建学の精神

仏教精神による女子教育

京都光華の校名「光華」は、清澄にして光り輝くおおらかな女性を育成したいとの願いを込め、経典『仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)』の水想観にある経文「其光如華又似星月懸處虚空(そのひかりはなのごとし またしょうがつのこくうにけんしょせるににたり)」から名づけられました。仏の清澄な智慧の光は、心の闇を破り常に私たちを明るく照らしてくれます。また、校訓「真実心」は、仏の心であって慈悲の心と換言できます。慈悲の心とは、おもいやりの心、他者への配慮、共に支え合う心のことです。本学は、仏教精神である智慧と慈悲によって、向上心、潤いの心、感謝の心という光華の心を持つ学生の教育に努めております。