専攻紹介 [管理栄養士専攻]

地域や病院などのあらゆる場面で
人々の健康を支える管理栄養士へ

給食施設や病院での臨地実習により、確かな知識と実践的な技術を身につけます。食と栄養の専門職として社会に貢献できるよう、国家試験合格を目指します。

学びのポイント

  • 多職種連携を学び
    医療栄養の知識やスキルを養う

    少子高齢化や生活習慣の変化に伴い、病院や地域・行政などさまざまな場面で管理栄養士の重要性は高まっています。健康づくりや質の高い医療を推進するには、他職種との連携の中で、適切な栄養・食事管理を行う必要があります。本学では1年次から多職種連携を基礎から学ぶ科目を設置し、社会で求められる力を養っています。

    TOPICS#1
  • 「Koka Healthy
    プロジェクト」で
    専門性+αの力を身につける

    地域社会の健康問題に適切に対処できる人材となるため、将来を見据え計画的に実践力を伸ばすことを目的とした学生と教職員の共同プロジェクト。嚥下食や乳酸菌などの各テーマを設定し調査や商品企画を実施し、グループで発表する実践型学習を行います。授業で身につけた知識やスキルを、社会の中で発揮する経験ができます。

    TOPICS#2
  • 全国平均を上回る
    高い国家試験合格率

    1年次から一人ひとりに寄り添った指導がスタート。個別指導で苦手分野の分析・克服を集中的に行い、基礎学力の定着を徹底。定期的な模擬試験で到達度を把握しながら学習を進め、国家試験合格に向け丁寧にサポートします。クラスアドバイザーによる個別の学修状況の聞き取りや自習出欠カードにより、自学自習も支援。教職・保育職支援センターとも連携して栄養教諭を目指す学生もフォローします。

    主なサポート

    • 国試対策課題の実施(1年次〜)
    • 過去問ミスノートの添削
    • 年10回の模擬試験(4年次)
    • 個別の苦手分野補習 など
    TOPICS#3

取得可能な資格・免許状

管理栄養士(国家試験受験資格)

栄養士

栄養教諭一種免許状

食品衛生管理者(任用資格)

食品衛生監視員(任用資格)

健康運動実践指導者(受験資格)

専門フードスペシャリスト(受験資格)

フードスペシャリスト(受験資格)

フードコーディネーター(3級)

8年連続 全国新卒平均超え

第35回 管理栄養士

国家試験 合格率

92.2%

※合格者71名/受験者77名
(2021年3月卒業生)

授業紹介

生化学実験Ⅰ

食品栄養学の基礎となる人体の仕組みと働きを、多様な実験を通して化学的に学びます。自ら手を動かして実践することで、アミノ酸や糖、たんぱく質、ビタミンなどの基本成分と生物の化学反応といった専門的な知識への理解を深めます。また、実験の基本操作だけでなく、安全に実験をするために必要な心構えや報告書の作成方法、データの整理に必須な数値の取り扱い方などを習得。臨床の場で求められる科学的視点とスキルを養うことを目指します。

臨床栄養学実習Ⅱ

医療・福祉施設における栄養・食事療法の手法について学びます。食事や身体計測から栄養状態を評価する栄養アセスメント、献立作成・献立展開、調理、栄養教育といった一連の流れを実践することで、体系的に栄養ケアマネジメントを理解します。授業では、調理実習やロールプレイングを通して、減塩や脂質管理のためのコントロール食の献立立案・調整などを実践。小児食物アレルギーや腎臓病などに応じた栄養教育方法についても学びます。

実習ステップ

1年次

調理技術と食品の特性を学ぶ

調理実習基礎・応用 など

基本的な調理技術を学ぶとともに、食品の特性や衛生的な扱いなど、調理学・食品学・食品衛生学の基礎について習得します。

2年次

献立作成に関する力を高める

食品学実験・栄養学実験
給食マネジメント実習 など

100食の大量調理に向けた調理技術の応用能力を養います。また、栄養学の理論を基に、一人ひとりに必要な栄養を献立に表す力を身につけます。

3年次

管理栄養士の実務を体験
大量調理や栄養管理の理解を深める

臨地実習(大量調理実習)
臨床栄養学実習(献立作成)
食品衛生学実験 など

臨地実習(給食/臨床)では、大量調理技術や病態に応じた栄養管理の実際について理解を深めます。

4年次

公衆栄養に関わる管理栄養士の
実務・役割を学ぶ

臨地実習(保健所実習)
教職実践演習(栄養教諭) など

保健所での臨地実習を通して、地域の人々の健康・栄養状態を知り、管理栄養士が果たす役割や業務を理解します。

主な実習先

臨地実習Ⅰ(給食施設)[3年次]
8・9月(5日間)

