ニュース

教員コラム

教職員紹介⑰ 浦さん

 ここ数日寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 大学キャンパスは後期の定期試験が終わり、いつもよりは静かですが、国家試験を目前に控えた4年生たちは空き教室やコモンズ等で必死に勉強しています。

 今日は、実習職員として実験・実習や国家試験のサポートをしてくださっている浦さんのご紹介をします。管理栄養士国家試験受験経験者としてのお話も伺います^^

① 大学生時代の過ごし方を教えてください。

 管理栄養士専攻では1年生から4年生まで授業や課題がたくさんあり、朝から夕方までほぼ毎日大学通っていました。

 また居酒屋でアルバイトをしていたので、授業が終わればそのまま終電までアルバイトの繰り返しの毎日でしたが隙間を縫って友達と遊んで、たくさんの思い出が出来きました!

 大阪の大学に通っていたので、時には授業と授業の間の空きコマでUSJに遊びに行くことも…笑

 課題に追われ忙しく過ごしていましたが思い返すととても密の濃い充実した4年間でした!

② 管理栄養士国家試験にまつわるエピソードを教えてください。

 ほぼ毎日、ゼミ室でみんなと一緒に国家試験に向けて勉強していたので分からないところがあればお互いに教え合い、自分も人に教えることで学びの確認になりました。

 時には休憩時間を決めて勉強の合間にみんなで軽食を作って楽しみながら勉強したり、椅子を並べてベッド代わりに仮眠を取ってみたり…笑

 【24時間以上勉強しない時間を作らない】というルールを作って取り組んでいました!

③ 健康栄養学科を目指す高校生へメッセージをお願いします。

 勉強し続けなければせっかく得た知識もすぐに抜けていってしまいます。

 続けるということは大変なことですが無駄なことは一つもなく、必ず自分のためになると思うので一緒に頑張っていきましょう。

 浦さん、ありがとうございました💛健康栄養学科では先生方はもちろん、管理栄養士の資格を持った実習職員のみなさんが学生たちを手厚くサポートしてくださっています。3月20日にはオープンキャンパスも実施されますので、ぜひお越しくださいませ。