トップページ > 「かしの木学園」に出向き、お話を伺いました! 

「かしの木学園」に出向き、お話を伺いました! 

2014.04.30

p_1c_9 p_1c_10

今日はパンをつくっている障害者施設「かしの木学園」に学生が出向き、施設長とパン担当の職員の方からお話を伺いました。
実際に福祉施設という場所に行くのが初めての学生が多く、それだけで刺激を受ける時間になりました。

 

まず、施設長から知的障害のある利用者さんたちのこと、施設の説明をしてもらい、その後、パン担当の方からパワーポイントを使ってパン作りについて学びました。

 

なぜパンを作ることにしたのか?その意味を理解して関わっていくのといかないのとでは、後で販売に携わるときにも姿勢が違います。
障害を持たれる方にとっては、パン作りであれば、自分が作ったものがすぐに売れて、喜んでいただける。

 

そして工賃になって反映されるというサイクルが非常に見えやすいのだとか。確かに、手作りパンの店は焼き立てが売り。朝作ったものが昼には売れて、喜んでいただいて、そして収益があがるという仕組みが短時間で展開されてわかりやすいですね!
5月には実際に工房見学に伺って、作られている工程を見せていただきます。

販売や広告宣伝について学びました! 

2014.04.23

p_1c_11

経済学部やメディア系の学部学科のない本学では、その手のお話を聴く機会はとても貴重です。

今日は、プロジェクトを連携する広告代理店「広告倶楽部」さんに来ていただき、買い手に喜んでいただける販売とは? 広告とは何か? を学ばせて頂きました。そして、相手に響く言葉の大事さがよくわかりました。これから、「かしの木学園」の利用者さんたちが作るパンやお菓子の販売を通じて、買い手に「買って良かった」と思ってもらえるよう、どんな言葉で伝えればいいのか? 1年間通しての宿題をもらったのではないかと思います。
今日が初参加の酒井先生(キャリア形成学部・本プロジェクトに関わってくださっています!)も真剣にメモを取っておられますね??

 

これからも広告倶楽部さんはプロジェクトに深く関わってくださいます。広告代理店さんと障がい者福祉施設と本学の連携プロジェクト、どうなっていくのかとても楽しみです!

 

 

2014年度 科目履修者勢揃い!  

2014.04.16

p_1c_13 p_1c_14

履修登録も前日に終わり、この日、今年度の履修者が勢ぞろい!

総勢14名の魅力的な光華レディースが集まりましたよ。
キャリア形成学部、健康科学部医療福祉学科の1~3回生で構成され、他学部の友達や先輩らと協働できる時間はとても刺激的です。特に今回は、やがて販売をすることになるパンの試食会もプログラムに盛り込みました。

 

全部で30種類ものパン、「うわ~、美味しそう~、どれを食べようかな~~」と興奮度MAXで、とても盛り上がりました! 実際に口にしてみて「おいし~♪」の歓声も。美味しい笑顔があれば、一気に距離も縮まります。こんな感動を与えてくれるパンを、色々な機会に販売していくことになります。今日の味わいを忘れないでね~♪

次回は、連携先団体のひとつ、広告代理店「広告倶楽部」さんより、販売や広告宣伝について学びます。

日本新薬株式会社での販売会に初参加しました! 

2014.04.08

p_1c_15 p_1c_16

この科目は、知的障害の方たちが通う「かしの木学園」と、広告代理店「広告倶楽部」との連携事業です。障害のある方たちが心を込めて作ったパンを、福祉のことを知らない企業の方たちに販売することで、作り手の心を買い手に伝え、喜んでいただくことを目指しています。

そのために、企業へ出向いての販売会が有効で、「学Booo」時代から企業の販売会へ向けた準備を進めてきました。

 

4月8日(火)は、ようやくそれが実現した日でした! 学生作の予告チラシの効果があってか、あっという間にパンは完売し、売り上げも上々、社員の方からあたたかな言葉をいただく折もあり、全体を通じて、とても心地よい時間を持つことができました。大きな企業を訪問するだけで、学生はドキドキする経験。本当にいい経験になりました。

ですが、初めての販売会だったので反省点もあります。終了後は即、ふりかえりの会を持ち、今後につながる意見を出し合いました。PDCAサイクルで物事を考えていくコツも、このような実践を通して経験しています。