トップページ > 京都光華まちづくり講座を開催いたしました

京都光華まちづくり講座を開催いたしました

2017.11.13

 

平成29年度の京都光華まちづくり講座は『ヘルシー・ライフシリーズ』と題し、

全3回の講座を開催いたしました。

 

第1回:5月13日「その言葉、優しく伝わっていますか?~シニア世代の聞こえを知る~」

㈱オトデザイナーズ代表取締役・本学客員教授の坂本真一氏をお招きし、音声を使った聞こえのテストを

交えながら、年齢により聞こえにくくなる原因や円滑なコミュニケーションのために心がけたい話し方について、

わかりやすくお話いただきました。

 

第2回:8月5日「美味しく食べて、美しく。~健康長寿のための栄養とお口のお話~」

医療福祉学科言語聴覚専攻の関 道子先生による喉の動きや鍛え方のお話と、

健康栄養学科の今中 美栄先生による健康を保つ食事の取り方や、生き生きとした毎日を送るためには

どのようなことに心掛ければよいかについてお話いただきました。

 

第3回:11月11日「シニア世代、知って備えて憂いなし!~安心して暮らすための年金と保険のお話~」

愛知県にある鎌田社会保険労務士事務所 所長補佐 鎌田 英明氏より、介護保険や医療保険、年金の制度に

ついて解説いただきました。当事者だけでなく、これから家族の介護に関わるであろう世代にとっても、

年金や保険の手続きが必要となった時に慌てないために、早いうちから学び、備えておくことが大切であると

考えさせられました。

 

京都光華まちづくり講座では、今後も身近な生活に関するテーマを取り上げ、豊かな生活を送れるような講座を

取り上げてまいりたいと思います。

右京まちづくりカレッジ:十二単の着付け体験

2017.11.13

10月31日(火)に、右京区役所との共催による「右京まちづくりカレッジ」を行いました。

この講座は右京区役所と右京区ゆかりの大学や企業が、それぞれの強みをいかした体験型講座を行っており、

今回本学では「王朝装束と輝く女性~王朝文化から読み解く美意識~」と題した講座を実施いたしました。

 

前半は朝比奈英夫教授(キャリア形成学科)に「源氏物語」や「枕草子」といった平安時代の物語や

女流日記に描かれた女房装束(十二単)や直衣装束について、写真やイラストとともに解説していただきました。

 

後半は本学が所有する装束を用いた着付けの実演を行いました。

着付けを担当したのは、教職員と学生による自由参加型の学習コミュニティ「学Booo」のひとつである

『日本の伝統美「和のテイスト」研究会」に所属する学生たちです。

 

参加者が見守るなか、何枚もの衣を作法通りにモデルへ着付けていきました。

着付けが一通り終わった後、希望者には重ね合わせた状態の衣を羽織っていただきましたが、

皆一様にその重さに驚かれていました。実物に触れることで、文学や映像作品を通してだけでは

知ることのできない、当時の様子を知っていただく機会となったかと思います。