大学院

看護学研究科 看護学専攻 [修士課程]

教養を身につけ、
高度な看護学研究を実現

高度な看護を実践し研究するスペシャリストを育成します。仏教科目による教養も身につけた看護実践者を目指します。

学びのポイント

  • 仏教科目を通して
    教養を養う

    仏教の精神による深い人間理解や死生観を学修する教養科目を設置。
    専門だけでなく一般的な視点を学びながら、人の生老病死を深く支える看護実践者を育てます。

  • 「臨床療養看護学」「地域療養看護学」の
    2分野から選択

    「臨床療養分野」では科学的根拠に基づく臨床実践能力・看護の質を高める教育研究能力を育成。「地域療養分野」では、地域や職域においての看護活動を行う実践力・研究教育活動の育成を行います。

    臨床療養

    看護管理・看護技術・小児看護・慢性看護・精神看護

    地域療養

    国際地域看護・老年看護・公衆衛生看護・女性健康看護・在宅看護

  • 研究手法を学ぶ科目で
    個々の研究を支援

    統計学や研究倫理、看護研究方法論の授業を通して、看護学の研究を行うための手法を身につけます。看護マネジメントや海外との比較など、幅広いテーマでの個々の研究を支援します。

卒業後の進路

  • 看護教育・研究者として
    看護大学教員・研究所 など
  • 博士課程への進学
  • 臨床看護職として
    病院・診療所・施設・訪問看護 など
  • 自治体の行政機関にて
    保健所・保健センター・行政 など

教員・院生の声

  • 教員の声

  • 院生の声

清水 房枝 教授

働きながら学ぶ環境は万全。
未来の看護のため研究を深めよう。

看護学研究科の院生は、看護職に就きながら学ぶ方が多く、学びやすい環境が整っています。確かな指導のもと学ぶ院生たちは、専門科目や一般教養科目などで広く知見を得ています。多様化し複雑化する社会でさらに貢献するため、あなたも看護への疑問や問題を研究分析しませんか。

ライフスタイルに合わせた授業で
仕事と両立しながら研究ができています。

看護師として管理職を経験し、さらに学びを深めたいと大学院に。常勤で働きながらも通えるよう授業日を設定していただけました。さまざまな背景を持った周りの学生と触れ合いながら多角的な視点で意見交換ができ、知識をアップデートしていく楽しさを実感。ここで学んだことを臨床現場に持ち帰り、仕事にも生かしていきたいです。

M.Tさん
修士2年生

働きながら学ぶ方へのサポート

長期履修学生制度(3年コース)

働きながら学ぶ方のため、2年の教育課程を3年かけて計画的に履修することができる制度です。

奨学金制度(給付型)

看護学研究科の在学者で人物・学業ともに優秀として推薦のあった者には奨学金が給付されます。(但し、2年次まで。休学時は除く)

授業料
(2020年度)
1年次 2年次
入学金 ¥180,000
授業料 ¥930,000 ¥930,000
その他 費用 ¥13,400 ¥8,400
合計(A) ¥1,123,400 ¥938,400
奨学金(B) ¥390,000 ¥390,000
負担額(A-B) ¥733,400 ¥548,400
奨学金 2年間 総額 ¥780,000
学費 2年間 総額 ¥1,281,800

※なお、奨学金は入学後の申請となります。

週2日開講

授業日を月~土の週2日にまとめて開講。平日の就業後に毎日通学することが困難な人も、安心して学ぶことができます。

例)1年次前期

  1 2 3 4 5
tue 看護管理特論 慢性看護特論 看護研究方法論 仏教の人間観
sat 研究倫理 統計学

例)1年次後期

  1 2 3 4 5
tue 国際地域看護活動特論 看護安全学 看護理論 看護倫理
thu 特別研究 異文化理解 公衆衛生特論 専門科目 各演習科目

※2年次は特別研究を行います
※カリキュラムの内容については一部変更になる場合があります。

オンライン授業

ライブ配信・オンデマンド配信を取り入れています。対面授業とハイブリッドで行うことで、通学時間を短縮でき、仕事と研究の両立が可能です。