京都光華女子大学 健康科学部 看護学科 ニュース 授業×iPad②~食事を摂る患者さんの援助をしよう~

ニュース

授業×iPad②~食事を摂る患者さんの援助をしよう~

みなさん、こんにちは。
前回より始まりましたiPadを使用した授業紹介の2回目をお送りします。
本日の授業は、患者さんへの食事介助の授業です。

これまでシーツ交換やベッドメイキングなど、あまり必要物品が多くなかった援助から、食器や机のセッティングなど、援助前の準備物品や環境の準備に苦戦しました。

何事も準備が大切であることを実感した授業となりました!

患者さんの食事を完全に再現することは時間の関係上難しいため、
プリンやゼリーなどを実際に患者役の人に援助をしながら食べてもらいました。

その間もiPadは大活躍です。
グループごとにどんなものを準備しているのか、
患者さんの姿勢をどのようにすればよいのかをグループ共有しながら、資料なども閲覧して、グループごとに工夫した援助を進めていくことができました。

実際に身体を使うことで、本を見るだけでは想像できなかった援助のイメージがつくようになったようです。

これからも、このような機器を使用した授業をお伝えしていきますね。

看護師役が準備をしている間も患者役と観察者役の学生が相談しあっています。

必要物品はこれであっているかな?最終確認中です。

体験してみることで初めて気づくこともたくさんあります。