大学院

看護学研究科 看護学専攻 [修士課程]

高度な看護実践者、
教育・研究者へ

高度な看護を実践し研究するスペシャリストへ。広い視点を持ち2つの分野を極めます。

学びのポイント

  • 学びPoint

    仏教科目や異文化理解を
    通して教養も養う

    共通科目を履修することで、仏教の精神による深い人間理解や死生観を学修。専門だけでなく一般的な視点を学びながら、人の生老病死を深く支える看護実践者を育てます。

  • 学びPoint

    「臨床療養看護学」「地域療養看護学」の
    2分野から選択

    臨床療養看護学

    社会の構造や生活習慣の変化に伴い、疾病構造も大きく変化し、対象の生活を支える看護職は、重要な役割を担います。本分野では、科学的根拠に基づく臨床実践能力、看護サービスの質を高める教育・研究能力を育成します。
    分野:看護管理・看護技術・小児看護・慢性看護・精神看護

    地域療養看護学

    あらゆる年代のライフステージにおいて、質の高い生活を送るために、地域および職域においての疾病予防活動、健康増進の推進活動を行う実践能力、研究・教育活動能力の育成を行います。
    分野:国際地域看護・老年看護:公衆衛生看護・女性健康看護・在宅看護

  • 学びPoint

    仏教科目や異文化理解を
    通して教養も養う

    共通科目を履修することで、仏教の精神による深い人間理解や死生観を学修。専門だけでなく一般的な視点を学びながら、人の生老病死を深く支える看護実践者を育てます。

  • 学びPoint

    「臨床療養看護学」
    「地域療養看護学」の
    2分野から選択

    臨床療養看護学

    社会の構造や生活習慣の変化に伴い、疾病構造も大きく変化し、対象の生活を支える看護職は、重要な役割を担います。本分野では、科学的根拠に基づく臨床実践能力、看護サービスの質を高める教育・研究能力を育成します。
    分野:看護管理・看護技術・小児看護・慢性看護・精神看護

    地域療養看護学

    あらゆる年代のライフステージにおいて、質の高い生活を送るために、地域および職域においての疾病予防活動、健康増進の推進活動を行う実践能力、研究・教育活動能力の育成を行います。
    分野:国際地域看護・老年看護:公衆衛生看護・女性健康看護・在宅看護

卒業後の進路

臨床看護職として 病院・診療所・施設・訪問看護 など

自治体の行政機関にて 保健所・保健センター・行政 など

看護教育・研究者として 看護大学教員・研究所 など

博士課程への進学

養成する人材

仏教精神に基づく人間観、死生観を理解し行動する看護実践者

グローバルで多様な社会において学際的視点で柔軟に思考・行動ができる人材

高度な専門知識・技術・的確な判断力・研究資質を備えた人材

チーム医療や地域連携ケアでマネジメント能力を発揮する看護実践者

働きながら学ぶ方へのサポート

長期履修学生制度(3年コース・4年コース)

職業を有しているなどの事情により、標準修業年限2年を延長し、3年または4年で計画的に履修することができる制度です。2年の教育課程を3年または4年かけて履修していく方法で、2年分の学費を修業年数に応じて分割して支払うことになります。

土曜日開講

平日は仕事をし、土曜日にまとめて受講することで、働きながらの履修を可能にします。それぞれの働き方に合わせて教職員がサポートします。

奨学金制度(給付型)

看護学研究科の在学者で人物・学業ともに優秀として推薦のあった者には奨学金が給付されます。(但し、2年次まで。休学時は除く)

授業料
(2018年度)
1年次 2年次
入会金 ¥180,000
授業料 ¥650,000 ¥650,000
施設整備費 ¥250,000 ¥250,000
その他 費用 ¥13,400 ¥8,400
合計(A) ¥1,093,400 ¥908,400
奨学金(B) ¥390,000 ¥390,000
負担額(A-B) ¥703,400 ¥518,400
奨学金 2年間 総額 ¥780,000
学費 2年間 総額 ¥1,221,800

※なお、奨学金は入学後の申請となります。