京都光華女子大学 健康科学部 看護学科 ニュース かぜをひかないように手をあらおう~小児看護学実習の風景~

ニュース

かぜをひかないように手をあらおう~小児看護学実習の風景~

こんにちは。

みなさん、インフルエンザは大丈夫ですか?

今年度も昨年末にかけて患者が増加し、累計患者数は100万人を超えたようです。

インフルエンザは飛沫感染なので、

近距離で咳をすると感染しますね(国家試験にもよくでますね)。

 

今回は、小児看護学実習で、保育園の2歳児さんを対象に、

「かぜをひかないように手をあらおう」というテーマで健康教育をした風景です。

みんなでしっかりと日々の手洗いを習慣づけられるとばっちりですね!

 

手洗いは、感染対策の基本です。

みなさんも、手洗い、うがい、そして必要時はマスクをすることで、

感染対策をしっかり行い、元気に冬を乗り切りましょうね。

 

 

アンパンマンはみんな大好き。カバオくん(右)がかぜをひいて辛そうです。なぜかな?みんなで考えています。

ばいきんの様子をわかりやすく伝えていますね。