  • 京都市柊野特別養護老人ホーム
  • 京都市小川特別養護老人ホーム
  • 京都老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム 清水苑
  • 認定こども園 たちばな保育園
  • たんぽぽ学園
  • その他事業所給食、学校給食施設 など

臨地実習Ⅱ・Ⅲ(病院)[3年次]
2・3月(10日間)

  • 京都大学医学部附属病院
  • 滋賀医科大学医学部附属病院
  • 大阪医科大学附属病院
  • 京都第一赤十字病院
  • 洛和会音羽病院
  • 大津赤十字病院
  • 草津総合病院 など

臨地実習Ⅳ(行政)[4年次]
8・9月(5日間)

京都府内の各保健所または京都市内の各保健福祉センター

京都府

京都府管内地域(丹後・中丹・南丹・乙訓・山城)の各保健所(5カ所)

京都市

京都市内の各保健福祉センター
(11~14カ所)

※実習先については、お住まいからのアクセスを考慮して選定します。また、自身で実習先を選ぶ場合もあります。

資格取得までのサポート

SWIPEしてご覧ください

管理栄養士を目指す

OGメッセージ

患者さんを多方面から見て個々に合わせたアプローチができる
管理栄養士になりたいです。

現在は給食管理業務や栄養管理業務を行っています。給食管理では院内基準を検討し、それに基づいた献立作成を行ったり、当院で出産された患者さんに対し提供する「お祝膳」に携わったりしています。栄養管理業務では、病態や栄養状態に合わせて栄養プランを立て、実施・評価をしています。主に入院中や外来通院中の患者さんに対し、個人や集団の栄養指導を実施しています。在学中に経験した100食調理を行う給食実習や小学生に対して行う栄養教育、献立を立案し治療食への展開を行う臨床栄養の授業など、実践的な授業はとても役立っていると感じます。また、日常業務やカンファレンスでは医師や看護師をはじめとする多職種との連携が欠かせません。この2年間でさまざまな症例を経験し、一件一件が自分の力になっていると感じています。これまで学んできた知識と知識をつなぎ、学びを深めていくことで、一人の患者さんに対して多方面から考えられる管理栄養士になりたいです。私が病院の管理栄養士を目指したのは、授業を受けていく中で、栄養状態と病態の関連に関心が生まれ、臨床に携われる職場に就職したいと考えたからです。さまざまな病気を目にする急性期病院では、より管理栄養士の役割が必要とされると考え、現在の病院を選びました。管理栄養士の国家試験に向けた勉強は不安もありましたが、友達同士励まし合って乗り越えました。

就職して2年が経ち、担当できる業務も増えてきました。初めは病態や検査値からの分析しかできませんでしたが、指導中や指導後の患者さんの表情や雰囲気、また指導以外で訪室した際の会話などを通して、患者さんの性格や背景も意識しながら指導できるようになったと感じています。患者さんに頼っていただいた時や、行動変容されている様子や検査値などの改善が見られた時はとても嬉しく、頑張ってよかったとやりがいを感じます。日々たくさんの患者さんと関わる中で、個々にあった指導内容や伝え方、目標の立て方が必要であることを実感しています。今後も、一人ひとりに合わせたアプローチができるよう、一人の患者さん、一つの事柄に対して多方面から考えられる管理栄養士を目指して経験を重ねていきたいです。

京都第二赤十字病院 栄養課 管理栄養士
健康科学部 健康栄養学科 管理栄養士専攻 2018年度卒業
(滋賀県立 石山高等学校出身)

