専攻紹介

コミュニケーションの楽しさや食べる喜びを支援する言語聴覚士へ

ことばや聞こえ、飲み込みに障がいがある人を支援するリハビリテーションの専門職「言語聴覚士」を養成。現場で活躍するプロから学び、臨床実習などを通して各専門職と連携しチーム医療に応えることのできる人材を育てます。

「言語聴覚士」ってどんな仕事?

「話す」「聞く」「食べる」といった日常生活の動作が、病気や事故、高齢化により不自由になることがあります。また、生まれつき障がいのある方もいます。
言語聴覚士は、こうしたコミュニケーションの問題を専門的な分野からサポート。医療機関だけでなく、福祉や教育など幅広い分野で活躍しています。

コミュニケーションの問題を
サポートするプロ!

学びのポイント

  • 現場のプロから学ぶ
    カリキュラム
    で経験知を高める

    現役で活躍する医師や言語聴覚士が、医学系講義や演習科目を指導。さらにゲストスピーカーとして医療現場の専門職から学ぶ授業が充実しています。言語聴覚障がいの当事者やご家族の方などから直接話を聞く機会も用意しています。

    現場で活躍する
    ゲストスピーカー

    • 言語聴覚士
    • 医師・歯科医師
    • 看護師
    • 理学療法士
    • 作業療法士
    • 歯科衛生士 など
  • 他学科との連携で
    チーム医療に
    応える
    スペシャリストを育成

    リハビリテーションの専門職である言語聴覚士は、他職種との連携も重要。栄養・医療・福祉の専門職を養成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できるマインドとスキルを身につけます。

    言語聴覚士と
    多職種との関わり

  • 時代に即した
    最新機器を使って学ぶ

    言語聴覚士には、検査についての正しい理解が求められます。技術の発達に伴い、検査機器も進化しています。鼓膜の状態を複層的に診ることのできる機器など最新機器の使い方を身につけ、時代に即した言語聴覚士を育成します。

取得可能な資格・免許状

言語聴覚士(国家試験受験資格)

全国平均超え

第23回 言語聴覚士
国家試験 合格率

78.3%

※合格者18名/受験者23名
(2021年3月 卒業生実績)

高まるニーズ

国家試験合格者累計
(2020年3月時点)

言語聴覚士はリハビリテーションの専門職の中でも極めて人材が不足しています。

日本言語聴覚士協会 会員男女比
(2020年3月時点)

言語聴覚士は女性の割合が高く女性の活躍が期待できます。

学生1人あたりの求人
(2021年2月時点)

1人あたりの求人数:約9件
(求人数 273件/本専攻定員数 30名)

[引用:各協会および厚生労働省HP]

授業紹介

基礎ゼミⅡ

言語聴覚士には専門的な知識だけでなく、他者を思いやり共感する心や想像力が必要です。幅広い教養を身につけるため、失語症や聴覚障がいなど当事者として言語聴覚士の支援を受けた方や、臨床の場で協働する他職種の方を外部講師としてお招きし、お話を伺います。また、文献検索で調べた内容をまとめ上げ、集大成としてポスター発表を行います。

聴覚障害学演習

1・2年次に学んだ検査法を、実際に検査機器を用いて演習形式で学びます。学生同士で被検者役と言語聴覚士役を担い、ロールプレイを実施。言語発達障害の臨床に用いる各種の発達検査や知能検査の特性を理解した上で、検査や結果算出の方法を学びます。被検者の立場を理解しながら真剣に取り組み、最終的には国家試験問題に対応できる高い知識・技術を身につけます。

実習ステップ

1年次

言語聴覚士の仕事を初めて体感する

1日見学実習[11月]

臨床現場で働く言語聴覚士の仕事を実際に見学し、大学で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの症状を観察します。

2年次

専門知識を基に実践力を高める

臨床実習(見学実習)[1週間]

