教員紹介

関 道子准教授

関 道子

主な担当科目

音声・言語・聴覚医学Ⅰ、構音障害学Ⅱ、構音障害学演習、摂食嚥下障害学演習

研究テーマ

神経変性疾患の構音障害・嚥下障害のリハビリテーション、摂食嚥下障害に対する多職種・地域連携アプローチ、認知症に対する支援

教員メッセージ

言語聴覚士は、専門的知識と技術を持って「コミュニケーション」と「食べること」のリハビリ・指導をする仕事です。生まれつきの発達障害や、病気・事故などによって障害が生じた方々のつらい状況が、少しでも改善されるよう支援を行います。「根気」のいる仕事ですが、その支援によって、患者さんのコミュニケーションや食べることの能力が向上された時には、大きな喜びを感じることができます。どんな仕事だろう?と興味を持ってくださった方は、ぜひオープンキャンパスにお越しください。