教員コラム

2017.12.06 教員コラム

ホームカミングディ~新たな思い出を紡ぐ日~

あかね祭の初日、小雨交じりの中、今年もたくさんの卒業生・修了生がホームカミングディに集まって下さいました。卒業生の年代もまち ...MORE

2017.11.24 教員コラム

ホームカミングデイが開催されました!

11月18日(土)に、ホームカミングデイが開催されました。ホームカミングデイとは、大学主催で、大学・短大・大学院の卒業生たち ...MORE

2017.11.16 教員コラム

進路

秋真っ盛りです。ちょっと寒いですが、その分、今年の京都の紅葉は美しいものになりそうです。少し色づき始めた感じですが、すでに紅 ...MORE

2017.11.07 教員コラム

ゼミ風景

先日、嵐山の老舗で「京菓子」作り体験(京都文化心理学)をしてきました。まもなく錦秋の秋を迎える渡月橋は人であふれ、京都が世界 ...MORE

2017.10.19 教員コラム

ポスト・ヒューマンへの畏怖

先日、『サピエンス全史』という本を読みました。ヒトの起源から始まって、驚くべきことにこの書物は、ヒト(ホモ・サピエンス)の消 ...MORE

2017.09.18 教員コラム

ヨーロッパ健康心理学会に参加して

8月下旬から9月上旬にかけて、イタリアのパドヴァで開催された「ヨーロッパ健康心理学会」の学術大会に参加しました。ホストのパド ...MORE

2017.09.13 教員コラム

我が家のアニマル・セラピー(3)

愛犬ソラは頭がいいと思う。完全な親ばかだといわれるかもしれないが、犬なので許していただこう! 世の中には賢い犬がたくさんいる ...MORE

2017.08.16 教員コラム

北海道大学にて

地球儀で日本を見ると、大陸に沿うように、南北に細長い形をした小島の集まりになっています。はてしなく広がるユーラシア大陸の傍で ...MORE

2017.08.10 教員コラム

進学する大学を選ぶということについての雑感

夏はオープンキャンパスの季節です。京都光華女子大学心理学科でも多くの方においでいただき、いろいろとお話させていただきました。 ...MORE

2017.07.31 教員コラム

言葉の不思議な本性

言葉というのはとても不思議なものです。人は言葉を使って他の人と意思の伝達を行います。つまり、「伝えたいこと」が心にあって、そ ...MORE

2017.07.12 教員コラム

意識の裏側を流れる物語について②

【①からの続きです】 4. 学生・院生の思考力がのびる 当たり前のことかもしれない。毎晩、彼らは夢を見て、目覚めたら夢を記録 ...MORE

2017.07.12 教員コラム

意識の裏側を流れる物語について①

1. 「もの想い」は物語思考 私たち人間は起きているときはもちろん寝ているときも、「もの想い」している。「もの想い」は、なに ...MORE

2017.06.08 教員コラム

ネコと癒し

空前のネコブームだと言われます。私たちはネコにどんな癒しを求めるのでしょうか。気持ち良さそうに寝ているネコの姿をみて、私たち ...MORE

2017.06.06 教員コラム

お堀のフグ

しまなみ海道をわたり、今治に行ってきました。昨秋から数えて3回目です。「今治」と聞けば、ゆるキャラの「バリーさん」や名物の「 ...MORE

2017.05.15 教員コラム

5/21(日)カウンセリングセンター見学ツアーを開催します!

来たる5月21日(日)のオープンキャンパスで、普段はカウンセリングに使用されている面接室やプレイルームの施設見学を実施します ...MORE

2017.05.09 教員コラム

自転車を走らせていて思うこと

親にとって子どもはいつまでたっても守りたい存在なのでしょうか。私の同級生はもう孫がいる人も珍しくないぐらいになりましたが、年 ...MORE

2017.04.28 教員コラム

What’s New ?

“What’s new?”英会話のレッスンや、研修のアイスブレイクなどでよく使われるフレーズです。「何か新しいことはありまし ...MORE

2017.04.18 教員コラム

研究テーマを決めるということ

前期授業の開始とともに、3年生のゼミが始まりました。ゼミというのは、関心のある分野が近い学生が集まった少人数のクラスです。こ ...MORE

2017.04.07 教員コラム

新年度が始まりました!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんと共に学べることを、教職員一同、嬉しく思っています。オリエンテーション期間 ...MORE

2017.03.24 教員コラム

となりのトトロを考える④

【③からの続きです】メイとサツキの母は療養のために入院中である。女の子たちにとって母親の存在は「守り」である。母性に守られて ...MORE