京都光華女子大学 短期大学部 ライフデザイン学科 学生ブログ 短大フォーラムでの活動を表彰していただきました ライフデザイン学科2年 M.Y

学生ブログ

短大フォーラムでの活動を表彰していただきました ライフデザイン学科2年 M.Y

9/26(火)に、私たちライフデザイン学科の学生スタッフによる短大フォーラムでの活動を評価していただき、一郷学長先生より表彰していただきました。


短大フォーラムは、全国の短大の学生や教職員が集まり、より良い学校にするために話し合いをすることを目的にしたもので、2017年3月9日・10日に、松本大学松商短期大学部、愛知文教女子短期大学、香蘭女子大学との共催で、本学で第1回を開催しました。





準備から開催当日まで、学生も加わり教職員の方と一緒に進めて行きました。実際に他校の先生も交えた教職員方との会議への参加、パンフレット作成、ファシリテータ研修、企画の詳細を決めるなど、たくさん経験させていただきました。準備段階では、教職員方の仕事の仕方を間近で見ることができましたし、先輩方の熱い想いや、普段フレンドリーな先生方が真剣に取り組まれる姿を見て、「私もしっかりしないと!」と、気持ちがキリッとしたのを覚えています。


当日は不安な気持ちが大きくとても緊張していましたが、しっかり準備をしてきたので、いつも通り動くことができました。改めて準備の大切さを実感することができました。参加してくださった方々から「楽しかった!よかった!」などうれしいお言葉をいただき、ガンバってよかったなと思いました。裏方で支えてくださった職員の皆さんのおかげもあり、とても充実した2日間を過ごすことができました。



プロジェクトを進めて行くにあたり大変なこともありましたが、それ以上に周りの支えや準備の大切さ、情報共有の大切さなど、学んだ事が多かったです。短大フォーラムは、私の短大生活をより濃くしてくれたイベントでした。この活動を表彰していただき、本当にうれしく思います。残りの学生生活も、積極的にがんばりたいと思います!





先生のコメント

M.Yさんをはじめとする短大フォーラム学生スタッフの皆さん、学長表彰おめでとう!第1回短大フォーラムは、学生スタッフの働きがなければ、成功はおろか開催することも難しかったと思います。

さらに、参加者アンケートでは、「学生中心の運営がすばらしかった」、「参加者全員が主役になれる企画がよかった」、「他学の学生さんとの会話で刺激を受けた」という声が多数聞かれました。このように学生スタッフの活躍は、学生中心の運営という短大フォーラムのあり方に1つのモデルを示すことになったと思います。

第2回短大フォーラムが、2018年2月27日(火)・28日(水)に、松本大学松商短期大学部で開催されます。私たちも主催校の一員として、学生の皆さんと一緒に、今後の短大フォーラムの成功のためにますますがんばっていきたいと思います。