教育サポート

夢に近づく学びを支えます。

学びは未来の自分へのパスポート。
明日を目指すあなたを教育サポートが支えます。

学習支援

大学生活を支援する「学習ステーション」に加え、学びを支援する学習スペース「コモンズルーム」とさまざまな活用ができる図書館で学生一人ひとりに合わせた学習を支援します。

学習ステーション コモンズルーム 図書館

学習ステーション

自由に使えて、学習方法や課題の悩みも解消できます。

学科・専攻を問わず「学び」を総合的に支援する場所、それが「学習ステーション」です。
専任の担当者がさまざまな学習相談に応じます。

ピア・サポーターがフォローしています

後輩の疑問や悩みを解決し輝くキャンパスライフを
サポートする活動です。

ピア・サポーターとして、学生目線の学生サポートを行っています。「レポートってどうやって書いたらいいの?」や「期末テスト対策ってどうするの?」といった新入生からの疑問に対して実体験を交えながら相談に乗ることで、充実した学生生活の実現を支援しています。この活動の魅力は、学年や学科を超えてたくさんの人と関わりを持てること。後輩からの質問に答えることで私たち自身もいろいろと学ぶことがあるので、常にやりがいを感じながら活動しています。

学習ステーションを利用しています

学びの環境としてはもちろん交友関係を広げる場としても
ぜひ活用してほしい施設です。

集中して課題に取り組むときや、パソコンを使ってレポートを作成するときなどほぼ毎日、学習ステーションに通っています。自分と同じように資格取得を目指してがんばっている仲間の姿に刺激されて、学びの意欲が高まります。違う学部や学科の学生も利用しているので、授業などで関わりがなくてもコミュニケーションがはかれるのも魅力。学部や学科が違えば考え方も違うので、自分にはない視点を吸収できます。学習ステーションでの出会いを大切にして、これからも自分の世界を広げていきます。

コモンズルーム

各学科・専攻の分野に合わせた学びをサポートします。

学科・専攻によってそれぞれデザインやレイアウトが異なる「コモンズルーム」は、皆さんの「学び」を応援する場。コモンズルームの近くには、教員の個人研究室を配置しているので、わからないことをすぐに質問できます。

図書館

皆さんの主体的な学びをサポートします。

約24万冊の蔵書を備えた図書館には、グループワークや個人学習ができる場があり、目的に応じて利用できます。勉強や研究で困ったときには、必要な資料や情報についてアドバイスしてもらえるレファレンスコーナーがあります。また、学習テーマに合った資料の探し方をサポートする個別ツアーも行っています。

学習アドバイザー制度

「学び」の不安や悩みを専任の教員が一緒に解決してくれます。

学習方法や授業の内容・課題などの相談に応じてくれる、頼れる存在「学習アドバイザー」がいます。困っていることがあれば気軽に相談に来てください。

入学前教育

大学生活を安心・スムーズに迎える本学独自のプログラム。

本学では大学生活がスムーズにスタートできるよう「入学前教育」を行っています。通信教育講座は、高校までの学習内容を振り返り、大学での学習に必要な基礎学力を向上させる講座です。また入学前通信講座セミナーは12月、入学前オリエンテーションは3月に行います。当日は、皆さんが学生生活をイメージしやすくなるように、「大学での学び」「充実した大学生活」などについて、大学の先輩や先生方と楽しみながら話し合ったり、大学での学習内容や支援環境に関するガイダンスを受けることができます。

オリエンテーション・個別指導

大学生活は最初が肝心。
安心してスタートできるようにサポートします。

学生サポートセンターやキャリアセンターから履修登録や資格についてのオリエンテーションが行われます。その他にも、図書館や保健室の利用についてなど、学生生活に関するガイダンスも行われます。
また、クラスミーティングも実施し、学生の個別相談にも随時対応するなど、入学後の不安を解消し、安心して充実した学生生活をスタートできるようサポートしています。

上級生による学習支援

小さな疑問でも気軽に質問でき、
すぐに解消します。

学生への細やかな指導やアドバイスが必要な演習や実習科目については、上級生による学習支援スタッフ「スチューデントアシスタント」や「ティーチングアシスタント」を設けています。「こんなこと聞いたら恥ずかしい」と思うような小さな疑問でも、気軽に質問できます。課題の取り組み方、学生生活のいろいろな疑問を通して先輩や教員との交流もはかれます。

習熟度に応じた個別指導

苦手を克服し着実にステップアップできます。

宿題(レポート)・小テスト・授業の出席状況・発表など総合的な視点から、学生が何をどこまで理解しているかを正確に把握します。
その上で個別面談や指導を行い、教員と一緒になって問題を解決し、次のステップにつなげていきます。

総合的な成績評価指導

さまざまな視点で学生のがんばりを評価して次につなげます。

定期試験の結果だけで評価するのではなく、授業への取り組み状況や宿題(レポート)・小テストの結果なども含め、総合的に評価します。そして、強い部分や弱い部分を多角的に分析し、次年度の履修指導へ的確につなげています。