医療福祉学科 作業療法専攻(仮称)

医療福祉学科

作業療法専攻(仮称)

2024年4月新設(設置構想中)

  • 設置計画は予定であり、内容が変更される可能性がございます。ご承知おきください。

少子高齢化が進む日本社会では、
地域社会のさまざまな機関と連携し、
人々の健康を支える人材が求められています。
本学ではこれまで、
看護師や言語聴覚士などのケアを担う専門職を
数多く輩出し、卒業生たちの多くは
地域包括ケアシステムやチーム医療の一員として、
医療・福祉の分野で幅広く活躍しています。
すべての人々のWell-Beingを実現する
「健康・未来創造キャンパス」構想のもと、
医療・福祉分野の学びをさらに進化させ、
2024年4月に「医療福祉学科 作業療法専攻(仮称)」を
新たに開設を予定しています。
本学では医療・福祉分野において
京滋地区トップレベルの幅広さを活かした
多職種連携教育を展開し、
子どもから高齢者まで、
一人ひとりの「こころ」と「からだ」と「生活」の
健康を維持・増進し、
国際的な視野を持ちながら
地域の課題解決に向き合い、
社会に貢献する学生の育成を目指します。

医療福祉学科
作業療法専攻(仮称)

2024年4月新設(設置構想中)

※設置計画は予定であり、内容が変更される可能性がございます。ご承知おきください。

PERSON IMAGE

建学の精神
「仏教精神に基づく女子教育」のもと、
他者を配慮し、思いやる心を持ち、
人生のあらゆるライフステージにおける
「こころ」と「からだ」の
リハビリテーション専門職として、
その人らしく生き生きとした生活を送れるよう
支援する人材を養成
します。

POINT

  • 01. 作業療法士資格取得に向けた学びに加え、保育や発達障害、防災などに特化した+αの学びの展開
  • 02. 「ダイバーシティ(多様性)」を尊重する作業療法士の育成
  • 03. 7つの他職種(看護・栄養・言語聴覚・福祉・教育・保育・歯科衛生※)との多職種連携教育による横断的な学び
  • 04. 学生一人ひとりの学修状況に合わせた手厚い個別教育

※歯科衛生学科(仮称)は2024年
4月設置構想中です。