専門科目の講義で学んだ知識を基に、患者(利用者)さんの言語症状をおおまかに捉えること、訓練や指導の目的を考えることを目標に学習します。

3年次

知識を実践で試す

臨床実習(評価実習)[2〜3月(4週間)]

訓練、指導を見学しながら、患者(利用者)さんの言葉や反応を記録する実習を実施。その後、授業で学んだ検査の実施や症状の評価を実践の場でトレーニングし、確かなスキルを身につけます。

4年次

訓練・指導プログラムを立て実践する

臨床実習(総合実習)[6〜8月(8週間)]

評価実習で学んだ症状の評価方法を再確認し、その結果に基づいた訓練・指導プログラムを立案し、実際の訓練・指導までを実習します。さらに他職種との連携などチーム医療の最前線も学びます。

主な実習先

京都エリア

  • 京都第一赤十字病院
  • 京都市立病院
  • 京都南病院グループ
  • 十条武田 リハビリテーション病院
  • 京都医療センター
  • 京都大原記念病院
  • 洛西シミズ病院
  • 宇多野病院
  • 京都武田病院
  • 京都民医連第二中央病院
  • 京都桂病院
  • 京都リハビリテーション病院
  • 京都岡本記念病院
  • 洛和会音羽病院
  • 日本バプテスト病院
  • あじさいガーデン伏見
  • 京都市児童療育センター「きらきら園」
  • 宇治徳洲会病院
  • 宇治武田病院
  • 京都きづ川病院
  • 舞鶴赤十字病院
  • 綾部ルネス病院
  • 京丹後市立弥栄病院
  • 丹後中央病院

滋賀エリア

  • 南草津病院
  • 甲西リハビリ病院
  • 近江温泉病院
  • 琵琶湖中央病院
  • 草津総合病院
  • びわこ学園 医療福祉センター 草津

大阪エリア

  • 愛仁会高槻病院
  • 大阪南医療センター
  • 美杉会男山病院
  • 明生病院
  • 近畿中央呼吸器センター
  • 医療法人 医誠会
  • 生長会 府中病院

など

国家試験合格への手厚いサポート

初年次から国家試験に必要な基礎学力の向上を図り、学生全員を対象とした授業外の補習を設け、日々の専門科目などの授業と循環型で理解を深めます。3年次からは、模試の結果に応じてクラスを分け、習熟度に合わせたレベル別補習により、学生の苦手分野の克服を徹底しています。クラスアドバイザーが定期的な到達度確認や個別指導、学修計画へのアドバイスを実施。卒業後も学習相談に乗るなど、一人ひとりの個性や進度に合わせてサポートします。

SWIPEしてご覧ください

言語聴覚士を目指す

就職

就職率100%

※就職率=就職者 / 就職希望者
※2021年3月卒業生実績

目指せる進路・就職先

総合病院

障害者福祉センター

リハビリテーション専門病院

小児療育センター

老人保健・福祉施設

通園施設

など

特定非営利活動法人 マーブル / 公益財団法人 地域医療振興協会 公立丹南病院 / 医療法人 同仁会 京都九条病院 / 医療法人 研医会 田辺中央病院 / 社会医療法人 寿会 富永病院 / 医療法人 恒人会 近江温泉病院 / 一般財団法人 仁風会 嵯峨野病院 / 大阪医科大学附属病院 / 公益財団法人 甲南会 甲南医療センター / 医療法人社団 生和会 彩都リハビリテーション病院 / 医療法人 徳洲会 宇治徳洲会病院 / 医療法人 康生会豊中平成病院 / 社会福祉法人 近森会 近森リハビリテーション病院 / 医療法人 清仁会清水病院グループ / 地方独立行政法人 長野市民病院 / 東京慈恵会医科大学付属病院 など

