精神保健福祉士

状態の本質を見極める冷静さが必要です。

N.Y.さん

人間科学部 社会福祉学科 2013年卒業
京都府立 京都八幡高等学校出身

※学部・学科名は入学時のものです。
どんなお仕事?

精神障がい者の相談援助が主な業務です。私は病院で外来の患者さんを担当しており、入院患者さんへの退院支援として買い物やスポーツなど生活の一部を一緒に過ごすこともあります。また看護師と一緒に患者さんの自宅へ訪問し、地域での生活に関するさまざまな相談に応じることもあります。

目指したきっかけは?

大学時代、親しい知人が精神疾患を持ちました。それがきっかけで「どのような病状で、何が発生の原因か」をしっかり学びたいと考えるようになり、自然に精神科ソーシャルワーカー(PSW)の道へ進みました。

この職業に必要または大切な素養・資質は?

どのようなことも冷静に受け止めつつ、本質を見極めようとする姿勢です。同時に患者さんの抱える悩みを感じる力も必要です。物事を幅広くとらえるために根気強く取り組む力とタフな精神力があれば、なお良いと思います。

N.Y.さんの1日

07:45

出勤

できるだけ余裕をもって出勤し1日の予定確認と調整を行います。

08:30

外来対応

午前中は外来対応で終始しますが、患者さんの自立支援医療の手続きも行います。

12:00

お昼休み

外来の患者さんが多い日は遅い昼食になります。

13:00

訪問看護など

患者さんが安心して生活できるようにご自宅でさまざまな援助を行います。また、患者さんとスポーツやゲームなどを通して社会復帰へのきっかけを作るデイケアを行う日もあります。

17:00

業務終了

1日の業務報告書をつくり、チームミーティングが終了すると退勤です。