トップページ > 「平成26年度 学まちコラボ事業」に本学から2団体が採択されまし

「平成26年度 学まちコラボ事業」に本学から2団体が採択されまし

2014.06.30

gakumachi_06 gakumachi_07

 

大学・学生と地域の連携による取り組みを応援する「学まちコラボ事業」に本学から次の2団体が応募し、採択されました。

★京都三条会商店街寺子屋事業 ≪京都光華女子大学 光華三条ガールズ≫
本学では、三条会商店街振興組合様と協力し「光華こどもひろば」など地域住民との交流を実施してきました。昨年度、地域住民が集う年間イベント「七夕夜市」、「屋台村」などに関連するプレイベントを寺子屋事業として実施し、地域コミュニティの活性化を目指しました。そして冬には、天井を飾るBIGアートを地域の方と作成し好評を得ました。今年度は、その活動の継続・発展を目指します。

 

★女子大生が考える鹿肉普及活動 ≪京✿しかミーツ≫
右京区京北地域の森林保護と農作物被害の減少を目的として、ライフデザイン学科の学生が集まり鹿肉料理の普及活動を行っています。駆除された鹿をおいしくいただこうという鹿肉料理研究会ですが、鹿肉料理を普及することだけを目的とした会ではなく、鹿をどうして食べなければいけないのかを考えます。環境問題の勉強会や現地視察を重ね、レシピ開発を中心に活動しています。

この2団体は、7月9日に京都市役所で行なわれる認定式に出席し、今後さらに活動を広げていきます。

販売計画づくりに向けて、全員の分担を決めました!

2014.06.25

p_1c_19 p_1c_20

かしの木学園の質問会から1週間。いよいよ、前期のうちに販売計画を立てる佳境に入ってきました。とはいえ、学生たちはこんなことは生まれて初めて!(ついでに教員も初めて!)
ハードルが高いこのプロジェクトの目的をクリアしていくためには、実は、これからたくさんの関門が待ち構えています。

 

まず、7月23日にある「かしの木学園」さんでの前期成果報告で、詳細な販売計画を発表するために、2~3人ずつ分かれて、販売計画・広報・ラッピングの役割分担を決めました。それから、1年生全員への宿題で、シュトーレンを各自調べてもらい、来週発表しあうことも決まりました。

 

また、7月1日に予定されている株式会社「たけびし」の販売会準備も行いました。たけびしチームはキャリア2回生の3名が受け持ってくれています。女子大生らしい、凝ったデコレーションを考えてくれました! かわいいウサギとドングリのアートも登場。学生のお母さんも手伝ってくださったとかで、心のこもった手作りクラフトです!

 

次週以降、本格的な計画づくりに入っていきます。そして、その前に、たけびしの企業販売初出店があります。社員の皆様に喜んでいただけるか、乞うご期待です!

平成26年度 桂川河川敷清掃活動

2014.06.21

katsura10 katsura12

6月21日(土)、4年生2クラスの児童は、桂川河川敷において恒例の清掃活動を行いました。

いつものように「葛野自治会」の方々が、トングとゴミ袋をご用意くださり、 清掃の仕方を教えてくださいました。

 

ペットボトルやたばこの吸い殻、花火の燃えカスなどさまざまなごみが落ちており、児童は一生懸命、汗をふきながら拾っていきました。

袋いっぱいに集まったごみを見て、「桂川のために次もがんばろうね。」と 話し合いました。

 

katsura11

 

葛野自治会の皆様、ほんとうにありがとうございました!
これからもわたしたちの桂川を美しくしていきます!

