京都光華女子大学 健康科学部 医療福祉学科 言語聴覚専攻 ニュース 「マジックとお楽しみ会♪(KOKA☆オレンジサポーターズ)」

ニュース

「マジックとお楽しみ会♪(KOKA☆オレンジサポーターズ)」

夏休みの最終週となった今週、本学のラーニングコミュニティ「学Booo」の「KOKA☆オレンジサポーターズ」のメンバーが集まり、7月に見学に伺った近隣の作業所(「就労継続B型サービス」事業所)の方々をお招きして、イベントを行いました。

この事業所は、発達障がい・精神障がい・知的障がい・身体障がい・若年性認知症の方々が通われているところです。

当日は、バスを使って約15名の方が本学にお出でになり、言語聴覚専攻の教室で、「マック小田のマジックショー」「かたつむり体操/声とことばの体操」「歌のコーナー」などのプログラムを楽しんでくださいました。

今回、学生は言語聴覚専攻の5名と管理栄養士専攻の2名が参加し、それぞれ、プログラムの進行や、お出ししたお菓子の説明など、それぞれの役割に積極的に取り組んでいました。

小田先生のマジックは、事業所さんの名前「ワンハート」さんにちなんだものも盛り込まれ、お客様からは歓声があがっていましたよ。前半に行った「かたつむり体操」、後半に行った「お隣の人を紹介してみよう」などのプログラムも盛り上がり、みなさんに楽しんでいただけたようでした。

終了後の学生の振り返りには、「最初は緊張しましたが、たくさんの方と話せて楽しかったです」「最後に帰るときに楽しかったと言っていただけたのがとてもうれしかったです」との感想や、「若年性認知症の方と初めてお会いしました。見た目では全く分からなかったので、しっかり相手のことを知ることが大切だと感じました」「声とことばの体操では、どのような教示をすればいちばん伝わりやすいかを、考えることができました」などの気づきも書かれていました。

学生にとって、貴重な経験をさせていただく機会になりました。

ワンハートさん、ありがとうございました。

                                                                                                                                                                          (教員S)