※ 学部・学科名は入学時のものです。

就職

就職率96.4%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2021年3月卒業生実績

目指せる進路・就職先

医療・福祉施設(病院・福祉施設など)

企業(食品系商品開発・品質管理・販売 など)

給食関連企業・外食産業

大学院進学

行政(保健所・学校 など)

など

医療法人 医誠会 / ㈱小松屋 / 社会福祉法人 京都老人福祉協会 / 社会福祉法人 稲荷こども園 / 社会福祉法人 美樹和会 中京みぎわ園 / 医療法人社団 蘇生会 蘇生会総合病院 / キューピー醸造㈱ / 医療福祉社団 千春会 / 医療法人 河端病院 / 社会福祉法人 京都眞生会 / 熊本市人事委員会 / 京都第二赤十字病院 / 社会福祉法人 宇治福祉園 / 社会福祉法人 博乃会 / 医療法人社団 蘇生会 尚和会 宝塚第一病院 など

※就職実績は過去3カ年のものです

医療現場で働く管理栄養士は、チーム医療に参加することも求められます。特にNST※は管理栄養士が中心となり、看護師や医療ソーシャルワーカー、言語聴覚士などの他職種と連携しながら、栄養障害やそのリスクを抱えた入院患者の支援をします。本専攻では同じ学部内でさまざまな医療系専門職を養成している特徴を生かし、在学中から現場での連携や他職種への理解を深めることができます。患者さんの病態や症状をきちんと把握した上でチームの中心となって最適な栄養指導や献立提案を行う力を養います。
※栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)

Koka Healthy プロジェクトは、2〜3年次前期にかけて複数科目を段階的に履修していく実践型のプログラムです。学生一人ひとりが夢に向かって自己実現をし、社会で活躍する能力を身につけるために、学生と教職員の共同プロジェクトとして立ち上がりました。地域社会における健康課題の解決を図るために必要なPDCAサイクルを実践するための知識を身につけていきます。2年次前期には「健康プロジェクトⅠ」を履修し、外部講師を招いて自分の夢をかなえるための計画力を身につけます。2年次後期と3年次前期の授業「健康プロジェクトⅡ」では、グループで新商品を企画します。テーマは嚥下食や乳酸菌、生薬など、多様な専門分野があります。調査や企画、試作品作成などを経験することで、トライ&エラーを繰り返してプロジェクトを推進する実践力を身につけます。

8年連続国家試験合格率全国新卒平均超えの実績を誇っています。その理由は、教職員による丁寧なサポート。1~3年次には、国家試験を意識した課題の添削、2・3年次には過去問ミスノートの作成、4年次には国家試験対策授業「総合演習Ⅲ」の設置や年10回の模擬試験を実施。また、クラスアドバイザーによる個別の学修状況の聞き取りや自習出席カードにより、自学自習もサポートします。国家試験直前には、苦手分野補習を行い、徹底的に対策を行います。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

橋口 美智留 准教授

知識や実践力だけでなく、
将来なりたい姿を一緒に考えていきましょう。

管理栄養士の活躍の場は幅広く、乳幼児からお年寄りまで、さまざまな人の健康に携わることができます。「どこで働きたいか」だけでなく、「どのような管理栄養士になりたいか」を考えることが大切。資格取得に必要な知識や実践力を身につけるだけでなく、将来なりたい姿を一緒に考えていきましょう。

豊富な実習や実験の機会を通して
主体的に考え、行動する力が身につきます。

食事を通して人々を幸せにできる管理栄養士という仕事を知り、目指すようになりました。座学で知識を得る授業だけでなく、実験や実習など実践の場が豊富なところが魅力。調理実習では基礎から学ぶことができ、自信がなかった調理技術も安心して磨くことができました。栄養教育論実習では、症例に合わせてグループで話し合い、ロールプレイング形式で栄養指導を練習します。グループディスカッションを通して自分では考えつかなかった方法や価値観を発見することができました。自分自身で考え、その思いを発信する機会が多いので、主体性や発言力が身についたと思います。将来は、アレルギーや嚥下機能に問題があるなど、特別な食事を必要としている人を支えられる人になりたいです。

A.Kさん 3年生
京都府立 鳥羽高等学校出身