 

平成26年度 夏期公開講座「こころの健康」を開催しました

2014.06.21

koukai260621 koukai260519_2

6月21日に公開講座「こころの健康」を開催いたしました。当日は多数の方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

今回は健康科学部心理学科の開設記念講演として、「こころの健康」をテーマに、Ⅰ部では本学教授の竹西正典より、「ストレスと向き合う」と題し、人間関係で何がストレスとなるのか、対人ストレスへの対処方法にはどのようなものがあるのかなど、ストレスとのつきあい方について講演いたしました。

 

Ⅱ部では本学准教授の鳴岩伸生より、「職場と家庭のメンタルヘルス」と題し、こころの健康を維持するためにできることは何か、職場と家庭で活かせるメンタルヘルスのコツについて講演いたしました。

次回の公開講座は7月5日(土)午後2時より、「地球の環境問題~今、何が起きているのか?~」をテーマに開催いたします。皆様のご来場をお待ちいたしております。

「平成26年度 右京区まちづくり支援制度」に5つのテーマを申請しました

2014.06.20

20140628_1 20140628_2

6月20日、右京区役所主催「右京区まちづくり支援制度」「大学・学生枠」公開プレゼンテーションに本学から5団体が参加しました。

申請した5つのテーマ
(1)テーマ名「光華子育て支援かがやき隊」
地域子育て支援を目的に、出し物上演、手作りおもちゃ教室、遊ぼう会など12回開催予定

(2)テーマ名「感じて!遊んで!魅力まちびと!」
右京区の活動団体冊子作成、意見交換会の開催、年2回のワークショップ開催などを企画し、右京区の課題解決を目指す

(3)テーマ名「右京ツウ」
調査的面接法を学んだ心理学科学生が右京区の現状を取材し、「右京コミュニTV」に投稿
(4)テーマ名「お花でいっぱい西京極駅前ひろば」
西京極駅前緑地帯整備事業「チーム西京極」の継続事業として、区民と花を植樹し交流する
(5)テーマ名「女子大生と踊ってくれない?華羅紅」
学生がもっと京都を盛り上げるために福祉施設や夏祭りに行き、京炎そでふれを通し高齢者や若者が楽しめる出会いの場をデザインする

 

 

 

「かしの木学園」さんに、そろって質問に出かけました!

2014.06.18

p_1c_17 p_1c_18

この日は全員そろって、かしの木学園さんに質問に出かけました。
協働で物事を進めるには、綿密なコミュニケーションが必要です。
しかし、学生は毎週水曜日5限目に集まって話し合いを進めますし、何かが決まっていくのに、やや時間がかかるのは否めません。
その中で出てきたいつくかの質問をまとめ、一気に解消してしまおうというのが今回の狙い。

 

シュトーレン販売チームと、たけびし販売会チームから、それぞれ質問を出し合い、次に進むための情報をいただくことができました。
やはり現地に行くと、想像していたことがすぐに解決したり、写真でしか見ていないものをリアルに見ることができるので、より現実的な理解をすることができました。

 

前期も残り1か月程度ですが、現実的な販売計画を立てていかなくてはならないと気持ちが引き締まりました。

 

「たけびし」での企業販売会 下見に行きました!

2014.06.11

p_1c_1 p_1c_2

今日は、本学のすぐご近所にある企業「たけびし」様の販売会下見へ行ってきました。このたび、会社のご厚意により、販売会をする機会をいただくことができました。初めての試みで、どこで売るのか? どのような社員の方に売ることになるのか? 売り場はどう作るのか? など、考えなくてはいけないことがいっぱいです。

 

当日のイメージをふくらますためにも、現地下見に行く事は重要です。今日は、見学もさせていただき、また、窓口をしてくださっているM様にもたくさん質問にお答えいただきました。ご協力本当にありがとうございます。  7月1日(火)が本番ですので、準備を重ねて、社員の方々に喜んでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

右京ブロック児童館まつり2014に参加しました

2014.06.03

0519 0519_2

 

右京ぶろっく児童館まつりの乳幼児コーナーに、大学院生1名、心理学科3回生9名がボランティアとして参加しました。
これは人間関係学科卒業生で常磐野児童館職員の佐竹美香さんによる企画によるもので、「親子で楽しむふれあいコーナー」「工作コーナー」「身体測定コーナー」「ほっこりスペースコーナー」を担当し、乳幼児と遊んだり、安全を見守りました。
また大学院生は「相談コーナー」への導入や子どもとの関わりを担当しました。