※就職実績は過去3カ年のものです

OGメッセージ

病院で働く言語聴覚士として患者さんの悩みや不安に寄り添いたい。

在学中の講義で、リハビリを経験して復帰された患者さんのお話を聞いた際に、つらかった当時のお気持ちを知り、ストレスを軽減するサポートをしたいと思うようになりました。現在は病院に勤務し、脳卒中などで失語症や摂食嚥下障害などになられた患者さんに言語面や嚥下面のリハビリを行っています。そのために、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、気分や体調の小さな変化を見逃さないように目を配り、励ましの声がけをするよう日々心がけています。患者さんの症状が改善し、感謝の言葉をいただいた時はとても嬉しいです。思うように回復せずもどかしい思いをすることもありますが、患者さんの笑顔を見ると頑張ってよかったと思いやりがいを感じます。個々の性格やバックグラウンド、状態によってリハビリの内容を考えるのは難しいですが、経験を重ねるうちに自ら考察し評価することや、他職種の方と連携することができるようになってきました。
言語聴覚士という職業はまだ知名度が低いですが、日常生活に欠かせない「話す・聞く・食べる」などの力を支える、やりがいのある仕事です。病気によって失ってしまったその人らしさを取り戻すためのケアができる、患者さんの気持ちに寄り添える言語聴覚士を目指して今後も学び続けたいです。

一般財団法人 京都地域医療学際研究所 がくさい病院
言語聴覚士
健康科学部 医療福祉学科 言語聴覚専攻 2018年度卒業
(京都市立 堀川高等学校出身)

TOPICS #1 無理なく学べる工夫されたカリキュラム

言語聴覚士になるためには専門性の高い勉強をしますが、1年次は卒業生による大学生活の体験談やビブリオバトルを授業に取り入れるなど、楽しみながら学べるようにカリキュラムを工夫しています。言語聴覚士資格の取得に向け、段階的に専門性を高め、少人数教育により一人ひとり丁寧に指導しています。
※お薦めの一冊をプレゼンし、聴衆がどの本を一番読みたくなったかを多数決で決める本の紹介コミュニケーションゲーム

TOPICS #2
学び応援プログラム
ラーニングコミュニティ 学Boooまなぶー

実践形式で地域支援の方法を学ぶ
KOKA☆オレンジサポーターズ

食べる機能が低下した高齢の方や障がいのある方に対する地域での支援を学び、飲み込みやすい和菓子の開発や、食べる機能を維持することの啓蒙イベントなど、学生にできる支援を行っています。地域の方々を対象とした介護予防サロン「KOKA☆オレンジサロン」の企画運営もしています。高齢者や障がいのある方々と実際に関わることで、座学で得た摂食嚥下の知識がより深まり、異なる世代の方々とのコミュニケーション力も身につきます。

教員・学生の声

  • 教員の声

  • 学生の声

大橋 良浩 講師

思いやりを持った言語聴覚士を育てます。

臨床経験が豊富な言語聴覚士・医師から幅広い知識を得られるのが本専攻の魅力。多彩なゲストスピーカーを組み入れた授業を行い、多様な職種と連携する力を養います。言語聴覚士は対人援助職の一つ。コミュニケーション力や考える力、表現する力を伸ばせるカリキュラムで、思いやりを持った言語聴覚士を育てます。

R.Yさん 2年生
鹿児島県立 志布志高等学校出身

毎日の授業が発見の連続。楽しみながら知識を深め、言語聴覚士という夢に向かって学び続けています。

高校時代から、人を助けられる医療職に就きたいという思いがありました。医療分野の学問について調べる中で、耳が聞こえない、食べ物を食べることができないなどという障がいを持っている方に対して援助を行う言語聴覚士に関心を持ち、本専攻に進みました。授業では、五感を使って覚えたり、絵を描きながら覚えたりといった記憶に残りやすい工夫がされ、楽しく学ぶことができています。友達との普段の会話の中で医療用語が出てきた時には、知識がしっかりと定着していると感じます。学習面でつまずいた時には、ピアサポーターの先輩がテストに向けてどう対策したらいいのかなどをアドバイスしてくださり、不安を解消することができました。患者さんだけでなく、その身の回りの方にも意識を向け、退院後もその人の人生を支えられる言語聴覚士になりたいです。