大学院

看護学研究科 看護学専攻 [修士課程]

専門職としての経験知を理論知にした高度な看護学研究の実現

高度な看護を実践し研究するスペシャリストを育成します。仏教科目による教養も身につけた看護実践者を目指します。

学びのポイント

  • 京都光華独自の
    教養科目が充実

    ツボや経絡などを用いた自然治癒力や、自然と生命が一体化した看護を学ぶ「中医学」をはじめ、1・2年次共通科目では本学独自の多彩な授業を設置。幅広い視野を備えた看護実践者を育てます。

  • 「臨床療養看護学」「地域療養看護学」
    の2分野から選択

    「臨床療養分野」では科学的根拠に基づく臨床実践能力・看護の質を高める教育研究能力を育成。「地域療養分野」では、地域や職域においての看護活動を行う実践力・研究教育活動の育成を行います。

    臨床療養

    看護管理・看護技術・小児看護・慢性看護・精神看護

    地域療養

    国際地域看護・老年看護・公衆衛生看護・女性健康看護・在宅看護

  • 専門職としての経験知を
    理論知にした研究支援

    統計学や研究倫理、看護研究方法論の授業を通して、看護学の研究を行うための手法を身につけます。看護マネジメントや海外との比較など、幅広いテーマでの個々の研究を支援します。

卒業後の進路

  • 看護教育・研究者として
    看護大学教員・研究所 など
  • 博士課程への進学
  • 臨床看護職として
    病院・診療所・施設・訪問看護 など
  • 自治体の行政機関にて
    保健所・保健センター・行政 など

教員・院生の声

  • 教員の声

  • 院生の声

清水 房枝 教授

働きながら学ぶ環境は万全。
未来の看護のため研究を深めよう。

看護学研究科の院生は、看護職に就きながら学ぶ方が多く、学びやすい環境が整っています。確かな指導のもと学ぶ院生たちは、専門科目や一般教養科目などで広く知見を得ています。多様化し複雑化する社会でさらに貢献するため、あなたも看護への疑問や問題を研究分析しませんか。

大学院での学び直しで
新しい時代の看護を探究しています。

入学前は、看護学校の教員として基礎教育を、また師長として現場での実地教育をそれぞれ行ってきました。その中で自身の指導に対して根拠の不足を感じ、あらためて学問として看護の知識を得るために大学院へ。日々進歩する医療技術や、劇的に変化する昨今の生活様式に対応するために、最適な看護の姿とは何かを学んでいます。

K.Sさん
修士1年生

働きながら学ぶ方へのサポート

長期履修学生制度(3年コース)

働きながら学ぶ方のため、2年の教育課程を3年かけて計画的に履修することができる制度です。

奨学金制度(給付型)

看護学研究科の在学者で人物・学業ともに優秀として推薦のあった者には奨学金が給付されます。(但し、2年次まで。休学時は除く)

授業料
(2021年度)
1年次 2年次
入学金 ¥180,000
授業料 ¥930,000 ¥930,000
その他 費用 ¥13,400 ¥8,400
合計(A) ¥1,123,400 ¥938,400
奨学金(B) ¥390,000 ¥390,000
負担額(A-B) ¥733,400 ¥548,400
奨学金 2年間 総額 ¥780,000
学費 2年間 総額 ¥1,281,800

※なお、奨学金は入学後の申請となります。

週2日開講

授業日を月~土の週2日にまとめて開講。平日の就業後に毎日通学することが困難な方も、安心して学ぶことができます。

例)1年次前期

  1 2 3 4 5
tue 看護管理特論 慢性看護特論 看護研究方法論 仏教の人間観
sat 研究倫理 統計学

例)1年次後期

  1 2 3 4 5
tue 病態生理学 国際地域看護活動特論 国際関係 看護理論 看護倫理学
thu 特別研究 公衆衛生特論 看護技術特論 専門科目 看護安全学

※2年次は特別研究を行います
※カリキュラムの内容については一部変更になる場合があります。

オンライン授業

ライブ配信・オンデマンド配信を取り入れています。対面授業とハイブリッドで行うことで、通学時間を短縮でき、仕事と研究の両立が可能です。