京都光華女子大学 健康科学部 看護学科 ニュース 看護学科に少しでも興味があるみなさんへ~教員からのメッセージ①

ニュース

看護学科に少しでも興味があるみなさんへ~教員からのメッセージ①

こんにちは。

新年度が始まりしばらく経ちましたが、

早くウイルスの感染が改善することを祈るばかりです。




これから数回に分けて、

新入生、そして看護学科に興味があるみなさんに、

看護学科の教員からのメッセージをお送りします。

看護師・保健師・助産師として働いて感じたことや、

大学生活を振り返っていただきました。

みなさんの未来のイメージが膨らむかも・・・


今回は、母性看護学領域の松枝加奈子先生(助産師)です。
※本学は、看護学科卒業後の進路として助産師専攻科があります。

************************************


1.看護師・保健師・助産師になってよかったことは何ですか?


助産師としてのやりがいは、


新しい生命の誕生にかかわることができ、

お母様と一緒に喜びを分かちあえることです。

出産には、本当に毎回いろんなドラマがあり、

感動と喜びの満ちていて、

臨床でのお仕事は毎日充実しています。

もちろん責任あるお仕事ですので、

大変なことや辛いこともありますが、

お母様の笑顔と可愛い赤ちゃんに癒され、

乗り越えていくことができます。



2.大学生活のうちにやっておいてよかったこと・やっておけばよかったことがあれば教えてください。


学生時代には、大学のテニス部で、


色んな学部の友達と一緒に活動していました。

他の学部と話すことで、

価値観の違いや物事の見方の多様性を知ることができ、

看護をおこなう上で重要な個別性を考えるのに、

役立ったと思います。

また、海外旅行やアルバイトも色々経験しました。

学生の間に、

色んな友達と様々な体験をすることで、

自分自身の価値観の多様性が生まれると思います。

是非、学生時代に様々な体験を通して、

豊かな良識のある人になって頂きたいと思います。



3.看護学科を目指す高校生のみなさんへメッセージをお願いします。


看護学の世界は、


とても興味深くて楽しい世界です。

大学で一緒に学ぶことができると、とても嬉しいです。

是非看護の大学に来て下さい。

*******************************


松枝先生、ありがとうございました!!


大学生活は、看護の勉強はもちろんですが、

様々な経験が将来に生きてくるのですね。

みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

先月から今月にかけての大学内の様子です!