のメンバーだからこそ、「絶対に成功させたい!成功する!」と思いました。




しかし、思っているよりもチームが1つになるのは難しく何度も壁にぶつかり、その度に意見を言い合えるチームならと思いました。私たちはぶつかることを恐れ、なかなか意見を出し合うことができませんでした。先生から話し合いの場を設けられたときも、話すのはいつもと同じメンバーだけでした。小さなことが積み重なってギクシャクすることもあり、「なんで?どうして?」と思うこともありました。


けれど、それを解決してくれたのも紛れもなく仲間である、メンバーでした。夜遅くまで作業していて疲れていても、次の日にみんなの顔を見ると癒され、「やっぱりこの仲間が大好きだ」と実感しました。






模擬挙式を開催するにあたり、言葉では伝えきれない大変さ、苦しさがありました。ですが、それ以上に楽しさがあり、この仲間でしかできない挙式を創りたいという気持ちで、学生10人と教員の計11人で走り続けました。このメンバーだから創り挙げられた挙式となり、会場にいたすべての人たちとつながれたウエディングでした!





************************************************

A.Iさんブログ

85日(土)オープンキャンパスで、「ブライダル演習」の受講者が模擬挙式を行い、私は統括リーダーを務めました。授業を履修した10人で、進行から演出、BGM、装飾などをすべて考えました。チーム名もみんなで考えて「RAMO」に決定しました。授業はもちろん授業外も集まって、何度も会議を重ねてコンセプトを考え、それに合うように進行や演出などを考え、少しずつ形にしていきました。



しかし、成功させたいと思う意識の差や結婚式についての知識の差などがあり、なかなか思うようにいきませんでした。みんなが1つになるためにはどうしたらいいか、さまざまな問題に直面して辛いこともありました。本番が近づくにつれ、本当に成功できるのか不安と焦りでいっぱいでした。それでも「自分たちにしかできない挙式を創りあげたい」と思う気持ちはみんな同じだったため、最後までガンバることができました。


そして当日を迎えました。統括リーダーは、会場全体を見渡し、新郎新婦役やゲストの方々、アテンダー、司会、BGMなど、そこにいる全員の状況を把握し、問題やトラブルが起こる前に臨機応変に対応することが求められます。前日のリハーサルでは、メンバーそれぞれが全体の動きや自分の役割を理解できていなかったり、動きがワンテンポ遅れるなど、スムーズな動きができていませんでした。どのようにみんなを引っ張っていけばいいか直前まで悩みましたが、メンバーを信じ、笑顔とアイコンタクトを大切にして本番に挑みました。


高校生や保護者の方々、先生方など、たくさんの方が来てくださいました。「見に行こうと思っています。楽しみにしています」「これ本当に自分たちで考えたの?」「楽しかったです!」と、たくさんの方が声をかけてくださり、成功させることができたと実感しました。大変なこともありましたが、みんなで乗り越えることができて、とても貴重な経験になりました。




また、9月23日(土)には、天王寺動物園で職員さんの結婚式をプロデュースします。今まで以上にみんなで一致団結して、必ず成功させたいと思います!





先生のコメント

A.Mさん、模擬挙式を迎えるまでに、たくさんの壁がありました。それを乗り越えてきたからこそ、当日は、参加してくれた高校生の笑顔が見られました。それに、アテンダーとして活躍したA.Mさんさんは、とても輝いていました。

A.Iさんは統括リーダーとして、模擬挙式を見事に仕切ってくれてありがとう。メンバー全員のことを気にかけながら、緊張や不安が多かったと思いますが、ずっと笑顔で過ごしていたところにプロ意識を感じました。

9月23日(土)の天王寺動物園での挙式に向けて、まだまだ課題はたくさんあります。みんなで一致団結して、引き続きがんばりましょう!